こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴジラVSキングギドラ

ジャンル: SF , ドラマ , アクション , 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 1991/12/14
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    ゴジラVSキングギドラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ゴジラVSキングギドラ」は、"ゴジラ"シリーズ第18作目の作品で,監督には前作「ゴジラVSビオランテ」の大森一樹が再度登板。

      1992年、東京上空にUFOが出現して、未来人がやって来るというところから、この映画は始まる。
      そんな時、作家の寺沢は、1944年に恐竜がアメリカの機動部隊を撃退した話を聞き、その恐竜が核実験でゴジラに変身したという事実を知る。

      そして、UFOの未来人は日本の死滅を予告。
      寺沢らはタイムワープ機に乗り、ゴジラ消滅作戦を開始するが-------。

      この映画は何よりもまず、時空間の自在さが面白い。
      現在の日本にUFOが出現し、未来人がやってくるのだが、一転して、太平洋戦争中の南洋の島の話になるかと思えば、たちまち舞台は現代日本の各地を転々としたり、未来のオホーツク海に跳んだり、時間と空間がめまぐるしいばかりに、多彩に変化するんですね。

      そして、その真っ只中で巨大なゴジラとキングギドラという二大怪獣の闘いが繰り広げられてゆく。
      ここでは、伸縮自在な時空間往来のダイナミズムが、描写の細部の躍動する力のもと、第一級のエンターテインメントになっていると思う。

      この作品では、シリーズ中、ゴジラのライバルとして最も凶暴なキングギドラを再登場させ、空前の激突を展開させ、さらにゴジラが太平洋戦争の攻防戦に登場していたという新説を設定し、過去、現在、未来のタイムトラベルも加えたSF大作に仕上がっていると思う。

      言うまでもなく、"ゴジラ"とは、これまでの映画の歴史から見て、娯楽映画の象徴に他ならない。
      大森一樹監督は、そのことをあらためて力強く明らかにしたのだと思いますね。
      >> 続きを読む

      2018/06/27 by dreamer

      「ゴジラVSキングギドラ」のレビュー

    • 5.0

       91年の怪獣災害映画。太平洋戦争、核実験競争の中を生き抜いたゴジラと未来からの刺客キングギドラが北海道、東京で激突する。
       前作同様、主題は繁栄を極めた日本への警告。23世紀に米ソを追い越し巨大国家となった日本を過去に遡って破壊しようと未来人がキングギドラを差し向ける、という今では考えられない、何とも贅沢な脚本になっている。豪邸に住む雑誌記者、一度死んだゴジラを原潜で蘇らそうとする財界人など、登場人物も綺羅びやか。いまの日本にはない明るい未来が煌々と輝いている。
       興味深いのは、そのキングギドラと戦うゴジラが、太平洋戦争の南方作戦中に旧帝国陸軍の財界人を(結果的にではあるが)助け、米軍を追い払っていることだろうだろう。54年の初上陸以来、沖縄から北海道までの都市を何度も焦土にしてきて日本を苦しめてきた怪獣が、日本の経済的発展を支えてきた財界人の恩人であった皮肉、そしてその皮肉な存在に未来から日本を焼き尽くそうとやってきた勢力が打倒され、再度ゴジラと日本の打倒し打倒される関係に戻るという循環に戻ってしまうのが面白い。
       戦後日本を破壊することで経済的発展の度合いを表現し続けてきたゴジラ、未来の肥大化した日本から来た刺客キングギドラ、この両極端な二体が高度経済成長の象徴ともいえる都庁を薙ぎ倒しながら繰り広げられるラストバトルは必見。
      >> 続きを読む

      2016/01/11 by efnran

      「ゴジラVSキングギドラ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      平成に入ってこの作品から過去の人気怪獣が次々VSシリーズとして登場する。
      まずはゴジラの最強の敵キングギドラの登場。

      未来人を使うというとんでも技はかなりギリギリだが、やはりゴジラとキングギドラのバトルは迫力たっぷり。
      特撮も進化を遂げており、合成部分以外はかなりの精巧さを見せる。

      そして甦るのはキングギドラだけでなく、シリーズの音楽に欠かせない伊福部昭が16年ぶりに音楽を手掛けるのも堪らない。
      重厚さを醸し出す音楽もゴジラにはやはり必須だ。

      役者も的確で土屋嘉男は印象に残るし、小林昭二や準主役の三枝美希もしっかり登場する。
      これだけのクオリティがあれば復活するのも頷ける出来だ。
      >> 続きを読む

      2016/01/10 by オーウェン

      「ゴジラVSキングギドラ」のレビュー

    • 3.0

      迫力が凄く、東京都庁戦なんかはめちゃくちゃ良かった!が、全体的な面白さはそんなに感じなかった。なんかターミネーターみたいなのも出てくる。外人さんも出てくるけど日本語がカタコト過ぎておかしい。時代を超えるという展開は良かったと思うが、どこかおしい。
      ゴジラザウルスのくだりは退屈だったけど、新堂さんの最後の覚悟は胸アツだった。

      2015/07/30 by きりゅう

      「ゴジラVSキングギドラ」のレビュー

    • 5.0 元気が出る

      バブル期を知る年代の人が、より楽しめると思います。
      この作品はバブル期に作られたもので、バブルの日本に
      対する皮肉めいた警鐘が込められていました。
      しかしその後バブルは崩壊しましたし
      福島原発事故も経験中の今となっては
      当時制作者が意図した以上の皮肉な内容になっていて
      ちょっと自虐にも似た気分で楽しめます。

      単純に特撮映画としても魅力があります。
      最強のライバル怪獣キングギドラとの一騎打ちですし
      怪獣の造形もカッコ良いですし。

      タイムトラベル理論が変だ等の指摘がありますが、私は
      これがエンタテインメントを創るということなのだと
      思います。おかげで面白い話が成立していました。

      観終わった感がスッキリしていれば文句なしでした。
      それと、キングギドラはもっと強くてもいいです。
      >> 続きを読む

      2014/11/24 by ひで。

      「ゴジラVSキングギドラ」のレビュー

    • ひでさん!! ナイスレビューです。

      2014/11/24 by チャミー

    • >iceさん
      そういう場面で使われていたとは!w

      >チャミーさん
      ありがとうございます! (>∇<)ゞ
      >> 続きを読む

      2014/11/24 by ひで。

    ゴジラVSキングギドラ
    ゴジラタイキングギドラ

    映画 「ゴジラVSキングギドラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画