こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フライト

Flight
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2013/03/01
製作国: アメリカ
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

    フライト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全20件
    • 3.0 ハラハラ

      酔って気が大きくなってればアクロバット飛行も出来ちゃうわけヵ

      デンゼル・ワシントンの役はもっと同情すべき主人公かと思っていた先入観から違和感だらけ!
      けっこう立派なダメ人間である。
      パイロットという社会的地位のある人はもうちょっと立派な人かと思ってたんで(^ ^;)
      それともアメリカってそういうもんなんですかね。怖いゎ..

      (allcinema解説)
      「トレーニング デイ」「デンジャラス・ラン」の名優デンゼル・ワシントンが心の弱さを抱えた一人の男の葛藤をみごとに演じきり、4度目のアカデミー賞主演男優賞ノミネートを果たした衝撃のヒューマン・ミステリー・ドラマ。奇跡的な緊急着陸を成功させて多くの人命を救い一躍国民のヒーローとなったパイロットが、一転してアルコール中毒の疑惑で全てを失う危機に直面するさまをサスペンスフルに描く。共演はドン・チードル、ケリー・ライリー、ジョン・グッドマン。監督は2000年の「キャスト・アウェイ」以来久々の実写作品となる「フォレスト・ガンプ/一期一会」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス。
      フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が突如制御不能に陥り、急降下を始める。もはや墜落は避けられないと思われた危機的な状況の中、機長のウィトカーは驚異的な操縦テクニックで機体を不時着させ、犠牲者を最小限にとどめて多くの命を救うことに成功する。その奇跡の着陸はマスコミに賞賛され、ウィトカーは一夜にしてヒーローとなる。ところが、彼の血中からアルコールが検出されたことで事態は思わぬ方向へ。もし飲酒が表沙汰になれば、パイロットとして致命的なだけでなく、場合によっては過失致死で終身刑の可能性も。そこでウィトカーは、弁護士のラングとともに事実の隠蔽に動き出すが…。
      >> 続きを読む

      2020/01/10 by motti

      「フライト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      酒をいつまで飲むんだよってツッコミたくなった。 けど刑務所に入らなければ酒をやめれないって業は深いな。主人公が本当にクソで、同情させないのが、リアルだ。最後に主人公が死んだ乗務員の名誉を守るために真実を口にする所は泣けた。航空事故ものと見てはいけない、むしろ、弱い人間の公正の作品。

      2018/09/20 by 無月斎

      「フライト」のレビュー

    • 4.0

      英雄から一転、最低な人間の物語でした。途中のアル中っぷりに腹ただしくもなり情けなくもなり観るのが辛く重かったですが、それらのシーンは全てラストのかっこよさを引き立てるためにあったと思います。ラストはこうなって欲しいなという希望通りの展開で安心しました。息子との再開シーン良かったです。

      2018/09/17 by さくら餅

      「フライト」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      あれだけの乗客を救ったんだからアルコールとかドラッグ中毒とか別に切り離して考えてあげられないもんかなぁ。彼以外のパイロットはみんなシュミレーションで失敗してるって言ってるから冷静に判断して欲しい。
      ジョン・グッドマンが圧倒的存在感でステキ。

      2018/08/18 by ose

      「フライト」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      予告編を始めて見た時はてっきり飛行機もののアクション映画かと思ったが、事故はあくまできっかけだけ。

      機長のウィトカーが機上する飛行機が制御不能に陥り降下を始める。
      だがそこでウィトカーの操縦により、奇跡的に多くの人命が救われる。
      その後ウィトカーは英雄のようになるが、血液検査でアルコールが検出され一転彼は窮地に立たされる。

      事故のための飛行の是非を巡り裁判に突入していくが、実はこれも主題ではない。
      この映画はアルコール依存に堕ちていった男のドラマである。
      しかしこの男はその非を決して認めようとしない。
      本来の仕事をこなして人命を救ったのに、なぜ責められるのかというわけだ。

      この境界線が限りなくグレーな男をデンゼル・ワシントンが実に巧く演じている。
      冷蔵庫のシーンは実にスリリングになり、のべつまくなしに飲みまくる人生。

      果たして飲みながらパイロット業務をこなせるのかという現実問題はあるが、この男にはアルコールしか助けになるものがなかっただけである。
      >> 続きを読む

      2018/06/21 by オーウェン

      「フライト」のレビュー

    もっとみる

    フライト
    フライト

    映画 「フライト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画