こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

あの頃、君を追いかけた

那些年,我們一起追的女孩
ジャンル: 青春 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 2013/09/14
製作国: 台湾
配給: ザジフィルムズ=マグザム=Mirovision(協力 トリウッド)

    あの頃、君を追いかけた の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 泣ける 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      好きで好きで好きなのに、すれ違い続ける様子が、さながら「あと1センチの恋」のようだな、と。あのランタン飛ばしの時にコートンがチアイーのメッセージに気づいたなら、とか、喧嘩大会の日、雨の中追いかけていたら、とか、たった少しの掛け違いで、一番好きな者同志が付き合うことすら叶わなかったのはとても切ない。でも、だからこそ二人の中でお互いは一生輝き続ける。手に入らない、最も大切な宝物として、胸の中にいつまでも眠り続ける。でも、あっさり友人に乗り換えたり結婚してしまうチアイーは、「ララランド」のミアを想起させる。一見、単に気変わりの早いだけに見えるけれど、深層では、誰をも超えられない想いを残しつつ、錘をつけて沈めている上に、新たな人生を築こうとしているのではないかなと思う。それもそれで葛藤だと思うけれど。そして、そんなコートンを結婚式に呼んでしまうのは荒技だなぁ。そうそう、結婚式のシーンも好き。叶わなくても想いを貫き通して、そして幸せを心から願えるコートンがかっこよすぎる。 >> 続きを読む

      2019/09/17 by Mimi

      「あの頃、君を追いかけた」のレビュー

    • 3.0

      2011年にもなって台湾ではこんな青春ものが出てくるところに驚く。
      何しろ中身は90年代の日本でよくあったトレンディドラマのような出来なのだから。

      丸っきりあすなろ白書みたいな内容だが、基本は主役となる男女の高校での出会いから恋愛模様。
      そして大人になったときに二人はそれぞれお互いの道を歩んではいるがという展開。

      一応90年代の台湾ということで、日本の文化や風俗が話の至るところに出てくる。
      こんなにも台湾に日本が浸透していたとは意外だったが。

      冒頭からラストまで爽やかな出来であり、邦画でも無理なく作れそうな中身と思っていたらリメイク版が出来たのね。
      >> 続きを読む

      2018/11/28 by オーウェン

      「あの頃、君を追いかけた」のレビュー

    あの頃、君を追いかけた
    アノコロキミヲオイカケタ

    映画 「あの頃、君を追いかけた」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画