こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

インプリント ぼっけえ、きょうてえ

Masters of Horror: Imprint
ジャンル: ホラー , SF
公開: 2006/05/27
監督:
製作国: アメリカ
配給: 角川ヘラルド・ピクチャーズ

    インプリント ぼっけえ、きょうてえ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      マスターズ・オブ・ホラーの一作であり唯一の日本人監督作。愉快なゾンビ映画やエロい女怪物とか虫人間とかがある賑やかな作品群の中で、この作品。異質。怖いというより痛い、ホラーというよりタブー。人が目を背けたくなるものを目の前に持ってきた、ヤバい感じのやつ。尺が短めなので見やすく、危ない感じの怪談が見たい人にはオススメ。

      2015/03/31 by 二階堂

      「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」のレビュー

    • レビューを読む限り、絶対観れないです…笑

      >怖いというより痛い
      ひぃ~~>< >> 続きを読む

      2015/03/31 by coji

    • 原作?は読みました。

      ホラーで三池崇史監督はグロそうですね...

      ◆ぼっけえ、きょうてえ
      http://www.dokusho-log.com/b/4043596014/
      >> 続きを読む

      2015/03/31 by ice

    • 4.0 切ない ハラハラ

      アメリカでの企画マスターズ・オブ・ホラー13作品中
      唯一の日本人監督作品だったそうです。  
      日本のホラーが アメリカのとは違ううえに、
      原作者・岩井志麻子さんの独特な感性が発揮された作品
      でしたから、さぞや異彩を放っていたことと思います。

      過激な描写が最も印象的でしたが、それだけでなく
      女流作家が書いたものだから許される?恐ろしさ=
      女という生き物の、哀れさ・醜さ・悲しさ 等が
      描かれていたように思います。

      そしてまた、そんな女という生き物に囚われて 生きて
      しまう、男という生き物の更なる哀れも感じさせられる
      作品でありました。

      アメリカで放送中止・日本で上映拒否されたそうで
      内容的に問題作なのかもしれませんが
      私は好みです。 ドSだから?
      >> 続きを読む

      2014/11/18 by ひで。

      「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」のレビュー

    • 原作を読みましたし、何やら曰く付きみたいですので、是非観てみたいです♪

      2014/11/18 by ice

    • >iceさん
      原作既読の人の感想も聞きたいです☆レビュー待ってます!

      2014/11/18 by ひで。

    • 4.0 笑える 切ない ハラハラ

      三池崇史監督2006年のアメリカデビュー作品です。
      ホラー映画界の巨匠と言われる監督13人による『マスターズ・オブ・ホラー』の一作です。
      作品としては明治の遊郭の遊女とアメリカ人記者を描いた作品です。
      三池監督らしくやっぱり危ないシーンが盛り沢山です。
      見ていて思わず『痛い~~~!!』と思うシーンやグロいシーンもしっかりありますよ!!
      ただ残念な事に日本人俳優のセリフが全て英語・・・アメリカ資本の作品で仕方ないと思いますが日本語で英語字幕の方がもっと良かったと思います。 評価は星四つです。

      2014/11/01 by チャミー

      「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」のレビュー

    • 映画の虚構の世界ですから・・・チャレンジして免疫を付けてほしいな~!!

      2014/11/02 by チャミー

    • 岩井志麻子さん怖かったですね~w あの場面は直視し難かったです。

      2014/11/18 by ひで。

    インプリント ぼっけえ、きょうてえ
    インプリントボッケエキョウテエ

    映画 「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック