こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

親切なクムジャさん

Sympathy for Lady Vengeance
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 2005/11/12
製作国: 韓国
配給: 東芝エンタテインメント=ジェネオン

    親切なクムジャさん の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この韓国映画「親切なクムジャさん」は、韓国映画界のみならず、もはや世界の映画界で屈指の名匠になったパク・チャヌク監督の、いわゆる「復讐三部作」と言われる、「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続く三作目の作品です。

      そして、この作品は韓国のアカデミー賞と言われている青龍映画賞で、最優秀作品賞と最優秀主演女優賞(イ・ヨンエ)を獲得した作品でもあるのです。

      この映画の主人公クムジャ(イ・ヨンエ)のように、名前の下の方が「子(ジャ)」になっているのは、今や韓国ではダサいのだそうです。恐らく、日韓併合時代に日本の女性の名前を真似るという名付けがあったことへの反動があるのかも知れません。

      そんな垢抜けない名前のせいか、損な役回りばかりの人生を送ってきたクムジャが、幼児誘拐殺人で13年の刑を終えて出所します。

      女囚房の極悪なボスを人知れず毒殺する大胆さがありながら、表面上はキリスト教に帰依し、模範囚の「親切なクムジャさん」だった彼女が、出所すると同時に、それまで抑えてきた感情を激しく噴出させ、"復讐の鬼"に変身するのです。

      刑務所時代の仲間たちの助けを得ながら、自分を罪に陥れた男(名優チェ・ミンシク)に挑んでいくのです-----。

      その過程で見せる彼女の多様な表情が、実に素晴らしく、観ている私を圧倒するのです。

      冷徹な顔、人生に疲れた顔、天真爛漫な顔、友愛に満ちた顔、慈母の顔-----、イ・ヨンエの相貌が刻々変化し、それが復讐劇に華麗な彩りを施していくのです。

      自分を騙して利用した男への憎しみと、引き離され外国で養女になっていた娘への母性愛との狭間で揺れながら、彼女がいちばん渇望していたのは、自らの内にある"復讐の煩悩"から救われたいという願いなのかも知れません。

      なお、この「復讐三部作」の1作目の「復讐者に憐れみを」に出演していた名優ソン・ガンホとシン・ハギュン、2作目の「オールド・ボーイ」に出演していたユ・ジテとカン・ヘジョンなど豪華な顔ぶれが、いわゆるカメオ出演で思わぬところに顔を出していて、映画ファンとしては嬉しい限りです。
      >> 続きを読む

      2017/04/16 by dreamer

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 3.0

      パク・チャヌクの復讐3部作と称されたシリーズ最終作。
      何といっても二作目の「オールドボーイ」が強烈過ぎただけに、期待値はかなり高かった。
      ところが随分とあっさりというか、マイルド風味になったかのようだ。

      復讐の意味は様々だが、理由はまたもや無実のクムジャさん。
      その彼女が騙された男に復讐のため、着々と計画を立てていく。

      チェ・ミンシクやソン・ガンホ、ユ・ジテなどチャヌク監督作品で見た顔がチラホラ。
      だが主役はクムジャさん事イ・ヨンエ。
      いまいち情念というか、復讐の憎悪が見えてこないのは復讐の仕方のせいかも知れない。

      後半の展開はやはり復讐とは別の思惑に見えたのが残念。
      >> 続きを読む

      2017/04/11 by オーウェン

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 主演のイ・ヨンエさんがキレイだったのは覚えていますが、復讐3部作というほどには強い印象は残りませんでした。 >> 続きを読む

      2017/04/12 by ice

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      前半が目まぐるしく展開するので
      ついていけるかなーと心配したものの
      後半の復讐劇は見どころあった。
      遺族たちがカッパ着て並んでるのとかすごくシュールなんだけど悲しい
      おばあちゃんのはさみは狂気を感じて良かったなあ
      割と良作でした。構成とか画面の装飾?というかが面白いしね

      主演の女優さんが美しかった
      ところで韓国では出所すると豆腐を食うのか??
      冒頭からびっくりした

      余談になるがたとえ映画だろうと可愛いワンコが殺されるのは
      実際にはしてないとわかっているのに顔をしかめてしまうなあ
      >> 続きを読む

      2015/09/06 by chimokko

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 正直あんまりピンと来なかったのですが、同監督作品「オールド・ボーイ」の復讐三部作のひとつとしては記憶に残っています。 >> 続きを読む

      2015/09/06 by ice

    • 3.0 笑える

      感想川柳「復讐か 笑いなのか 分からない」

      Huluにあったので観てみました。(´・ω・`)

      タイトルとパッケージからは想像出来ない復讐劇という事でしたが、オールドボーイ程の衝撃はなかったですし、パク・チャヌク監督の好みなのかこういう作品に笑いをチョコチョコ入れてくるんですよね。なので笑いの印象しか残りませんでした。(´・ω・`)オールドボーイにも笑いの要素はありましたけど、それ以上の衝撃がありましたから。

      作中で褒められてるほどクムジャさんが美しいと思えなかったですし…チェ・ミンシクも悪役なら「悪魔を見た」の方が恐ろしい。

      見た順番的に中途半端な印象になってしまったのかも。
      >> 続きを読む

      2015/02/07 by Jinyuuto

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      Huluと言う有料動画配信サービスが有るのだが、そこでオールド・ボーイを検索し、検索結果に表示された、オールド・ボーイを再生したつもりが、なぜか観ていたのはこの作品だったと言う事故みたいな出逢いだった。

      オールド・ボーイと言う作品のあらすじは知らないのだが、少年誘拐事件がテーマだったりと、何となく違和感が無かったことが災いし、1時間以上観てから、なんかおかしい...と気付いたものの、ここまで観たらラストまで行くしかない状態だった(笑)

      良く言えば運命的な出逢いだったと言えなくもないわけだが、内容は何とも。

      主演のイ・ヨンエの美しさは特筆に値するものの、そこまで自分の人生を犠牲にするほど追い込まれているわけでもなく、また、彼女なんかに比べたら、よほど遺族の方々の方が不幸なわけで、何とも感情移入も難しく、消化不良感が拭えない。

      鑑賞後に調べてみたところ、パク・チャヌク監督の復讐三部作としてオールド・ボーイと並び立つ作品だったらしい。
      >> 続きを読む

      2015/01/17 by ice

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 一応関係ありなんですね(^^;;
      オールドボーイと思いきやの作品タイトルがクムジャさんとか言われると何だか怒る気力も出ないのは私だけでしょうか(*^_^*) >> 続きを読む

      2015/01/17 by メッシイ

    もっとみる

    親切なクムジャさん
    シンセツナクムジャサン

    映画 「親切なクムジャさん」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画