こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

Ebirah,Horror of the Deep
ジャンル: SF , アクション , 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 1966/12/17
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      ゴジラにエビラにモスラと確かに3大怪獣は出てくるのだが、全部が短い短い(笑)
      モスラに至っては最後だけと、ほとんどゲスト的扱い。
      これでタイトルに名前が出るのだから、誇大広告に近い。

      あまり面白くないのは人間側のドラマがとにかく長いこと。

      それよりもエビラの造形こそ見るべきだ。
      海の怪獣ゆえ必然的にゴジラとも海上での戦いを演じる。
      ここにきっちりとモスラを絡めれば確実に迫力ある仕上がりなだけに勿体ない。
      >> 続きを読む

      2016/01/05 by オーウェン

      「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」のレビュー

    • 3.0

      怪獣バトルは脇をかためる程度で、アドベンチャー要素の高い内容。
      悪の秘密結社が出てくるのもコテコテ感があって良い。だが、やっぱり観たいのは怪獣の暴れる姿!エビラという素敵な怪獣がいるのにバトルが足りない!あとモスラは寝すぎ!さっさと起きろ!

      2015/07/29 by きりゅう

      「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」のレビュー

    • エビラは聞いたことが有りませんでした...

      2015/07/29 by ice

    • あまり有名ではないですね。これ以外には FINAL WARSくらいにしか出てないです。 >> 続きを読む

      2015/07/29 by きりゅう

    • 2.0

      タイトルにモスラとありますが、モスラはちょっとしか出ません。
      というか、活躍するのはほんの僅かで、それ以外はずっと動かないです(笑)。

      内容としては全体的に雰囲気が軽快になり、さらに娯楽色が強まった印象でしたね。

      悪の秘密組織が出てきますが、その幹部が過去のゴジラ作品では、善の側だった人たちなので、その辺りの倒錯具合はなかなか楽しめました。

      登場する怪獣の造形も動きも悪くは無く、それなりですが、何かゴジラ映画を観てみたい、という方には他の作品を薦めますね(笑)。
      >> 続きを読む

      2014/11/25 by 備忘録

      「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」のレビュー

    • エビラって言うのもいるんですか!?
      聞いたことさえ有りません...

      2014/11/25 by ice

    • >というか、活躍するのはほんの僅かで、それ以外はずっと動かないです(笑)。

      こういう作品ってこういう突っ込みどころもなんかほのぼのしますよね(笑)おい!って思いつつ、嫌いじゃない(笑) >> 続きを読む

      2014/11/25 by ただひこ

    • 2.0

      ゴジラシリーズのファンなので、この作品のタイトルは勿論知っていたが、シリーズ中もっとも興味が薄い作品だったと思う。
      その最たる要因は、やはり、「エビラってなんだよ!」というところ。
      今さらエビの怪物が登場したところで、娯楽性が生まれるとは到底思わなかった。
      そして、予想通り、“エビラ”に関しては、ゴジラに対峙する相手としてのインパクトはほぼ無い。

      ただし、映画としてのつくりは、意外な程に真っ当だったと思う。
      主人公たちが偶然流れ着いた孤島で繰り広げるアドベンチャーには、思ったよりもちゃんとした娯楽性があったように思う。
      エビラはもとより、作品の顔である筈のゴジラや、ゲスト出演感が強いモスラを、敢えてストーリーの脇に据え、主人公チームと謎の秘密結社との攻防に主軸を置いた展開が、功を奏していた。

      「南海の大決闘」と銘打ちながらファーストシーンでは恐山のイタコが登場したり、シュール極まりない「耐久ラリーダンス大会」など、善し悪しは別にして変わった味わいがある作品に仕上がっていることは間違いない。

      一方で、雷で復活するゴジラの描写や、意外に悪くはないエビラの造形など、怪獣映画としても決して見応えがないわけではない。
      またシリーズ第一作「ゴジラ」で芹沢博士を演じた平田昭彦が、同役を彷彿とさせる眼帯姿で悪役を演じるなど、配役にも面白さがあった。

      ハードルをグッと下げて観たからという前提は取り除けないし、出来のいい作品ではないが、ゴジラシリーズファンならば決して観ておいて損はない作品であるとは思う。
      >> 続きを読む

      2014/08/01 by tkl

      「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」のレビュー

    ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
    ゴジラエビラモスラナンカイノダイケットウ

    映画 「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック