こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

親切なクムジャさん

Sympathy for Lady Vengeance
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 2005/11/12
製作国: 韓国
配給: 東芝エンタテインメント=ジェネオン

    親切なクムジャさん の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 3.0 クール

      皆から「親切なクムジャさん」と呼ばれていた模範囚の女性の復讐劇サスペンス。
      パク・チャヌク監督「復讐三部作」シリーズの3作目。
      前作「オールドボーイ」のような圧倒される迫力ではなかったけれど、独特の疾走感と目を奪われる演出で気づいたら見入ってました。
      韓国映画というより「パク・チャヌク監督の映画」。残酷さとシュールさが絶妙に混ざり合った構成・演出は流石です。

      2018/11/13 by ででん

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 4.0

      日本版はジャケット写真が違うのですね。個人的にはあの紅いアイシャドウを中心にしたジャケットの方が好み。生々しさと(おそらく監督ご自身の)ユーモアと素晴らしい映像センスのバランスが見事で、暗く重いテーマで観客を憂鬱にさせるのではなく、最後まで魅せる。終始誰よりも復讐に燃え、そして深く葛藤していたのはクムジャ自身だった。女は化粧をすることで化ける。怒りと悲しみを連想させる紅いアイシャドウは、復讐を貫徹する故に必要な颯爽と揺るがぬ強さを保つ為の化け道具。ぶちゃ可愛い娘がどんどん愛らしくなっていく。

      2018/09/01 by noix

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ クール

      ペク先生役のチェ・ミンシクの携帯ストラップにガッちゃんがw

      「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。
      オールドボーイの理不尽な展開は味があって良かったのだけれど、今回もあの肌触りの作風にこだわっている感じがした。
      そこは、ストーリーだけを追う映画であってもツマラナイし、素直な作りでないところは作家性を感じるので良いのかもしれないけれど好きかどうかは意見がわかれるところだと思います。

      2018/08/04 by motti

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 2.0 切ない ハラハラ

      2005年/韓国映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      復讐ものが好きなのだけれど、パク・チャヌク監督の作品は強烈すぎて、なかなか観れなかった。

      中盤までは疾走感のある展開だったけれど
      後半が…うーん…どういうことなんだろうか……
      でも不思議とひきこまれて、悲しくなる。

      2017/09/22 by pink-tink

      「親切なクムジャさん」のレビュー

    もっとみる

    親切なクムジャさん
    シンセツナクムジャサン

    映画 「親切なクムジャさん」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画