こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

大地のうた

Pather Panchali
ジャンル: ドラマ
公開: 1966/10/11
製作国: インド
配給: 東和=ATG

    大地のうた の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      傑作。映画的なエモーションに満ち溢れている。

      やはり自分は、映画に関しては、スタティックなものより、動的なものを求めてしまうようだ。

      この映画について語り出せば、些細なことでもネタバレになってしまう。

      ただ、残念なのは、自分が観たDVDは、故淀川長治氏の解説がついており、それが壮大なネタバレになっているから。ちょっと犯罪的と言える。

      それは飛ばして、本編のあとに観ることを勧めます。

      それにしても、自分は映画を観る眼を、ヨドチョー氏に養われたのではないか、と錯覚するほど、シンクロしてしまう(ネタバレの恨みは残る)。

      それでは、みなさん、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。
      >> 続きを読む

      2019/11/06 by かんやん

      「大地のうた」のレビュー

    • 4.0 切ない

      名作。

      見ているとなんとなく心が落ち着いてくる。

      見終わって何日か経ったあと、余韻がじわじわと広がってきて、ああいい映画だったなあと思わせてくれる。

      そして、自分の来し方行く末に思いをめぐせようと海岸を一人で散歩したくなる。

      そんな映画です。

      観ることがひとつの経験となる映画。
      だからなるべく余計な解説を読まずに直接接した方がよい。
      あらすじを知ってしまうと、せっかくの機会を損なってしまうと思う。
      >> 続きを読む

      2018/12/29 by Raven

      「大地のうた」のレビュー

    • 4.0

      生と死や自然の流れを上手に捉え、ささやかに且つ鮮明に描いていた。淡々とした空気だが、そんな中でも脈々と映像の息吹を感じる。父と母と娘に親戚の老婆、そして生まれてくる弟。貧乏ながらも健気に生活を送る家族のやりとりはどこか遠い記憶を想起させる。

      雨や風、虫に動物、そして人。そういった普遍的な風景を綺麗に、ときに残酷に映している。水面の小さな波紋とか、スイスイ泳ぐアメンボとか、さらさらと揺れるすすきとか。誰も住んでないボロボロの家に蛇が入って行くシーンはとくに好きだ。映像で詩を表現してるみたいだった。

      2015/10/06 by きりゅう

      「大地のうた」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    大地のうた
    ダイチノウタ

    映画 「大地のうた」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画