こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スノーピアサー

Snowpiercer
スノーピアサー
(C)2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED
2014年2月7日TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他 全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ドラマ , SF
公開: 2014/02/07
配給: ビターズ・エンド=角川映画
世界が注目する才能ポン・ジュノが描く、
いまだかつてない近未来SFエンターテインメント

2014年7月、地球の温暖化を防ぐため化学薬品が撒かれた結果、地球は新たな氷河期に突入した。それから17年が経った2013年。地球上を走る列車「スノーピアサー」が、生き残った人類にとって唯一の生存場所だった。最後の人類を乗せたこの「ノアの箱舟」は、先頭車両に乗る上流階級によって支配され、後方車両の乗客は奴隷のような扱いを受けていた―。後方車両から先頭車両へと進むべく革命を起こす主人公カーティスを演じるのは、『アベンジャーズ』の大ヒットも記憶に新しいクリス・エヴァンス。共演には、アカデミー賞女優ティルダ・スウィントン、オクタヴィア・スペンサーを始め、ジョン・ハート、エド・ハリス、ソン・ガンホら実力派俳優が勢揃い。
監督は、『グエムル-漢江の怪物』『母なる証明』と作品を発表するごとに、斬新な映像、緻密な構成、完璧なストーリーテリング力で常に監督を圧倒するポン・ジュノ。フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作にした本作は、アクション・ドラマ・サスペンス、哲学などあらゆる要素が絶妙なバランスで盛り込まれた超級の近未来SFエンターエインメントに仕上がった。すでに公開された韓国では900万人を超す大ヒットを記録したほか、ワインスタインによる全米公開含め167か国での公開が決定している。新たなSF映画の金字塔となる本作。

お乗り遅れのないよう、「スノーピアサー」へのご搭乗をお待ちしております。
>> 続きを読む

    監督:ポン・ジュノ | 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、オクタヴィア、スペンサー、ジェイミー・ベル、ユエン・ブレムナー、コ・アソン、ジョン・ハート、エド・ハリス | 原作:「LE TRANSPERCENEIGE」ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ | 脚本:ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン | 撮影:ホン・ギンピョ | 音楽:マルコ・ベルトラミ  | 2013年/韓国、アメリカ、フランス/125分

    スノーピアサー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ

      ネットで視聴(英語字幕)

      原題:Snowpiercer

      韓国人監督の作品だが、アメリカ映画かと思って見ていた。

      主要な登場人物に珍しく韓国人がいるなと思ったぐらいで、それぐらい自然な感じの英語圏の作品になっている。

      最後まで次の展開の予想がつかない、ハラハラドキドキの連続。
      いい映画でした。

      二度目は、一度目の驚きはなくなったけれども、十分見ごたえあり。

      こういう骨太の作品は、なかなか日本の監督では作れないように思うが、どうでしょうか。

      ところどころ破綻しているというか、無理なところもあるにはあるが、そういうことを気にしない強引さ、ある種の鈍感さというのは、エネルギッシュな創作力と表裏の関係にあるものだと思うので、少なくともこの監督の中には、そういう欲求が満ち溢れているに違いない。

      ティルダ・スウィントンは、コンスタンティンで天使ガブリエル、ナルニア国物語では白い魔女を演じていた女優。
      ここではメイソン総理を怪演して強烈な存在感を発揮している。

      映画のタイトルは「雪を貫くもの」という意味。
      韓国では、「雪国列車」というタイトルだったらしい。
      それもなかなか風情があってオツなネーミングではないかと思ったが、日本でやると川端康成になってしまうか。
      >> 続きを読む

      2017/09/06 by Raven

      「スノーピアサー」のレビュー

    • 3.0

      2031年の未来。温暖化に対抗した手段のため地球は氷河期に突入してしまう。
      僅かに残った人類は止まることのない列車スノーピアサーで暮らしており、車内では富裕層と貧困層に分かれている。

      色々とツッコミ所が思い浮かぶ設定である。
      いつレールが出来ていたのかや、どんだけ長い列車なんだとか、まるでB級映画のようなそれ。

      しかし監督はハリウッド進出1作目のポン・ジュノであり、名のある俳優も結構出ている。
      車内でのアクションも演出次第で見れるものになっている。
      しかしここに入り込むのは哲学的考察で、すっかり勢いが殺されていく。

      キャストのインパクトでいえばティルダ・スウィントンが断トツ。
      丸メガネに出っ歯という登場シーンは言われなければ分からないほど。
      何でこんな役引き受けたんだろ(笑)
      >> 続きを読む

      2017/02/21 by オーウェン

      「スノーピアサー」のレビュー

    • 評価なし

      映画館で見ようと思ってチェックしていたが、日程が合わず見逃していた為レンタルソフトが出たら見ようと思っていた。映画の設定はあまりこういうのは見かけないので面白いなと感じたが、話は普通。後に残るものが何もなかった。期待をしていた作品だけにちょっと残念だった。

      2016/03/23 by おにけん

      「スノーピアサー」のレビュー

    • 1.0

      ハンガーゲームと同じくらいの面白さ

      2016/02/14 by いあいあ

      「スノーピアサー」のレビュー

    • 2.0

      舞台は、地球温暖化阻止のために散布された化学薬品が裏目に出て、全てが雪と氷に覆われてしまう氷河期となった近未来の地球です。そこには、【スノーピアサー】と呼ばれる列車が、走る「ノアの箱舟」の如く、僅かに生き残った人類を乗せて走り続けていました。

      しかし、【スノーピアサー】内に生き残った人々の中にも社会の縮図が歴然と存在し、前方車両には上流階級者が、最後尾列車に乗るは奴隷のように扱われる貧困階級、と明確な区別がなされています。そこでは、列車内の人口を調整するために、最後尾車両の人々を定期的に間引くような行為も行われていたのでした。最後尾列車に乗る主人公カーティスは、仲間と共に反乱を試みて前方車両を目指しますが、死闘の末、ようやく対峙した【スノーピアサー】の生みの親で、列車のエンジンの開発者であるウィルフォードからは、驚愕の事実を告げられ…。

      主人公カーティスにクリス・エヴァンスの他、彼の支えとなる老人ギリアムにジョン・ハート、反乱軍の仲間には「ヘルプ」のオクタヴィア・スペンサーや「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル、車両の扉を開けるキーパーソンにソン・ガンホ、貧困階級を統べる総理をティルダ・ウィンストン、そしてウィルフォードにエド・ハリスと、ひとクセあるキャスト陣の魅力と斬新な設定に惹かれて観ました。

      しかし、列車の疾走感に反して、今ひとつ緊張感に欠けるストリー運びや、執拗に残虐的な戦闘シーンに辟易して、最後まで不完全燃焼感が拭えませんでした。タランティーノ監督作品のように、デフォルメされた人物像やアクションが面白さを誘う作りなのかと思いきや、やたらと深刻なカーティスの苦悩などのシリアスな場面もあり、作品の方向性が定まらず、観ているこちら側が戸惑います。あれこれと詰め込み過ぎて、全体的に散らかってしまっている印象を受けました。ラストの盛り上げさえも緊張感に欠けていて、ショックに嘆くカーティスに同調出来ず、しらけてしまいます。

      そんな中にあって、ティルダ・ウィンストンの怪演っぷりと、ソン・ガンホのユーモア&シリアスのバランス感覚が見事な表情演技が、際立って素敵でした。この二人の演技を観れただけで、映画本編全体の残念さが帳消しになるくらい。名優の存在感とは、こういうところで発揮されるものなのかもしれませんね。
      >> 続きを読む

      2016/02/13 by nomarie

      「スノーピアサー」のレビュー

    • 面白そうな設定ですね。

      しかし、なぜ人間は階級を作ってしまうのでしょう...

      2016/02/14 by ice

    • 長らくコメントに気がつかず、すみません!!

      仰る通り、人間はあらゆる場面でカテゴライズしたがる生き物ですよね。
      それがまた厄介事を生むきっかけにもなるのですが…。
      >> 続きを読む

      2016/03/09 by nomarie

    もっとみる

    スノーピアサー
    スノーピアサー

    映画 「スノーピアサー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画