こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

薔薇の名前

The Name of the Rose
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1987/12/11
製作国: イタリア , フランス
配給: ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

    薔薇の名前 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0 笑える ハラハラ

      "ウンベルト・エーコのメタファーと引用に散りばめられた知の迷宮世界をジャン・ジャック・アノー監督流に映画化した怪奇幻想の中世ミステリーの異色作"

      この映画「薔薇の名前」は、原作がイタリアの記号学者ウンベルト・エーコが1980年に発表した古典的ミステリー小説の映画化で、監督が8万年前の人類の生活を描いた異色SFで世界中の映画ファンを熱狂させた「人類創世」のジャン・ジャック・アノー、主演が当時、円熟期を迎えていた我らが初代ジェームズ・ボンドことショーン・コネリー、共演にこの映画の前の出演作「アマデウス」で憎々しげなサリエリ役でアカデミー主演男優賞を受賞したF・マーリー・エイブラハムとミステリー好き、映画好きが泣いて喜ぶメンバーが結集した映画です。

      舞台は中世ヨーロッパに異端審問の嵐が吹き荒れていた14世紀の、北イタリアのベネディクト修道院に会議の準備のために、修道士のバスカヴィルのウィリアム(ショーン・コネリー)と見習い修道士のアドソ(クリスチャン・スレーター)がやって来るところからこの物語は始まります。

      この修道院に着いた二人を待ち受けていたのは、不可解な殺人事件でした。そこでキレ者の修道士のウィリアムとその弟子のアドソは、この修道院の文書館で挿絵師として働く若い修道士が、謎の死を遂げ、それに続いて、ギリシャ語の翻訳を仕事とする修道士が殺されたため、これらの事件の真相究明に乗り出し、この事件が文書庫と関係があると睨むが----という展開になっていきます。

      映画を観る前は、何かイメージ的に"荘厳で重厚なドラマ"だと思っていましたが、実際に観てみるとその内容は、"爆笑する恐怖ドラマ"で、映画のファーストシーンからラストシーンに至るまで、終始一貫してこの"二重構造"が貫かれているところが、潔いというか感心してしまいました。

      とにかく舞台が中世の僧院なので、暗くて、重たくて、難解そうだなという感じで、事実、画面は一貫して限りなく暗く、重たく、難解そうなムードが漂っているんですが----ところが中味はというと、全く正反対で終始笑えるほどのおかしさに満ち溢れています。

      修道士のウィリアムとその弟子のアドソの関係は、かの名探偵シャーロック・ホームズとワトソン博士の関係になっていて、主人公がバスカヴィルのウィリアムス----これからわかるように、かのシャーロック・ホームズ物の名作「バスカヴィル家の犬」と言う事で、コナン・ドイルへのリスペクトとオマージュを捧げているのがわかります。

      また、修道院に到着したウィリアムが、すばやくトイレの場所を推理してしまうシーンで、いきなり笑ってしまいます。

      とにかく、"あぶり出し文字"はあるは、"からくり部屋"はあるは、"落とし穴"あり、"暗号"あり、"迷路"ありと、古典的なミステリーの定番がこれでもかこれでもかというくらいのオンパレード----。ミステリー好きにとっては、たまらない仕掛けが連続して、すっかりうれしくなってしまいます。

      そして連続殺人で殺されていく修道士たちの殺され方というのが、また、いちいち凝っていて笑わせてくれます。その中でも一番おかしかったのは、大きな水ガメの中に頭を突っ込んで死んでいる人が、脚を思い切りVの字開きしていたのが、最高にチャーミングでお茶目な演出でした。

      最後に超人ともいえるウィリアムが、絶体絶命の大ピンチに見舞われ、ああ、遂に彼も死んでしまうのか、どう頑張っても彼が生き延びる可能性はないなと思っていたら、何と彼は無事、生き延びてしまうのです。

      どうやって彼が危機を脱出出来たのかについての説明は全くありません。後で、じっくり考えてみても、よくわかりません。そこで私なりに推理してみました。多分、これは監督にもわからないでしょう。彼が生き延びた理由は唯一つ、これしかありません。それを演じていたのが我らがショーン・コネリーだったからなのです! これ以外に理由は、全く考えられません(笑)----こういう、ある意味、いい加減なご都合主義の撮り方って大好きですね(笑)

      また、この映画にはとにかく、"異常な顔"がたくさん出てくるところも私好みです。修道士がみんな、念入りにインパクトの強烈な顔の持ち主ばかり。よくもまあ、これだけ凄い顔ばかり集めたものだと感心してしまいます。その中でもロン・パールマン、彼の"異常な顔"には誰もかないません。

      "まともな顔"というのが、主役のショーン・コネリーとその弟子のクリスチャン・スレーターだけというから、とにかく凄すぎます(笑)
      「アマデウス」でサリエリを完璧に演じたF・マーリー・エイブラハムが完全な"悪玉"の顔になっていたのはさすがでした。

      考えてみると、確かに中世の僧院というのは、相当、異常なところだったろうと思います。この映画を観ていると、つくづく"カトリックの世界は、壮絶なサディズムとマゾヒズムのせめぎ合う世界"じゃないかとも思ってしまいます。心理的なSMの美学の香りが漂ってきそうな雰囲気を妖しく醸し出しています。

      この映画は表面的な中味は、ほとんど"お笑いの世界"なのですが、奥深いところで"カトリックのSMの美学"の方もしっかりと描いていて、この映画、一筋縄ではいかないというのか、なかなか侮れません。

      そして、映画好きとしての、この映画の最大の見どころは何と言っても、主役のショーン・コネリーのカッコよさ、渋さにつきます。同時期の「アンタッチャブル」(ブライアン・デ・パルマ監督)でも、彼の出演シーンだけ突如、渋いトーンになっていましたが、彼ほど年齢を重ねていくにつれて、魅力を増していく俳優も珍しいと思います。

      何といっても、彼の年輪を重ねた顔のシワが男としての魅力に満ち溢れています。額なんか縦ジワと横ジワが交差してチェック柄になっていたりします。----それが、"老いのわびしさ"ではなくて、"老いの豊かさ"を象徴しているかのように見えてきます。

      正しく、我らがショーン・コネリー、男としても役者としても円熟の境地です。

      尚、この映画は1987年度の英国アカデミー賞にて、ショーン・コネリーが最優秀主演男優賞を受賞(納得の受賞です!)し、メイクアップ賞も受賞し、1986年フランスのアカデミー賞に相当するセザール賞にて、最優秀外国映画賞を受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/03/23 by dreamer

      「薔薇の名前」のレビュー

    • 4.0

      修道院という世俗から隔離された場所で起こる連続殺人事件。

      修道院内部の神聖なイメージからかけ離れたドロドロした描写がすごい。

      聖書に書かれた神の教えが全てで悪いことは悪魔の仕業だとか黙示録の予言の通りだとか教えを守らなかったり反論すると異端とか神に仕える者なのに結局は権力があるものが一番強いみたいな・・・
      事件と宗教が絡んでもっと難しいものかと思ったが、かなり見応えのあるミステリーで面白かった。

      閉鎖的な中でショーンコネリー演じる修道士が沈着冷静に事件の確信に迫っていく様子が観ていてスカッとする。

      殺人だの拷問だのエグいシーンもあるけどラストはそれらを一掃できる美しさ。

      ショーン・コネリーもクリスチャン・スレイターも役にマッチしていてとても良かったけど、インパクトで言えばロン・パールマンには負けると思う(笑)

      ウンベルト・エーコの同名小説の映画化だけど原作は一度読みかけて挫折。
      映画を観て面白くてまた読んでみようかとも思うけど、読みきれる自信がなくて迷う。


      (wowow)
      >> 続きを読む

      2016/02/20 by azuki

      「薔薇の名前」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      20年振り位再鑑賞。映像に古さは感じるけど、元々かなり古い時代設定なので気にならないです。僧院の不気味で重々しい雰囲気が殺人事件にぴったり。ショーン・コネリー演じる修道士が聡明で勇敢、クリスチャン・スレーター(今どうしてるのかな?)は師を慕う怖がりの弟子。2人が協力し合って解決していくが、とても良いコンビ。ショーンは男盛りでカッコイイです。原作は既読で難解だったけど面白かった記憶が。映画も良い出来で再鑑賞でも十分面白かったです。途中ビックリする場面がありました、遺体が瞬きしたんですよ~巻き戻して3回確認しちゃいました。俳優さん、我慢出来なかったのかな?編集が雑だけど古いので御愛嬌ですね。 >> 続きを読む

      2015/09/19 by nutaki

      「薔薇の名前」のレビュー

    • 4.0

      海外ミステリ好きにとっては、おそらくその名を知らないものはいないと思われる(笑)エーコの小説「薔薇の名前」の映画化。

      中世のイタリアの修道院で起こる連続殺人事件をイギリス人修道士が挑むミステリー。

      もともと修道士・牧師もののミステリは好きなのですが(といってもそれほど数はないですが)この小説はそもそもが、宗教観のみならず、中世時の政情、宗派間の争いなど様々な要素が盛り込まれており、かなり難解なんですよね・・・
      かく言う私も上巻で疲れ切ってしまい挫折したままになっています(笑)
      なので、原作との比較はできないのですが、あの分量をよく2時間ちょっとにまとめたなーと。ミステリとしてとても魅力的に描かれており、かなり楽しめました。
      セットも凝っていて、中世のイタリアはこんな感じだったのだろうか・・・とその美しさだけでも観る価値はあるかなーと思います。なんだか怪しさしか感じない(失礼)修道士たちの中、イケメンすぎるショーン・コネリーの渋い美貌が冴えている(笑)
      弟子役の若いころのクリスチャン・スレーターも可愛かったですね(笑)髪型はあれですが・・

      ミステリ好きにはおすすめです!
      >> 続きを読む

      2015/07/08 by ao-ao

      「薔薇の名前」のレビュー

    • うーん。

      やっぱり、 ショーン・コネリーはオーラが有りますね。

      2015/07/09 by ice

    • 3.0 ハラハラ

      タイトルの意味するところは結局不明だが、敷居の高いミステリーを味わえる一品。

      時代は中世のロンドン。ある修道院にやってきた修道士。
      ここで起きた不可解な殺人事件の調査のために来たのだが、そこには神の教えに狂わされた連中が共存する場所。
      第2第3と起きる事件が謎を高めていく構成。

      禁書の存在が重要になってくるが、なんとなくスッキリしないあたりは狙ってのものか。

      ショーン・コネリーとクリスチャン・スレイターのコンビが軽快に楽しませる。
      とはいうものの怪しい人物ばかりを登場させて、宗教観に至るまでの過程はのめりこみ難い。

      しかし階段の迷路に暗号に隠しボタン。
      こりゃインディ・ジョーンズを意識してるのかな(笑)
      >> 続きを読む

      2015/03/02 by オーウェン

      「薔薇の名前」のレビュー

    • >こりゃインディ・ジョーンズを意識してるのかな(笑)
      意識してそうですね笑

      タイトルの意味、不明のままなんですね…! >> 続きを読む

      2015/03/02 by coji

    • ショーン・コネリーって、やっぱりオーラが有りますねぇ...

      2015/03/02 by ice

    もっとみる

    薔薇の名前
    バラノナマエ

    映画 「薔薇の名前」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画