こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヒトラー最終兵器

OutpostIII: Rise of the Spetsnaz
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/05/20
製作国: イギリス
配給: 彩プロ

    ヒトラー最終兵器 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      現代、ロシアの酒場。いかつい老人がショットグラスに旧ソ連の赤い星の軍章を沈めてはウオッカ一気飲みしつつ回想するのは、1945年3月、ドイツとソ連が戦う東部戦線。

      ドロコフ軍曹の指揮するソ連軍特殊部隊(スぺツナズ)は地図に記されていない秘密の施設の情報を入手。そこへ向かう部隊に襲撃をかけ、全滅させるがその部隊の車両にはなぜか死体が積まれていた。怪しげな書類も入手し、帰路につこうとしたドロコフらだが、ナチスの別の一隊の襲撃を受ける。その一隊の中には猟犬のように追いかけてくる見た感じゾンビの兵士も。仲間のスナイパーが首筋に食いつかれ、内臓もえぐり出されるなど、ドロコフらも奮闘するも、三人のみが生き残り、捕虜にされてしまう。

      連行されたのは探索目的だった秘密施設。そこではストラッサー大佐、クラウスナー博士らが超人兵士を創りだす人体実験を繰り返していた。血清を注射し、放射線を浴びせることで大半は死亡するも何体かは怪物的に変貌を遂げていた。ドロコフらはこの超人兵士と戦わせるために連れてこられたのであった…

      ん、なんかこの設定、見覚えがあるな、と思ったら原題は

      OUTPOSTⅢ Rise Of The Spetnaz

      なんと「ゾンビ・ソルジャー」の三作目ではありませんか。こちら一作目、二作目は現代が舞台。傭兵の一団などがこの施設に赴き、フィラデルフィア・エクスペリメント的な実験の成果で神出鬼没の幽霊的な存在でありながら物理的攻撃を仕掛けてくるナチスゾンビの兵士にほぼワンサイドゲームでひどい目に遭わされるお話でしたが、その前日譚なのですね。

      本作ではまだ実験の途上なのか、ナチスの超人兵士ら腕っ節のいいゾンビぐらいな感じ。というか、スペツナズのドロコフがまるでコロシアムの剣闘士のようにけしかけられた超人兵士を素手で倒してしまう猛者(爆)。牢屋の中でははめられた手錠をねじ切り、脱出して施設内のナチスの皆さんを超人兵士も含め、ぶち殺し出す。

      忍び寄りナイフで喉かっさばき、斧で脳天ぶち割り、奪った銃器、手榴弾で射殺、爆殺。このドロコフの方がナチス側からすれば殺人鬼、超人兵士なんじゃないか、アメコミ的にはオメガレッドみたいなと思い出すドロコフ無双なのでした。ほぼ全編バトルの連続でここまで潔いとバカ負けのハイ状態で楽しんじゃうのでした。
      >> 続きを読む

      2015/12/06 by ジェイ

      「ヒトラー最終兵器」のレビュー

    • 3.0

      ナチスの改良人間と情け容赦の無いスターリンの犬がバトルする映画。

      役者も映像も結構いい感じだけど非情に地味、映像にしてもかなりモノトーンな重厚感、見応えはあります。

      重量感のあるアクションを観ろという割り切りもまた良い結果になっていると思う、中途半端なシナリオを入れなかったせいでツッコミ所は非情に少ない、大きなツッコミ所は実験がかなり杜撰な感じがする部分か、成功する方法を探るというより成功する人を探すという計画のおかしさがチョイとね、それに失敗を多量に出している割にその実験で作られた改良人間が凶暴なだけであんまり超人的ではないという部分がね。

      鍛えられたスターリンの犬を圧倒出来ていないからね、変な実験するより虎の穴みたいな訓練施設を作った方が現時点では効率的だと思う。

      目標の不死身にはならないけどね。

      この映画観ていて思ったのが主人公が脱走して以降がなんか殺人鬼の視点から描いたスラッシャー映画の様な妄想が沸きました、いや大概のアクション映画で主人公が敵を殲滅するというモノはそんなモノなのかも知れないけれど。

      この映画の地味な殺し方がなんかそんな気持ちを湧き立たせるのである、普通は殺される側の視点で作られているけど殺す方の視点で撮るとこんな感じだよねと思ってしまいました。

      もう少し超人的な改良人間と知恵と技術を駆使して戦うラストバトル的モノが欲しかったと思う、超人的でも凶暴な馬鹿ならば知恵を駆使すれば何とかなるとか勝率1%の細い糸を手繰り寄せるみたいなヒリヒリ感が最期に欲しかったと思う。

      それがあればもっと充実感があったのではないだろうか。

      それか途中で出てきたソ連の計画での唯一の成功例が主人公だったとかでナチスの改良人間VSソ連の改良人間みたいで良かったのではないか?と思いました、ナチスの薬でソ連の失敗部分が補填されるとかね。
      >> 続きを読む

      2015/06/29 by 隼5郎

      「ヒトラー最終兵器」のレビュー

    ヒトラー最終兵器
    ヒトラーサイシュウヘイキ

    映画 「ヒトラー最終兵器」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画