こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ライヴ

ライヴ
(C)2014「ライヴ」製作委員会
5月10日(土)ヒューマントラストシネマ他ロードショー
1クリック登録
公開: 2014/05/10
監督:
製作国: 日本
配給: KADOKAWA
★イントロダクション★「原作モノ映画」の常識をぶっ壊す!!
この奇想天外アイデア、早くもハリウッドリメイク折衝中!!

ある日突然、愛する家族が拉致された!助けるカギは、実在の小説「ライヴ」にあった?!
超人気作家・山田悠介のベストセラー小説「ライヴ」が遂に映画化!実在の原作小説そのものが、映画の攻略本として登場するという、奇想天外なストーリー!主演に抜擢されたのは「海賊戦隊ゴーカイジャー」でお茶の間の女性を虜にした、山田裕貴。ヒロインには「あまちゃん」のアイドル役で国民的話題を呼んだ、大野いと。次代を担う超新星から、個性派、ベテランまで幅の広過ぎるキャスティング!さらに、人気雑誌CanCamのCMソング「女の子は泣かない」で注目されるシンガーソングライター、片平里菜が初の映画主題歌を手掛けるなど、フレッシュで賑やかな面々が顔を揃えた。
世界的奇才・井口昇監督が自身のキャリアの到達点と豪語。かつての角川映画にありったけのオマージュを捧げ、ハラハラドキドキと甘酸っぱい青春感を共存させた、奇想天外エンターテインメント大作がここに誕生!数多あるデスゲーム映画をはるかに超えた、予想を裏切りまくる驚愕のクライマックスが待ち受ける!!
突然、謎の男から届けられた一冊の本、山田悠介のサスペンス小説「ライヴ」。

★ストーリー★うだつの上がらないフリーター・田村直人のもとに、ある日突然、謎の男から一冊の小説が届く。同時に母親が拉致監禁された動画がケータイに…。「助けて欲しければ小説の内容をヒントにレースを完走しろ」。直人は困惑しつつも謎の男が指定した場所へと向かってみる。そこには、同じく家族や恋人を拉致された人々が山田悠介の小説「ライヴ」片手に集っていた。この状況は一体なんだ?とりあえず小説を読みながら走り出す直人たちだったが、そこに待ち受け構えていたのは想像を絶する謎と狂気のデストラップだった!! 果たしてゴールまで辿り着けるのか、愛する家族を救えるのか、そして謎の男の正体と目的とは―。
>> 続きを読む

    【原作】山田悠介(「ライヴ」KADOKAWA/角川書店) 【監督・脚本】井口 昇 【出演】山田裕貴(「スターマン・この星の恋」「GTO」「海賊戦隊ゴーカイジャー」)、大野いと(「あまちゃん」『偉大なるしゅららぼん』)、森永悠希(『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)ほか 【主題歌】片平里菜「あなた」作詞/作曲:片平里菜(ポニーキャニオン) 【エグゼクティブプロデューサー】井上伸一郎 【製作】安田猛、小沼修 【企画】菊池剛 【プロデューサー】二宮直彦、三浦宏之 千綿英久 【ラインプロデューサー】涌田秀幸  【協力プロデューサー】福井真奈 【特殊造型監督】西村喜廣【VFXスーパーバイザー】鹿角剛【音楽】福田裕彦【撮影監督】長野泰隆(JSC)【照明】児玉淳【録音】高島良太【美術】池田正直【衣裳】吉田実穂【ヘアメイク】リョータ【特殊造型・特殊メイク】石野大雅【アクション監督】カラサワイサオ【整音】吉田憲義【効果】渋谷圭介【編集】和田剛【助監督】水波圭太【制作担当【野村邦彦【製作・配給】KADOKAWA

    ライヴ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 2.0

      無駄なお色気、容赦ないスプラッター、ゆるい展開と井口ワールド全開の作品。一緒に鑑賞した知人(原作ファン)は呆然としていたが、井口ファンとしては、まあ、いつもの感じだねって。

      2015/08/27 by 二階堂

      「ライヴ」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ライヴ
    ライブ

    映画 「ライヴ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画