こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

続拝啓天皇陛下様

ジャンル: 日本映画 , コメディ , 戦争
公開: 1964/01/01
製作国: 日本
配給: 松竹

    続拝啓天皇陛下様 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る

      山田洋次が脚本を書いているからか、何気に渥美清の寅さんぶりが1作目よりもかぶる!
      宮城まり子の演じる頭の弱い恵子役が良かった。
      「続」っていうけど全く続きの話ではなく別のお話

      2018/07/05 by motti

      「続拝啓天皇陛下様」のレビュー

    • 2.0

      唐突な終わり方は何?続編の意味すらよくわかりかねますなぁ・・・

      2015/11/18 by kaiteru

      「続拝啓天皇陛下様」のレビュー

    • 5.0 泣ける

      【家族を失い、世間から馬鹿にされて生きてきた山田善助にとって軍隊は天国だった。しかし、やがて終戦を迎え…。
      善良がとりえだが誤解されやすい山口善助(渥美清)は日中戦争で召集され、その後宮家の久留宮ヤエノ夫人(久我美子)の犬の飼育係となり、彼女に密かな恋心を抱くようになるが、やがて終戦を迎え、夫人の元に夫が帰ってくる。落胆した山口は彼女のことを忘れられないまま、娼婦の恵子(宮城まり子)と結婚するが…。】(Amazon)

      純粋で善良な善助。軍犬ともはるへの愛情。米軍の捕虜となった日本兵の呼びかけ。「戦争が終わってほしい。日本に帰りたい。日本の歌を一緒に歌ってほしい・・・」中国人(華僑)との友情。戦争が終わり軍犬ともはるとの別れ。純粋な恋心。ひどい目に遭いながらも純粋な心で生きる恵子。恵子との別れ・・・

      人情喜劇?むちゃくちゃ胸が締め付けられました。

      純粋な人を見ると泣けてくる。(岡山弁だし)

      犬・・・ 泣けます。

      善助さんも、恵子さんも・・・

      ううううう・・・



      善助にはみんなから馬鹿にされる世間より、食べる物の心配がない”軍隊という場所”は天国だった。けれど戦争が終わればまた大変な日本で生きていかなければいけない。苦しさの根源は・・・「戦争」「貧困」、冷たい世間、荒れた人の「心」、思うようにいかない「生きる」ことそのもの。

      強く生きていってください、善助さん!
      (続しか見てないけど、前作も気になる。寅さんじゃありません!)
      >> 続きを読む

      2014/06/26 by バカボン

      「続拝啓天皇陛下様」のレビュー

    • レビューを読むと、コメディとは到底思えない純粋な感動作品といった感じですね。

      2014/06/26 by Aver

    • 渥美さんって人間らしさ、日本人らしさが顔ににじみ出ていますよね。それにしてもタイトルがすごい。。 >> 続きを読む

      2014/06/26 by メッシイ

    続拝啓天皇陛下様
    ゾクハイケイテンノウヘイカサマ

    映画 「続拝啓天皇陛下様」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画