こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

今度は愛妻家

A Good Husband
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2010/01/16
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    今度は愛妻家 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 4.0 泣ける 切ない

      良かったです。
      トヨエツと薬師丸ひろ子ってアンバランスな夫婦かなと思ってましたが
      結構、合ってました。

      「僕の飯はどうするの」って私の主人の口癖です(笑)

      2020/01/23 by marino

      「今度は愛妻家」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      豊川悦司と薬師丸ひろ子が気持ちがすれ違う夫婦を演じる。

      元は他人なのに、一番身近な存在になる夫婦と言う関係について、究極の形で向かい合うシーンに泣かされる。

      ただ、それをやっちゃうのは禁じ手でしょうと感じるくらい、
      ある意味安直なシナリオになっているのは否定できない。

      夫婦にはいろいろな形が有るわけだが、あんな風に無邪気に愛情表現してくれる伴侶がいれば幸福感を味わう機会が多いのではないかと思う。
      >> 続きを読む

      2019/07/28 by ice

      「今度は愛妻家」のレビュー

    • 3.0 泣ける

      やばい。薬師丸ひろ子がかわいい!石橋蓮司が(ry

      いいね。
      先入観なく見た方がストーリーも楽しめます。
      そして途中から内容もわかってきちゃうと、ああそういうことかと蔑んで見てらっしゃる感想も見受けられますが、話もアレですがそれより見どころは役者さんたちがそれぞれいいんです。
      薬師丸ひろ子さんが、も~ヤバい。かわいい!

      (allcinema解説)
      脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司、薬師丸ひろ子主演で映画化した感動の夫婦愛ドラマ。ぐうたらなダメ夫が結婚10年になる妻との結婚生活にうっとうしさを感じながらも、いつしかごく当たり前の日常の幸せをかみしめていく姿を、コミカルな演出を織り交ぜつつしみじみとしたタッチで綴る。監督は「北の零年」「遠くの空に消えた」の行定勲。
      かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行く直前のさくらに“子どもを作る気がないなら、別れて”と切り出される。その場はごまかしたものの、さくらと入れ代わりでやって来た女優志願の蘭子といいムードになったところに、たまたま引き返してきたさくらが現われ、いよいよ愛想を尽かされる。その後、旅行に行ったさくらはなかなか戻らず、最初こそ独身生活気分を満喫していた俊介だったが…。
      >> 続きを読む

      2019/01/16 by motti

      「今度は愛妻家」のレビュー

    • 3.0

      プロットはすぐ読めたし、よくある展開で感動もなかった。ただひろ子ちゃんは年とっても可愛い。(アマゾンプライム)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「今度は愛妻家」のレビュー

    • 5.0 泣ける ハラハラ 元気が出る

      昔見たときには、イマイチだと思った印象があったんだけど、久しぶりに見たら、めちゃ感動。
      面白いんですけど。
      なんで、当時わかんなかったのか意味不明。

      でも、ストーリーをいい具合に忘れてたんで、新鮮な気分で見れた。

      ところどころ、舞台劇だなあっていう間があるけど、そこが気に入らなかったのか?

      井川遥の色っぽさが異常(笑)
      >> 続きを読む

      2018/08/05 by unkuroda

      「今度は愛妻家」のレビュー

    もっとみる

    今度は愛妻家
    コンドハアイサイカ

    映画 「今度は愛妻家」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画