こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

親愛なるきみへ

DEAR JOHN
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2011/09/23
製作国: アメリカ
配給: プレシディオ

    親愛なるきみへ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0

      ニコラス・スパークスの原作映画は甘い恋愛とは裏腹に、それとは逆に重いテーマが二人の先に必ず待っている。

      二人の出会いから恋愛に至るまでは実に自然。
      しかしジョンは兵役の休暇であり、二人は遠距離恋愛の形に切り替わる。
      そこから手紙が重要なアイテムとなり、二人の月日は流れていく。

      意外だったのは二人の恋愛模様だけでなく、ジョンと父親の関係も泣き処に加えられている点。
      これがあるおかげでサヴァナの選択が安易に感じ取られてしまった。
      愛の力を試すような映画に仕上がった感じだ。
      >> 続きを読む

      2016/07/26 by オーウェン

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      T^T 自分の過去の恋愛とほんの少しだけ似てるところがあった…出会って恋して2週間後に離れ離れ。寂しくて悲しくて泣いた。
      どんなに時が経っても忘れられないよね。家族は大切に。
      最後がもう少し観たかった!!

      2016/07/10 by hisanocchi

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 2.0

      アマンダ出てるしチャニングテイタムだし、わくわくしながら見てたのですが。
      最後のくだりがぜんぜん納得できません〜〜〜〜!
      もはや最後の10分飛ばしてラストみました。笑
      アマンダが演じてるサヴァナの言い分がもう…もうありえないです。
      一番最初にレビューしている♪玉音♪さんに全面的に同意してしまいました。
      サヴァナの過ちはまずゆるせない。
      人間間違いはだれしもあるとおもうけれど、それにしてもサヴァナはもっとジョンに謝った方がいいし、逆ギレする意味がわかりませんでした。
      アマンダだいすきだったのでこれにはガッカリです〜〜〜。

      ただひとつよかったのは、挿入歌や主題歌はどれも素敵でした♡
      Paper weightとlittle houseいい〜〜!
      アマンダ歌声は健在でしたっ!
      >> 続きを読む

      2015/11/20 by rpy

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 5.0

      ラッセ・ハルストレム監督のファンなら、見て損はないと思います。洋画ラブストーリー好きの人も、たぶん見る価値あるでしょう。

      基本はラブストーリーですが、同時にちょっとした人間模様も描き加えられ、監督お得意の、いわゆるヒューマンドラマ的な要素も強いです。

      端的に言って、遠距離恋愛の物語です。芸術性とエンタ性のバランスが良く、恋愛ものがお好きな方であって、映画に対して、そこそこの忍耐力があれば、充分集中力を切らさずに見続けられる作品だと思います。

      また、物語も、過度に複雑と言うようなことはなく、王道的で、シンプルとまでは言いませんが、良い意味で、決して難解ではないように思いました。

      映像が美しく、雰囲気が良くて、それらに酔った者勝ちと言う部分はあると思いますが、でも、雰囲気だけで押し流そうとするような作品とも違います。心理描写も良く出来ていて、人の心の機微なども良く捉えていると思います。若干ベタな部分もあるかも知れませんが、良く練られた物語であったように思います。
      >> 続きを読む

      2015/06/06 by ぴぐじい

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 1.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      感情フラグに苛々があったら、速攻で押す。


      アマンダ出てるし、基本、ラブストーリー苦手だけど純粋な泣けるラブストーリーらしいから観たけど、これ純粋か??ザ・アメリカ女の嫌な部分全開のヒロインでっせw

      米軍特殊部隊のジョンは休暇中、父の住むサウスカロライナに来た。そこで女子大生のサヴァナと出会い恋をする。
      サヴァナと出会った事で、休暇後の任務が終われば除隊する約束をし、2人は手紙で心をつなぐ・・が9・11発生。任務を延期せざるを得ない事に・・。
      任務延期後、サヴァナからは前の様に手紙が来ず、やっと来たかと思えば、他の男と婚約したと。
      ジョンショック・・しかも撃たれて死にかける。で、傷が癒えた頃に父親が倒れて、亡くなる。その際にサウルカロライナで人妻サヴァナと会う。夫の農場の経営が上手くいかずに閉鎖したとか何か妙に生活感あふれてるサヴァナ。ついでに夫はガンで余命幾何。
      夫もサヴァナが本当はジョンを愛している事を知っている。
      で、ジョンは諸々の事情をサヴァナに問い詰めると

      「貴方と離れて寂しかったの!貴方にこの気持ちが分からないでしょう!!」全部アンタのせいでしょムキー!!

      はいはい、典型的なアメリカ、ヨーロッパ圏の女が言っちゃう無茶苦茶な逆ギレ。嫌、アンタの彼氏は命かけて働いてるんだが?離れてるのはアンタの彼氏も同じだけど、こんな目にあわされてる私カワイソーですか、そうですか。

      でも、ジョンは父親のコレクション売り払って、そのお金をサヴァナの現夫の治療費として無名で寄付。で、5年後赴任地でサヴァナから手紙が

      今どこに居るの?私にはそれを聞く権利はないけど・・・

      何て強かな女でしょうねw権利ないと思うなら手紙書くなや!!絶対ジョンが教えてくれる事見越して書いてるだろ!


      そしてラストはサウスカロライナで抱き合ってキスする2人で終わり・・。


      はっはっはーー!!
      DVDを叩き割ってやる所だったよー!!純粋って何だっけ?彼氏が命かけて戦ってる時に他の男と結婚しちゃう彼女は純粋ですか?
      しかも心は元彼のもの・・・ってどっちの男も不幸じゃんw

      泣く場所はどこよ??戦地で命かけて戦ってる事と恋人と離れて寂しい事を=にしちゃうバカ女はどこのどいつですか?

      酷評してるけど、私も女性なので切なく思う部分はあります。出会った時別れ際にI'll see you soon then「また会おうね」って言い合っていて、遠距離で会えない時もこの言葉を手紙で繋いでた。
      人妻サヴァナになってディナーでケンカした別れ際にサヴァナがI'll see you soon thenって言うけどジョンは微妙・・そりゃそうだ。
      しかもサヴァナはI'll see you soon thenって言ってとか言っちゃう。
      でも、ジョンはGood byeとなる。無論、私はジョン目線で切ないと感じてます。

      あと、これは原題がDear johnで、これには絶縁状とか離婚申請の意味がある。第二次世界大戦中に戦地に居る夫に妻が他の男と出来たから別れてって送る手紙をこう呼んでた。そこにかけてるんだよね、まぁ日本じゃよく知られてない意味だから仕方ないけど。
      「親愛なるきみへ」だともうラブラブモード全開の話だと思うじゃないですか~、実際そう思って借りました。

      ジョンの父親が自閉症の役なんですが彼が一番輝いてた。
      >> 続きを読む

      2014/05/14 by ♪玉音♪

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • みなさんスミマセン。
      何故かこのレビューがマイ映画レビューに反映されませんw
      何でかな??

      >iceさん

      私的に「貫一お宮」と言えばユニコーンの
      「大迷惑」を思いだしますw

      >makotoさん

      アマンダ美人ですもんね~^^
      彼女目当てで観ましたw

      >milkteaさん

      確かにラブラブなんだけど・・
      ヒロインに何とも都合の良い展開って
      感じですw

      いやいや・・って感じでw
      >> 続きを読む

      2015/03/16 by ♪玉音♪

    • 激しく同感です!
      予告編に騙されました!
      涙なんか出やしない!
      >> 続きを読む

      2015/05/14 by shikamaru


    親愛なるきみへ
    シンアイナルキミヘ

    映画 「親愛なるきみへ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画