こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

X-MEN:フューチャー&パスト

X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST
X-MEN:フューチャー&パスト
© 2014 Twentieth Century Fox
全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: SF , アクション
公開: 2014/05/30
ミュータントたちの生存をかけた未来と過去の2つの時間を又にかける壮絶な戦いの幕が開ける。

この超大作のために、超豪華キャストが再結集。さらに新顔も加わった驚異のキャスティングが実現した。ヒュー・ジャックマンをはじめ、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、アンナ・パキン、ショーン・アシュモア、エレン・ペイジ、ダニエル・クドモアが出演、更にジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、そして新たにエヴァン・ピータース、ファン・ビンビンらも加わる。 >> 続きを読む

    【スタッフ】監督:ブライアン・シンガー、脚本:マシュー・ヴォーン【キャスト】ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、ジェニファー・ローレンス

    X-MEN:フューチャー&パスト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全24件
    • 3.0

      滅亡の危機に瀕した未来の世界を救うため、X-MENが歴史改変を目指すSFアクション映画。
      過去改変はネタとしてはありがちですが、X-MEN映画の初期三部作と新シリーズをつなげる橋渡しという使い方は良く考えられていると思いました。
      アクション面ではクイックシルバーがノリも演出も頭一つ抜けていて面白かったです。能力が便利すぎたからか、途中退場したのが残念ですが(笑)。
      今回の話で過去がリセットされたので、次回作は設定に縛られることなく自由にできますね? 次回はアポカリプス登場ということで、ここからどんな物語が広がっていくのか楽しみです。 >> 続きを読む

      2019/09/10 by ででん

      「X-MEN:フューチャー&パスト」のレビュー

    • 4.0

      新旧キャスト繋がって鎹みたいな作品ですね。
      いちいち「史実のアレやったのは実はミュータントの仕業でした〜」ってのが今回も特徴的。エンドロール後の最後の最後も凄かったなwww

      2019/08/11 by HAGANELLIC

      「X-MEN:フューチャー&パスト」のレビュー

    • 4.0

      思ってた以上に面白かった。初期三部作と新シリーズの両方の続編で、見ていてなんだか斬新な感覚だ。
      ドラマは薄いのかなと思ったら全然そんなことはなく、「元に戻った」のくだりはかなり最高だった。グッとくる。
      アクションはあまりパッとした感じではなかったけどクイックシルバーは見ていて気持ち良かった。あと若いときのストライカーがカッコよくて悪そうで素敵だ。

      2018/02/17 by きりゅう

      「X-MEN:フューチャー&パスト」のレビュー

    • 4.0

      感想川柳「マンガ見りゃ 置いてきぼりは くわないか」


      ファイナルディシジョンとファーストジェネレーションの続きなんですけど、X-MENのキャラで別の物語見てるみたいでした。(´・ω・`)

      しかも敵があり得ないくらい強いし。(。´Д⊂)

      しかも少し歴史が変わったこのままストーリーが進むんでしょうか?
      >> 続きを読む

      2016/12/22 by Jinyuuto

      「X-MEN:フューチャー&パスト」のレビュー

    • 4.0 クール

      ある意味チャレンジングな作風だとは思う。
      これまで築いてきたX-MENの歴史を断ち切ることになるのだから。
      それでも新たなシリーズの幕開けを期待せざるを得ない。

      今作は原作からロボットであるセンチネルが登場する。
      そのあまりの強さにプロフェッサーXを始めミュータントは敵わない。
      そこで過去の世界に向かい開発者のトラスクを改めるため、ウルヴァリンにその使命が託される。

      前作の人気キャラ。そしてオリジナルの世界観をそのまま取り込めるのだから、ある意味オールスターのような豪華な人選となっている。
      カギを握るのは過去のミュータントたち。

      特にミスティークの出番がやたらと多いが、これは演じているのがジェニファー・ローレンスだからだろう。
      マカヴォイやファスベンダーなどもしっかりと活躍の場が与えられており、むしろ未来のミュータントたちは影が薄い。

      ウルヴァリンもこれまでのシリーズとは違い、脇役の一人でしかない。
      それでもブライアン・シンガーはバランスよく各キャラに活躍を与えている。

      ラストはほとんど禁断の手ではあるが、次作に登場するアポカリプスは原作シリーズでも最強の敵。
      であればこの決断は致し方ない。
      >> 続きを読む

      2016/09/16 by オーウェン

      「X-MEN:フューチャー&パスト」のレビュー

    もっとみる

    X-MEN:フューチャー&パスト
    エックスメンフューチャーアンドパスト

    映画 「X-MEN:フューチャー&パスト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画