こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

親愛なるきみへ

DEAR JOHN
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2011/09/23
製作国: アメリカ
配給: プレシディオ

    親愛なるきみへ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 1.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ニコラス・スパークスの作品は好きなものが多いので、これまた間違いないだろう!と思って観たものの、私は受け入れられず。。JohnとSavannahは、運命に迫られた予期せぬ決断を同じ表現で示すのだけれど、Savannnahの場合、選択肢はその一つではなかったのでは?と思う。Johnの場合、自分の決断がチーム全体、さらには国規模で影響力があるけれど、SavannahはTimも心は別の方角を向いているとわかっているし、結婚まですることはなかったのでは?と。TimのこともAlanのことだって、結婚しなくても面倒見てゆけるし。結局、彼女の決断は断腸の思いで誰かを救う決断ではなく、自らの心に空いた穴を埋める為の決断なのでは。Johnは一人にさせた負い目があるから強くは責められないけれど、再会の時のあのSavannahのあっけらかんとした態度は、時間の経過があるにしても私は受け容れられない。で、Timの他界後、あっさり二人はヨリを戻すの?Alanの気持ちは?って突き詰めていくと、結局彼女の決断は、誰を救ったの?と思えてならない。Timは救われた?Alanの保護者ができた点では救われたと言えるかもしれないけれど。それって愛のない結婚出なくてはダメだった?納得がいかないというか、綺麗にまとめられているけれど、私はとっても不服。John、Savannahが不平等なのに、同系列で描かれていることに、違和感しかない。 >> 続きを読む

      2020/05/05 by Mimi

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 3.0

      (メモ)
      2019/11/28

      2019/11/28 by りん。

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このラッセ・ハルストレム監督の「親愛なるきみへ」は、泣きたい時に観る映画だと思う。

      何といっても原作が「メッセージ・イン・ア・ボトル」や「きみに読む物語」のニコラス・スパークスですから、品質保証付きのお涙頂戴映画。これほどストレートな映画も珍しいと思う。

      まず、主人公がいい人ばかり。盛り上がった筋肉にハンサム・フェースをのせたチャニング・テイタムが演じるのは、米軍兵士のジョン。驚くほど大きな目のアマンダ・サイフリッドは、大学生のサヴァナ。

      純情で一途なこの二人が恋に落ちて、ジョンの兵役が終わったら一緒になろうと約束する。愛を確かめるために手紙をやりとりするので、この題名になるわけです。

      主人公には何の罪もないけれど、戦争が二人の運命を変えてしまう。同時多発テロ事件のために兵役を延長したジョンの元に届く手紙は、次第に減っていって、待ちわびたところに着いた手紙には、衝撃の事実が書かれていたのです。

      「哀愁」や「シェルブールの雨傘」を思い出せばわかるように、戦争で引き裂かれた二人という設定は、いかにも古くさい。その長い系譜にこの映画が加えた貢献があるかといえば、何もありません。

      女を見つめる男、男を見つめる女、二人にカメラが近寄ると高鳴る音楽という具合で、お定まりの演出ばっかりなんですね。批評家がソッポを向く映画の典型なんですね。

      ただ、これが観客の求めている映画だという気もするんですね。だって、わざわざお金を払って、イヤな人とか醜い現実を観たいと思いますか?

      この映画では、主人公が無垢で美しいので、感情移入しても傷つきません。筋書きを動かすのは戦争と病気だけれど、戦争と病気の一番厳しいところ、人間を壊してしまう暗闇には踏み込まないので、ショックを受けることはないんですね。

      つまり、観客に安全地帯を確保したうえで、泣かせてくれるんです。安全だからこそ、安心して泣ける。不条理な現実に小突き回されて生きる私たちにとって、これほど素晴らしい現実逃避はありませんからね。
      >> 続きを読む

      2018/03/09 by dreamer

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 3.0

      ニコラス・スパークスの原作映画は甘い恋愛とは裏腹に、それとは逆に重いテーマが二人の先に必ず待っている。

      二人の出会いから恋愛に至るまでは実に自然。
      しかしジョンは兵役の休暇であり、二人は遠距離恋愛の形に切り替わる。
      そこから手紙が重要なアイテムとなり、二人の月日は流れていく。

      意外だったのは二人の恋愛模様だけでなく、ジョンと父親の関係も泣き処に加えられている点。
      これがあるおかげでサヴァナの選択が安易に感じ取られてしまった。
      愛の力を試すような映画に仕上がった感じだ。
      >> 続きを読む

      2016/07/26 by オーウェン

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      T^T 自分の過去の恋愛とほんの少しだけ似てるところがあった…出会って恋して2週間後に離れ離れ。寂しくて悲しくて泣いた。
      どんなに時が経っても忘れられないよね。家族は大切に。
      最後がもう少し観たかった!!

      2016/07/10 by hisanocchi

      「親愛なるきみへ」のレビュー

    もっとみる

    親愛なるきみへ
    シンアイナルキミヘ

    映画 「親愛なるきみへ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画