こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

母と暮せば

母と暮せば
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
12月12日(土) 全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2015/12/12
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこれなかったんだよ」。
その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。
そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。 >> 続きを読む

    松竹120周年記念映画 吉永小百合 二宮和也 黒木華 浅野忠信 加藤健一 監督/山田洋次 脚本/山田洋次・平松恵美子 企画/井上麻矢(こまつ座)プロデューサー/榎望 撮影/近森眞史 美術/出川三男 照明/渡邊孝一 編集/石井巌 録音/岸田和美 製作/「母と暮せば」製作委員会 制作・配給/松竹株式会社

    母と暮せば の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 3.0 切ない

      どこからどこまで年齢不詳

      もはや配役の年齢設定は完全無視の山田映画である。
      気にするだけ無駄なんで、単純にファンタジーを楽しめばよろし。
      だいぶ以前に「異人たちとの夏」で感じた生暖かいホラーの風味があった。
      なかなか心地よい感覚ですよ。

      (allcinema解説)
      「おとうと」「小さいおうち」の山田洋次監督が、吉永小百合と二宮和也を主演に迎えて贈るヒューマン・ファンタジー・ドラマ。戦後の広島を舞台にした父と娘の物語『父と暮せば』を手がけた井上ひさしが生前に構想していた長崎が舞台の物語というアイデアを山田監督が受け継ぎ、原爆で死んだ息子と生き残った母が織りなす切なくも感動的な絆と希望の物語を綴る。共演は黒木華、浅野忠信、加藤健一。
      1948年8月9日、長崎。一人で慎ましく暮らしている助産婦の伸子。夫と長男は戦死し、次男の浩二も3年前の原爆で亡くなった。浩二の恋人だった町子はそんな伸子のことをずっと気にかけ、今でも足繁く通ってくれている。そんなある日、伸子の前に浩二が幽霊となってひょっこり姿を現わす。以来、浩二はたびたび現われては、伸子と思い出話に花を咲かせるようになる。笑いの絶えない楽しい2人の会話だったが、最後は決まって町子の幸せへと話が及んでいくのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/31 by motti

      「母と暮せば」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない

      山田洋次監督、やっぱり凄い。

      戦争で、原子爆弾が落とされて、たくさんの人が亡くなったことは「知っていた」。
      そのいのちの一つ一つに、生活があり、家族があり、恋人があっただろうことも、頭では理解していた、つもりだった。

      でも。

      この映画に描かれている人たちの姿を見ると、原子爆弾の「その後」を生きることも、なんとつらいことだろう。生き残ったからには前を向いて、なんて、そんな簡単な話じゃなかったはず。前を向いて生きることだけが正解じゃなくていいんだ、って、映画を観て気づいた。もちろん、自ら死を選ぶのは違うと思うけど、孤独に沈みそうな時に、あの世から息子が迎えにきたら、ふわりとそれに乗っちゃうのも、人間としてはありなんじゃないかな、と思ってしまう。
      >> 続きを読む

      2017/09/25 by akubi

      「母と暮せば」のレビュー

    • 4.0

      2015年の日本映画

      長崎の原爆投下で亡くなった息子が帰って来て
      母と会話する。

      日本らしい、戦争映画の情緒ある描き方だと思った。
      残された人の思いと亡くなった人の思いが伝わる、切ない話。

      戦争によって、ある日突然亡くなってしまった人も
      やりたかった事がたくさんあっただろうに、道半ばでどんなに心残りだっただろう…
      泣けた…
      >> 続きを読む

      2017/08/27 by ゆ♪うこ

      「母と暮せば」のレビュー

    • 評価なし 切ない

      長崎の原爆を中心とした戦争の悲惨さを描いた作品、といっても直接的にはほとんど戦争に触れず、戦後生き残った人々の様子と死者との対話の物語。
      あの時代、女性はもっと強かったんじゃないかなと思う。たとえ息子の浩二が恋しくても、一人、凛として生きていく伸子の姿が見たかった。浩二に手を引かれても振り切って生き延びる伸子の姿を。

      2017/03/10 by aya5150

      「母と暮せば」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      死者との対話の中にしか、本当の戦争を知ることはできないのかもしれない。「アメリカって不思議な国だね。あんなに美しい映画を作るのに原爆も作るんだね。」考えることの多い作品です。

      2017/02/26 by ITUKI

      「母と暮せば」のレビュー

    もっとみる

    母と暮せば
    ハハトクラセバ

    映画 「母と暮せば」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画