こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アンドレイ・ルブリョフ

Andrei Rublyov
ジャンル: 伝記 , ドラマ , アクション , 史劇
公開: 1974/12/07
製作国: ロシア
配給: 東和

    アンドレイ・ルブリョフ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このアンドレイ・タルコフスキー監督の「アンドレイ・ルブリョフ」は、「語り始め」の物語だ。

      語りかける側の人間が、一度喪った言葉を取り戻し、再び話し始めるまでの物語でもある。

      アンドレイ・ルブリョフは、15世紀のロシアに生きた天才的なイコンの画家だ。
      中世ロシアの蒙昧、貧困、病苦、戦争-----異民族タタール人に踏みにじられるロシアで、あらゆる世の悲惨をまのあたりにしたアンドレイは、戦いの混乱の中で人を殺し、絵を描くという表現を捨て、沈黙の行に入る。

      15年間をその沈黙の中に過ごした後、彼がようやく口を開き、再び絵を描き始めたのは、瑞々しい鐘作りの若者の、表現への狂おしいまでの執着を見たからだ。

      語り始めること---表現を取り戻すというモチーフは、タルコフスキーの他の作品では、「鏡」にも見られたと思う。

      「鏡」のプロローグには、吃りを矯正される少年の挿話が置かれていたが、あの一見、他の部分とは何の関係もなさそうなシーンが、実は「語り始め」、それまでの強いられた沈黙を破って、表現が復活するという重要なテーマを背負っていたのだ。

      沈黙は贖罪のためであると同時に、また、心に残った深い傷跡をも暗示する。
      少年時代を第二次世界大戦の只中に過ごしたタルコフスキーの心の傷痕は、「僕の村は戦場だった」の少年の悲惨な運命を描かせた。

      異民族の侵入、同じ民族同士の血で血を洗う争いという、15世紀のロシアの現実を映す目は、そのままタルコフスキーの生きた戦中、戦後のソビエトを透視していると思う。

      現実に強いられ、あるいは自らに強いた沈黙から復活するアンドレイの姿に、やはり表現者としてのタルコフスキーを重ね合わせることは、決して無理ではないだろう。

      戦後のソビエト映画界において、特異な位置を占めるタルコフスキーの、表現への原点とも言うべきものが、この映画には表われていたと思う。
      >> 続きを読む

      2019/01/25 by dreamer

      「アンドレイ・ルブリョフ」のレビュー

    • 4.0

      タルコフスキーの作品は隠喩表現も多くてなかなか理解が難しいよな。
      各エピソードも説明はほとんどないから、ロシア史を知らないとわからない部分も。
      私もこの作品学生の時に一度観ているのだけど、その時は全然理解できなかった。
      今は理解できているのかといえば怪しいけれど。

      それでも、ラストシーンは何度見ても胸が締め付けられるほど感動する。

      2018/05/04 by kurizunb

      「アンドレイ・ルブリョフ」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      面白かったー

      エピソードの連続でしかない好成績だったけど、3時間の歴史半生モノはやっぱりいい 
      バリーリンドンとかアマデウスとかほかなんだろう?覇王別姫、小さな巨人とか

      骨太の人生を追体験するのはその人の人生を生きた達成感を少し感じられる   

      最後の鐘のシーンもいい 
      鐘がなるのかならないのか、鐘突が振り子するシーンはとても美しい
      >> 続きを読む

      2014/08/31 by asap

      「アンドレイ・ルブリョフ」のレビュー

    アンドレイ・ルブリョフ
    アンドレイルブリョフ

    映画 「アンドレイ・ルブリョフ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画