こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ザ・ファン

The Fan
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 1996/10/26
製作国: アメリカ
配給: 日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=ポニーキャニオン提供)

    ザ・ファン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      吹き替えで

      ジャイアンツの選手ボビーのファンのギル。
      人生(仕事や離れて暮らす息子の事)でうまくいかないことが続き、
      ますますボビーに没頭して、その行動が度を超えていく。

      ファンの心理はわかるから、もうちょっと最後の犯行にいく工程の狂気が描かれていれば
      良かったのにと思う。

      たまたま、ボビーのライバルを刺してしまってから変になるのでは
      弱い感じがする。
      普通の常識を持った人の部分も多いからか、あまり恐怖も感じない。
      最初にボビーの息子を、普通に助けちゃってるし。
      >> 続きを読む

      2017/10/15 by ゆ♪うこ

      「ザ・ファン」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この「ザ・ファン」でメジャーリーグのスター選手にまとわりつく、偏執狂的な異常なファンを、ロバート・デ・ニーロが演じるとなれば、観る前から期待感が高まるし、また本人自身も、かなりやりたがった役柄であったのだろうと思う。

      それを「クリムゾン・タイド」の直後でのっているトニー・スコット監督がどのように見せてくれるのかが最大の見どころだ。

      トニー・スコット監督は、アップの多用と、ロバート・デ・ニーロ扮するギルがローリング・ストーンズを好きだという設定による"音の洪水"で、我々観る者の視聴覚を徹底して固める演出にしようとしているようだ。

      だが、ドラマが平板な上に、肝心のデ・ニーロが愛嬌のある笑いに、狂気を秘める、いつものお馴染みの演技で凄みを出してはいるものの、それ以上にはいかないのだ。しかも、このデ・ニーロの演技がどうも鼻についてならないのだ。

      そして、この映画の最大の難点は、一方の主役であるはずのウェズリー・スナイプスが、どう見ても野球界のスーパースターにはとうてい見えないことだ。

      だから、トニー・スコット監督の演出も細かいカットが多くなったのかも知れないが、かなり物足りなさが残る作品であったと思う。
      >> 続きを読む

      2016/11/30 by dreamer

      「ザ・ファン」のレビュー

    ザ・ファン
    ザファン

    映画 「ザ・ファン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画