こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

空飛ぶペンギン

MR.POPPER'S PENGUINS
ジャンル: ドラマ , コメディ
製作国: アメリカ
配給: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

    空飛ぶペンギン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      (メモ)
      2018/05/08

      2018/09/18 by tkda

      「空飛ぶペンギン」のレビュー

    • 3.0

      これまで動物をいとも簡単に操って来たエース・ベンチュラことジム・キャリー。
      だがこの作品では6匹のペンギンに思うがままに操られることになる。

      買収専門のサラリーマンのポッパー。
      冒険家の父が他界し部屋に送られてきたのは6羽のペンギン。
      騒動に悩まされながらも疎遠になっていた家族との絆を取り戻そうとする。

      児童書が原作とはいえジム・キャリーであればやはり持ち前の芸を生かす。
      だがペンギンが相手だとジムもいささか分が悪い。

      踊る場面なども笑えるのだが、CG部分が多いため作りものと感じてしまうのはマイナスか。
      それでもそつなくまとめられており楽しめるのは間違いない。
      >> 続きを読む

      2017/01/21 by オーウェン

      「空飛ぶペンギン」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      ペンギン好きにささげる映画です!(・θ・)
      とにかく彼らが動いているだけでなんだか楽しくなってくるから不思議。

      ジム・キャリー, アンジェラ・ランズベリーの出演とくれば、もう…
      彼らの演技は観ているだけで嬉しい。
      特にジム・キャリーは大部分がペンギン相手の一人芝居になる訳です。
      それって、すごいことですよね~。
      対人間相手だとオーバーに見えがちな彼の表情もやり過ぎ感無しです。
      だって同じ画面に入ってくれば、普通ならペンギンのほうに目が行きますからね。
      “p”の頭韻を踏む秘書ピッピ・ペポノポリスもかわいい。
      原題は、Mr. Popper's Penguinsですが、そういわれて、このタイトルがそもそもPの韻だったんだと初めて気づきました。

      ペンギンがチャップリンの映画が大好きっていうのもワザとらしいと思いつつもウケました。
      『担え銃』(1918)、『キッド』(1921)、『チャップリンの黄金狂時代』(1925)、『サーカス』(1928)
      が使用されているそうです。
      ペンギンは基本CGのようですが本物も使われており、その使い分けがわからないほど上手です。
      (ほとんどの人がフルCGだと思っているみたいです。)


      物語としてはヒューマンな部分に関してはかなりイージーですし、
      悪役だってもっとすごい裏があるのではないかと想像した割に肩透かしだったりしますが、
      ま、細かいことを言うのはヤボ。『主役はペンギン』ですからね。この映画は。
      トータルとして安心してみていられるファミリー映画です。


      原作は「ポッパーさんとペンギン・ファミリー」という児童小説。
      極地オタクのペンキ屋さんのポッパーさんが主人公で1930年代のアメリカが舞台でした。
      当時はペンギンという鳥の存在は名前も知られず、姿も見たことがない人たちばかりだったようです。

      映画では現代に時代を移し、主人公トムの「父親」が冒険野郎です。
      旅先で亡くなった父からの最後のお土産として贈られてきたのが愛を込めたメッセンジャー。
      ペンギンだったのです。

      ストーリーは全然違うので、原作というよりも原案というべきかも。

      邦題はネタバレだし、本作のメインのテーマとは違うのでふさわしくないと思うんですが~。

      なお、原作のペンギンはアデリーペンギンですが、映画ではジェンツーペンギンに変更されています。
      すごく細かいことを言うと、ジェンツーペンギンは南極大陸で生息しているというよりは、
      もうちょっと北のフォークランド諸島あたりが生息地域になります。
      >> 続きを読む

      2013/12/17 by 月うさぎ

      「空飛ぶペンギン」のレビュー

    • ◆空太◆さん
      原作本を読んだついでにこの映画も観ちゃったというノリです。
      実際は全然詳しくなんかないですよ~。単なるノリです。
      でも、『ペンギン会議』にも入っちゃおうかと半分本気で思っているところだったりもします。
      >> 続きを読む

      2013/12/17 by 月うさぎ

    • milkteaさん
      >衝撃のラストカット
      げげ、許せマセン!!!
      たまにミステリーの犯人バラシとかもあるけど呪いたくなりますね。
      「猿の惑星」酷かったのですか?それはむごいですね。
      あれは、ラストの衝撃の大きさこそが無類の。歴史的映画なのに。
      遠い遠い昔、子どもの頃にテレビでみたきりです。
      「ドクターモローの島」も。
      最近「猿の惑星・ジェネシス」は観ました。
      何度もリメイクされていますが、それだけオリジナルが強烈だったわけですよね。
      >> 続きを読む

      2013/12/17 by 月うさぎ

    空飛ぶペンギン
    ソラトブペンギン

    映画 「空飛ぶペンギン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画