こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴジラVSモスラ

ジャンル: SF , アクション , 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 1992/12/12
製作国: 日本
配給: 東宝

    ゴジラVSモスラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0

       92年のインファント島再訪。環境破壊、飼主の誘拐によって目覚めた怪獣モスラが日本に上陸しゴジラと対決する。VSキングギドラの怪獣大戦争のリメイクに続いて、モスラ対ゴジラの仕立直した作品。
       興行のために現地民を誘拐した「モスラ」、テーマパーク建設のためにモスラの卵を奪い取る企業を描くことで、戦後社会の暴走を描いていた「モスラ対ゴジラ」。それら旧作のテイストを引き継ぎ、高度成長期の余韻がまだ残っていた頃の企業社会の闇を風刺している。
       東南アジアを経済的に支配して半植民地化を果たし、再開発と称して森林を伐採し環境を破壊、目ぼしい遺産があれば墓だろうが人間だろうが本国へとさらっていく日本企業。戦後復興のために正当化されてきた企業の態度が、一億総中流の実現と共に海外へと矛先を変え、なおも拡大しつづけている。その悪行が怪獣を招き、みなとみらいが廃墟と化していく様子は、高度成長期の終わり、バブルの崩壊を風刺しているようで虚しい。(VSキングギドラと同じく、東南アジアを間接侵略するという設定は日本の現状から考えてありえないだろう)
       怪獣の動きも優雅で美しい。東宝プールの波をかき分けながら進む幼虫、国会議事堂に張った眉からゆっくりと翼を広げ、ふわふわと遊覧船のように東京上空を進む成虫モスラはそれまでの怪獣映画にはなかった詩的な雰囲気がある。旧作に習って羽田(仮)から聖なる泉をBGMに飛び立ち、エンドロールに入るラストは東宝怪獣映画随一の美しさを誇っている。
      >> 続きを読む

      2016/01/13 by efnran

      「ゴジラVSモスラ」のレビュー

    • 4.0

      平成に入っての対決シリーズは人気キャラの復活がポイントだが、キングギドラに続いては人気のモスラの登場と相成った。

      インファント島や小美人などの設定はそのままだが、モスラが使命を帯びていたり、幼虫から成虫への脱皮姿も見せてくれる。
      そしてモスラのライバル的存在バトルモスラこと、バトラも表れゴジラを含めての三つ巴の戦いに変わる。

      モスラとバトラの対立や、ゴジラの傍若無人な悪役ぶり。
      みなとみらいを舞台に戦闘シーンは特撮の迫力もありで、最後も上手く纏まっている。 >> 続きを読む

      2016/01/11 by オーウェン

      「ゴジラVSモスラ」のレビュー

    • 4.0

      冒頭からなんちゃってインディ・ジョーンズ。
      ゴジラ、モスラ、バトラの三つ巴戦が展開するがこうなるとゴジラの影が薄く物足りなさを感じる。沢山の要素が含まれていて楽しく観れたが、あまりに盛りすぎて少しあふれているような印象も受けた。
      けどテンポも素晴らしく、さらには迫力もあって良かった。キャッチコピーの「極彩色の大決戦」に偽りはないと思う。それくらいえらいことになっている。なんかビームの乱反射でひっちゃかめっちゃかな感じになってて面白かった。

      メインスクリーンが開いてゴジラの姿が出るまでのシーン、カッコよくて好きだ。 >> 続きを読む

      2015/07/30 by きりゅう

      「ゴジラVSモスラ」のレビュー

    ゴジラVSモスラ
    ゴジラタイモスラ

    映画 「ゴジラVSモスラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画