こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

恋におちて

Falling in Love
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 1985/03/21
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル映画

    恋におちて の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 5.0

      公開すぐに観た映画。トップスター二人の組み合わせで大ヒットでした。今改めて観ると、舞台こそNYですが、当時の世相が思い出されて懐かしい。携帯電話もネットショッピングもなかった時代の道ならぬ恋のお話。

      2018/01/25 by Yan-Soo

      「恋におちて」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公は、共に家庭を持つ男性と女性。書店でぶつかった三カ月後に、電車の中で再会する。

      主人公だけを見れば、すれ違いと感情を抑える大人の恋愛に切なさも感じる。しかし、お互いが家庭を犠牲にしてしまっている。共感するには少し難しかった。
      >> 続きを読む

      2016/10/02 by asian

      「恋におちて」のレビュー

    • 若っ!!

      2016/10/02 by メッシイ

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "古典的な大人のラブ・ストーリーをロバート・デ・ニーロとメリル・ストリープの二大演技派俳優で描いた 「恋におちて」"

      この映画「恋におちて」は、しっとりと心をぬらす恋愛映画で、男と女の愛だけを見つめていく作品です。

      ニューヨーク。それぞれに家庭を持った男と女。クリスマスイブ----。ふとした事で知り合って、いつの間にか心が魅かれあっていく。この映画は現代風俗を鮮やかに散りばめながらも、ひたすら二人の心の動きだけを追っていきます。人間が、"恋におちて"しまうその姿を克明にたどって見せるのです。

      この映画は、デヴィット・リーン監督の名作「逢びき」の設定を借りたものですが、監督の意図、思想は全く異なっていて、二人共、大人で、責任をしっかりと自分で背負うというような覚悟を持った人間として描いているような気がします。

      一見、平和に見える二つの家庭。女性の夫は医者。最初の子供を産むのに失敗。それがお互いの小さな心の傷になっています。男性の方の妻は、美人でこそないが、こまかい気づかいやあたたかい心の持ち主。全く申し分なしです。だが、友人の離婚の話を聞くと、「愛なんてこの世にあるの」といとも簡単に言ってしまうような妻。

      彼と彼女の表面的には平和で安定した姿の裏側に、小さく小さく芽生えている不満、ほころび----。現代人の心の隙間を微妙なタッチで描く演出、演技、全てにおいて見事です。

      監督は、「告白」で人間心理の冷たい狭間をついた、舞台劇の演出家出身のウール・グロスバード。そして、彼を演じているのが、ロバート・デ・ニーロ、彼女がメリル・ストリープ。いつもはギラギラして脂ぎったこわもてのデ・ニーロが、どこにでもいそうな、我々と等身大の平凡なサラリーマンの姿を演じて実に爽やかだし、ストリープの、体の内側に燃える情炎をどうする事も出来ないというような、エキセントリックな表情の陰の淋しさが、たまらなく男心をくすぐります。

      あれ程に理解があり、完璧であった筈の妻が、デ・ニーロの小さな告白を聞いたとたん、彼を許そうとしない怖さ----。

      「私はいったい何をしているの?」と、知性がおさえても感情が燃えてしまうストリープが、何としてでも彼に逢いたいと車を飛ばす雨の夜のクライマックスには、目頭が熱くなるのを感じてしまいます。

      そして、逢えぬまま一年後の再会。二人共、妻、夫とは別れているのですが、全てを語らず、お互いに何か言いたいのに、その心を残して別れる二人。やがて一転してハッピーエンドになるのですが、この別れに振り返るストリープのまなざしの哀しさは、いつまでも心に焼き付いて離れません。

      殺伐とした現代、最後までプラトニックで通して見せる大人の愛。たまに見る恋愛映画も、なかなかいいものです。
      >> 続きを読む

      2016/07/02 by dreamer

      「恋におちて」のレビュー

    • 4.0

      デ・ニーロもストリープも若い。もう二度と見ることもない組み合わせ

      2015/11/08 by kaiteru

      「恋におちて」のレビュー

    • 3.0

      ロバート・デニーロとメリル・ストリープがあまりにも偶然すぎる出会い(笑)、が重なり不倫へと走るドラマ。

      この偶然すぎるというのがポイントで、良いも悪いもひっくるめての出会いとなる。

      この2人で恋愛ものとなるどうしても違和感があり最後まで持続。
      何よりも二人はキャラが濃すぎる(笑)

      ラストをどうとらえるかで評価は変わると思いますが、これを納得では都合よすぎの感もある。
      この辺がどうしても引っかかるが、それを大人の恋と呼ぶのであれば同世代の方は共感できるかも。
      >> 続きを読む

      2015/05/21 by オーウェン

      「恋におちて」のレビュー

    • > 恋におちて

      小林明子さんの同名曲が大好きです...

      2015/05/22 by ice

    もっとみる

    恋におちて
    コイニオチテ

    映画 「恋におちて」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画