こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)

ジャンル: キッズアニメ・映画
公開: 1998/04/18
製作国: 日本
配給: 東宝

    名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット) の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0 ハラハラ

      レンタル・配信)@dTV。2018/6 13本目の鑑賞(通算46本目。)劇場版第2弾。トリックの真似が多かった1作目とは異なり、最後まで犯人が分からない展開は見ていてハラハラした。毛利小五郎のエピソードが普段うだつが上がらないが、男らしい一面のある彼の良さを引き出していた。小五郎が高所恐怖症なのは、演じている神谷明さんの代表作の「シティーハンター」の冴羽獠の設定になぞらえているのかなと思ってニヤリとしたりした。次も見ていきたいと思う。

      2018/06/12 by おにけん

      「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のレビュー

    • 5.0

      コナンの映画の中で1番好き!何十回も観た

      2017/09/15 by onigiri

      「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      劇場版第2作。
      コナンがヘリを操縦したりと観ていておもしろい展開。
      蘭のお母さんと小五郎のおっちゃんの真相、蘭と新一との距離。
      推理以外にもきゅんとする場面ありでけっこうこれはおもしろい方だなぁ。

      2017/06/30 by よっしー

      「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のレビュー

    • 小五郎のおっちゃんがカッコよかったです。

      2017/09/15 by onigiri

    • 3.0 ハラハラ

      この頃は今も続いてる劇場版のように、無茶苦茶と思えるコナンの行動がなく楽しめる。

      犯人があるものになぞらえて順番に犯行をしていく展開。
      ここで既存のキャラに無理矢理な設定が加えられる事に(笑)

      犯人の予想は簡単についてしまうのは問題。
      目立つ行動があまりに描写されすぎの気がするかな。
      もっと他のキャラに怪しい行動を加えないと。

      それと小五郎の過去の銃のとこは、蘭でなくても理由は分かると思うんですが(笑)
      冒頭のAの予感は素晴らしく盛り上げ役になったので非常に良かった。
      >> 続きを読む

      2015/03/07 by オーウェン

      「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のレビュー

    • 犯人があるものになぞらえて順番に犯行をしていく展開はコナンではあるあるですよね

      2015/05/07 by tamu

    • 3.0 ハラハラ

      劇場版の2作目、今(2014)からもう16年ぐらい前の作品。

      テレビで放送されてたので、みてみました。
      内容などは、今のコナン作品と変わらないのですが絵のタッチが全然違いました。キャラクター達も若干顔が面長で思わず、こんなに顔長かったっけとつぶやいたほど。。。

      ストーリーは小五郎の知り合いで名前に数字が入っている人物達がトランプの数字になぞらえて13,12・・・と順番に襲われていく。それを足がかりに捜査していくのだが・・・

      ん~ちょっと無理やり感が強いですね。数字も無理やり作ってますしもう少し、上手い理由付けが欲しかった。。。
      >> 続きを読む

      2014/02/10 by kleenex

      「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のレビュー

    • コナンの映画は「銀翼の奇術師」だけ観ています。

      観ると面白いんですよね♪

      2014/02/10 by ice

    • >今のコナン作品と変わらないのですが絵のタッチが全然違いました。

      ルパン三世もよく顔が変わりますよねー >> 続きを読む

      2014/02/11 by makoto

    名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)
    メイタンテイコナンジュウヨンバンメノターゲット

    映画 「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック