こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ビッグ・アイズ

BIG EYES
ビッグ・アイズ
© Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.
2015年1月23日(金) TOHOシネマズ 有楽座他全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/01/23
製作国: アメリカ
INTRODUCTION

60年代以降モダン・アートに絶大なる影響を及ぼしたマーガレット・キーンを演じるのは、『アメリカン・ハッスル』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムス。『ジャンゴ 繋がれざる者』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツが事件の鍵を握るウォルター・キーンを圧倒的な存在感で演じきる。自らも〈ビッグ・アイズ〉シリーズを愛し、コレクターでもあるティム・バートン監督が贈る興奮と驚きの実話がいよいよ日本上陸!

STORY

内気で口下手なマーガレット。
彼女の描く悲しげな大きな瞳の子供たちの絵は、
1960年代に世界中で大ブームを巻き起こした。
──ただし、夫のウォルターの絵として──
富と名声。両方を手にしたふたり。
しかし、マーガレットは真実を公表し闘うと決心する。
なぜ彼女は、夫の言いなりになったのか?
なぜ彼女は、全てを捨てると決めたのか?
アート界を揺るがす大スキャンダルの行方は──?
>> 続きを読む

    監督 ティム・バートン CAST エイミー・アダムス/クリストフ・ヴァルツ STAFF 【撮影監督】ブリュノ・デルボネル 【脚本】スコット・アレクサンダー/ラリー・カラゼウスキ 上映時間 106分 製作国 アメリカ 配給会社 ギャガ

    ビッグ・アイズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      いつの時代も人の才能を食い物にするペテン師は存在するのだなと、その厚かましさに唖然とする。

      鬼才ティム・バートン監督の「ビッグ・アイズ」は、ポップアート全盛期の1960年代、一大ブームになった「ビッグ・アイズ」シリーズの"ゴーストペインター"だった、マーガレット・キーンの衝撃の半生を描いている。

      夫と別れ、娘を養うために絵を描き始めたマーガレットは、パリで絵画を学んだというウォルターと再婚する。
      彼女の絵に商機を見たウォルターは「自分が描いた」と売り込むのだった。

      抗議する妻を丸め込んだウォルターは、絵を安価なポスターなどにして大量に売り出し、人気が沸騰する。

      マーガレットは、豪勢な生活を手にする一方で、胸を痛めながら絵を描き続けるが-------。

      「エド・ウッド」以来という実話に基づく物語は、幻想的で不可思議なティム・バートンらしさは控え目な感じで、リアルな悲喜劇が繰り広げられるんですね。

      ティム・バートン監督にも影響を与えたという、どこか悲しげな子供たちの絵は、マーガレットの心の投影だと思う。
      彼女を演じたのは、エイミー・アダムス。内気で夫に操られる女性の悲しさと強さを体現していて、実に見事だ。

      さらに、彼女にも増して異彩を放つのが、ウォルターを演じたオスカー俳優のクリストフ・バルツだ。
      人を食ったような演技は、今回も健在で、商才に長け、アート界に革命を起こしながら、自信たっぷりに嘘八百を並べ立てる詐欺師に説得力を与えていて、本当にこの俳優は演技がうまいなと感心してしまいますね。

      「女の絵は売れない」とウォルターは言い放つ。まだ女性が表に立つのは難しかった時代。
      虐げられた女性が、一歩を踏み出す逆転劇としても痛快だ。
      >> 続きを読む

      2018/11/09 by dreamer

      「ビッグ・アイズ」のレビュー

    • 3.0

      わ、実話!。
      ティム・バートン監督ぽいような、ぽくないような、綺麗な色、映像。

      ラストはスッキリした。良かった。

      2018/09/17 by chikako

      「ビッグ・アイズ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ

      物語の渦中は自分も紛いなりにも絵をかじっているので、マーガレットに感情移入し身を切られるような思いになりました。

      ティム・バートン監督のダークな世界目当てで観ると期待はずれと思ってしまうかも。

      2016/12/11 by キトバヤシ

      「ビッグ・アイズ」のレビュー

    • 4.0

      光あふれ色彩がまばゆい。特に青色の鮮やかなこと。
      澄み渡る青空、透き通る瞳の青、少女のドレスの青に見とれました。
      ティム・バートン監督というとダークな色彩の印象のほうが強い気がしていましたが、スクリーンに映し出される切り取られた本作のシーンは絵画のように美しく、
      この色彩のためか、最後は法廷闘争になる夫婦の闘いも決して暗い物ではありません。

      「ビッグ・アイズ」の真の作者をめぐるスキャンダルは実話をもとにしています。
      60年代のポップアートの全盛期を先どる形でキーンはこの絵を世界的にヒットさせました。
      ピカソやカンディンスキーのような前衛画家はすでに成功を手にしていましたが、キーンの絵のようなポップアートはまだ画壇に認められるタイプの絵ではありませんでした。
      魅力的で印象的ですが俗悪的でイラストレベルという批評もあながち不当ではないのです。
      その絵のセンスにいち早く気づき、それを経営的手腕とマスコミへのアピールの巧みさで商業ベースに乗せたのは作者マーガレットの再婚相手のウォルターでした。

      これはアートに憑りつかれた男と女の物語だと思いました。
      男は有名画家である自分を夢み、女は自分の才能への自信を手に入れたかった。
      それは尽きることの無い「欲」です。
      お互いがよきパートナーとしてある道を選べば、悲劇は起きなかったでしょう。
      どんなに渇望しても才能の無い者は「選ばれし者」にはなれません。
      人にはそれぞれ与えられた才能があり、それを活かすべきなのです。
      嘘をつき始めた時、その嘘をつき続ける覚悟が必要ですが、
      その嘘から撤退する時の覚悟も同時に持つ必要があるのです。

      だからこの映画の真の主役はむしろ偽物画家の夫のほうでしょう。

      飢えてパンに苦しむ時、人は名誉よりも目先のお金に手を伸ばすものでしょう。背に腹はかえられません。
      マーガレットは芸術的、宗教的良心に耐え切れず、娘のためにも真実を暴露したように表現していますが、富を得た後に自らが虚しくなり、アーティストとしての虚栄心を満たしたくなったのかもしれないとも考えられます。

      時代的に女性が社会で活躍するのはまだ一般的でなかったという事情もありますが、
      それ以前に、マーガレットは美術学校を出て即結婚出産と、画家としてのキャリアもなく、就職さえしたことのない女性でした。
      ウォルターと再婚しなければ絵を描き続ける事すらできなかったでしょう。
      2度の結婚を家出で終わらせるなど、人間関係に関しても賢明とは言い難く、
      世知に関しても自己表現にしても、どうもちょっと足りなくみえる女性です。
      裁判沙汰にはマーガレットに取り入った新興宗教団体「エホバの証人」の影がありありと透けて見える点も気になりました。

      そもそも大衆芸術は「売れる」実績こそが重要である訳で、
      チラシやポスターやキャラクター商品の廉価での販売による宣伝効果の大きさは彼女の絵画を広めるためにどれだけ貢献したか計り知れません。
      画家の魅力、絵の世界のストーリー性も、ウォルターが演出したものでした。

      「彼が自分の絵を見出さなければ、自分は世に出ることはなかったでしょう」と本人が(実際にインタビューで)語っていることからみても、
      彼女も夫を利用したと言えなくもない部分があるはずですよね。

      ティムは芸術家ですが、映画人です。それも成功した映画監督。
      作品への愛はマーガレットと通じるものがあり、一方で大衆化の必要性も充分知り尽くしているでしょう。
      映画は特に多くの人の手がかかっており決して一人で作れるものではないのでなおさらでしょう。
      彼女がひとりの力で成功したのではないと、ティムも暗にそう感じているのではないでしょうか?

      彼女が夫から与えられた絵を描く環境、連れ子の娘の養育、金銭的に充たされた生活、セレブとの交際といったもの全てを捨てても一人立ちをする決心をしたのはそれほど追い詰められたからです。
      しかしその後、名誉棄損と精神的慰謝料を夫に請求し、ウォルターからすべてを奪い、
      一文無しで死なせた彼女に、
      私はまったくさわやかな気持ちで拍手を送ることはできませんでした。

      芸術とは誰のものなのでしょうね。
      >> 続きを読む

      2016/11/04 by 月うさぎ

      「ビッグ・アイズ」のレビュー

    • 早速のご対応、誠に有難うございました(笑)

      2016/11/04 by ice

    • iceさん 今後ともどうぞよろしくです。(*^▽^*)

      2016/11/04 by 月うさぎ

    • 5.0 ハラハラ

      これが実話に基づく物語だというのが、まずスゴイ。
      本作品の一番の見所は、クリストフ・ヴァルツの怪演振りだろう。劇中、エイミー・アダムスが裁判で述べたように、ジキルとハイド氏のような裏表を絶妙に演じ分けていた。その裁判で嘘を積み重ねる彼の姿は滑稽で、またとても腹立たしい。冒頭に戻るが、これが実話なんだぁ。ヘェ〜。まだ、色々な事が成熟していないこの時代だから可能だったのだろう。
      予想を上回る内容の一作。

      2016/10/28 by 123

      「ビッグ・アイズ」のレビュー

    もっとみる

    ビッグ・アイズ
    ビッグアイズ

    映画 「ビッグ・アイズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画