こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

SPIRIT

霍元甲/Fearless
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2006/03/18
製作国: アメリカ , 香港
配給: ワーナー・ブラザース

    SPIRIT の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ

      この映画のストーリーは100年前に史上初(?)の異種格闘技戦があった事実を軸にしたノンフィクションに脚色を加えたもの。
      脚色といっても決定的に違う部分というのが毒殺で死んだのではないということ!ぇ?なンですと?
      「日本人暗殺説」は遺憾ながら戦前の日本の侵略による被害者心情により、大衆にウケた戦後の武侠小説(フィクション)などに起因している。
      有名なのはブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳」のなかでも霍元甲の死を日本人による暗殺・毒殺としていることです。
      気になったので、調べたところ事実はこうだ。
      修行時代、気功を練習していた際に吸気をやり過ぎて肺を痛めていたという霍元甲の死因は実は、長年患ってきたその喀血病の悪化による病死だったそうです。
      ぉぃ、普通すぎだろ。
      ってことで既出の有名な毒殺エピソードのオチらしいのです。
      ただ、中村獅童演じる田中もグルでは日本人感情を逆撫でするのではないかという配慮がされているのではないでしょうか?
      おりしも舞台となる上海は去年、若者による反日本暴動が起きたいわくの地である。
      格闘技の種類には優劣はない。武術家の優劣はある。
      そこは徹していたのではないでしょうか?
      エンドロールに違和感アリ。
      >> 続きを読む

      2018/08/03 by motti

      「SPIRIT」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      いきなり始まる天下一武道会のようなリング上での戦い。
      そこにはリー・リンチェイ時代に見せていた弁髪姿。この髪型だけでもすでに本気度が伺える。

      そこから回想形式になり、なぜ武道会に出たかが明かされていく。
      2006年なのになぜかリンチェイの全盛期のような時代物が展開されていく。
      典型的な復讐からの報復。そこが最後の試合につながっている伏線。

      そして中村獅童のクンフーの技はどれほどのものか。不安は稀有に終わる。
      ジェット・リーと対峙するだけの技量はしっかりと発揮していた。
      特に三節棍と刀のやり取り。久々にリーの三節棍を堪能できた。

      実在の人物だからあのような結末が出来上がったのだが、多分に持ち上げているのが気にはなった。
      >> 続きを読む

      2015/10/20 by オーウェン

      「SPIRIT」のレビュー

    • > そこにはリー・リンチェイ時代に見せていた弁髪姿。この髪型だけでもすでに本気度が伺える。

      どうしてもラーメンマンを思い出してしまいます...
      >> 続きを読む

      2015/10/20 by ice

    • 4.0

      某サイトでお勧めになっていたので鑑賞しましたが、なかなか面白かったです。子供の頃観たジャッキーチェン等のカンフー映画とは全く違いました。
      男性ならきっと好きな内容だと思います。

      2014/08/21 by takenuma

      「SPIRIT」のレビュー

    SPIRIT
    スピリット

    映画 「SPIRIT」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画