こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

EXIT THROUGH THE GIFT SHOP
ジャンル: ドキュメンタリー
公開: 2011/07/16
製作国: アメリカ , イギリス
配給: パルコ=アップリンク

    イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 笑える クール

      覆面グラフティ・アーティスト、バンクシーの初監督作。
      やっぱりこの方、一筋縄じゃいかないようですね(笑)

      イギリス出身ということ以外謎に包まれた正体不明のストリートアーティスト、バンクシー。ゲリラ的なその手法から「芸術テロリスト」と呼ばれ、勝手に(笑)街の壁に絵を描いては警察に追われながらも、その作品のレベルの高さと社会的なメッセージから若者を中心に人気となり、あれよあれよという間に業界からも評価され始め、のちに彼の作品はオークションで数千万円、時に億を超す値をつける。
      彼の描いた絵がある壁は観光名所となり、「バンクシーに落書きされた!」と訴える人もいないので警察ももはや追うのをやめ、キアヌ・リーブスやブラッド・ピットなどのセレブのファンも獲得し、一躍時代の寵児に。

      もちろんそんな彼がおとなしく被写体になってくれるわけもないので(笑)、本作はバンクシー含めたストリートアーティストを追うカメラマン目線で今のストリート、アート界を切り取るという手法をとっています。

      でもやはりそこはバンクシー。本作には、現在の彼を取り巻く環境(彼は「クレイジー」と言ってましたっけ)やアート業界、マスコミに対する痛烈な皮肉が込められているのでしょう(笑)

      一介の「落書き」「がらくた」が、すぐに消されてしまう短命な前衛芸術となり、大衆、業界、マスコミを巻き込んでの一大ムーブメントとなる過程が面白い。
      バンクシー、もしくはアートに興味のない人は退屈に感じるかもしれません。
      ただ、本作でも取り上げられていましたが、彼の作品の中でもイスラエルとパレスチナの間の壁に描かれた絵は素晴らしいですよ~
      >> 続きを読む

      2015/05/02 by ao-ao

      「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」のレビュー

    • 覆面バンドは知ってましたが監督もいるんですねw
      レビュー内容見て面白そうな作品。
      ねくれた監督。嫌いじゃ無いです(^ ^)w >> 続きを読む

      2015/05/02 by fate

    • バンクシー、名前とこの前ニュースになったことしか知りませんが気になる作品ですね。

      2015/05/02 by とらとらこ

    • 4.0 クール

       著名なグラフィックアーティスト、バンクシーのドキュメンタリー映画かと思いきや、そのバンクシーを追っていたカメラマン(ティエリー)についてのドキュメンタリー。

       アートを主として扱っている映画なので、観ているだけで沢山のアートに触れられるのはとても良かった。最初は天才的なバンクシーの活動に興味が惹かれていくが、徐々にティエリーの精神の異質さに気づく(笑)

       バンクシーが最後の方で、『アートはジョークかもしれない』と言ってたけど、この映画はその最たるものかもしれない。

       万人受けしない映画だと思うので、これを見て退屈したり、嫌悪する人がいても何ら不思議はないです。 >> 続きを読む

      2014/08/08 by Plastic

      「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」のレビュー

    • >RAY-ROCK
      いい言葉ですよね♪芸術には必要なエッセンスだと思います。もっとも受け手が理解できないと意味をなくしますがw >> 続きを読む

      2014/08/08 by Plastic

    • >徐々にティエリーの精神の異質さに気づく(笑)
      芸術的な才能を持っている人って、精神が普通の人と何だか違いますよね!
      特殊な感じがして憧れます(゜o゜)
      >> 続きを読む

      2014/08/09 by マカロニ

    イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
    イグジットスルーザギフトショップ

    映画 「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック