こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

思秋期

Tyrannosaur
ジャンル: ドラマ
公開: 2012/10/20
製作国: イギリス
配給: エスパース・サロウ(提供 新日本映画社)

    思秋期 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      静かでしっとりとしたお話?・・・かと思って借りたら、かなりショッキングで深刻な話だった。

      怒りはこころの病気です。

      突然、怒り狂った人が家にやってきたらどうするだろう。
      しばらく、そっとしておいてあげる?そして、甘くてあったかいコーヒーを出してあげる?
      「どうしたの?」と話を聞いてあげる?

      敬虔なキリスト教徒であるハンナは、ジョセフのために神に祈る。
      けれど彼は、
      「神なんかに期待しない」「神は親父じゃない」「神は神様気取りだ」
      「あんたみたいな連中は偽善者だ」と言う。
      ハンナは裕福な地区に住んでいたが、実は夫からのDVに耐え続けていた。

      それでも、ハンナとのつながりの中で、次第に落ち着きを取り戻すジョセフ。
      反対に、段々とひどくなるDVに耐えられなくなるハンナ。
      店に飾っていたキリストの額に物を投げつける場面が印象的。
      神は何もしてくれない・・・

      なぜ、離婚しないのか。できないのか。
      戒律に縛られているから?
      暴力を振るった後に泣きながら許しを請う夫に
      「許すわ、大丈夫・・・」と言いながらも、心の中に怒りを貯めている。

      理性的に冷静に考えてみよう。
      どうすることが一番いいのか。

      とても不幸な結末ではあるけれど、
      二人が対等な立場になったこと、新しいつながりができたことが、
      救いといえば救いなのかなあ。

      でも、犠牲にしたものはあまりに大きい。
      う~ん・・・

      みんなの心の中から怒りがなくなりますように・・・
      悩み、苦しみがなくなりますように・・・
      やさしさでいっぱいになりますように・・・
      >> 続きを読む

      2013/12/20 by バカボン

      「思秋期」のレビュー

    • 考えさせられる内容ですね…

      なんだか見た後に考え方が変わりそうな感じです

      2013/12/20 by ちあき

    • 思秋期が具体的に何歳頃を指すのかは知りませんが、その頃には何でも穏やかに捉えることができる大人になっていたいなぁと思いました。

      もしかしてもう過ぎちゃってたりして...
      >> 続きを読む

      2013/12/21 by ice

    思秋期
    シシュウキ

    映画 「思秋期」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画