こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スローターハウス5

Slaughterhouse-five
ジャンル: SF , ドラマ , 戦争 , アクション
公開: 1975/04/12
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル映画=CIC

    スローターハウス5 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「スローターハウス5」は、現代アメリカ文学を代表するカート・ヴォネガット・ジュニアが、1969年に発表した彼の戦争中の体験に基づく、半自伝的なSF小説の映画化作品だ。

      そして、この作品は、人生の不条理、戦争の残酷さが、時にはアイロニーを込めて、ファンタスティックに描かれているのです。このジグソー・パズルのような複雑な構成の原作を、「明日に向って撃て!」「スティング」の名匠ジョージ・ロイ・ヒル監督が、類まれなる卓抜した演出で映像化した傑作だと思う。

      原作の小説は私の愛読書の1冊ですが、この原作小説は、複雑な構成をとっていますが、映画もまたその構成に沿い、過去、現在、未来や場所を超えて自在に飛び交っていると思う。

      第二次世界大戦に出征し、戦後は実業家として成功、一見平凡な生活を送るビリー・ピルグリム(マイケル・サックス)。だが彼は、時空を超えて自由に過去・現在・未来を行き来できる超能力を持っていた。しかも、彼が常に立ち戻るのは、第二次世界大戦中に、遭遇したドレスデンの無差別攻撃。そこでの悲痛な体験が彼の人生を決定したのだ。

      子供の頃、父親からプールに突き落とされ、無抵抗主義ゆえに水の中に沈んだビリー・ピルグリム。若い日に見た野外劇場の踊子。ベルギー戦線でドイツ軍の捕虜となり、屠殺場(スローターハウス)へ移送される途中、凍傷にかかったアメリカ兵の足を踏み、それが原因で彼を死なせ、これを目撃したラザロ(ロン・リーブマン)につきまとわれることになる。その後、ドレスデンの収容所が連合軍の空襲を受け、町は一変したが、彼は助かったのだった------。

      戦後、事業家の娘ヴァレンシア(シャロン・ガンズ)と結婚し、家まで贈られて優雅な生活を送り、中産階級の一員として大成功したのだった。ヴェトナム戦争に出征した息子が、立派な兵士となり、ビリーは冷ややかに見つめるのだった。

      飛行機が山に激突し、ビリーは重傷を負い、妻は半狂乱の末、車の衝突で死んでしまう。そして、ビリーもラザロに射殺され、二百億後年のかなたのトラルファマドア星で、若き日に野外劇場で見た女モンタナ(ヴァレリー・ペリン)と戯れている。

      時間的な配列を追えば、このようになりますが、これを、時空を飛躍する悩みをタイプに打ち続ける彼を現時点に据え、大胆に配列しているのです。むろんその核になっているのは、戦場での悲痛な体験であり、その体験を重く背負った主人公の姿なのだ。

      だが、未来における彼は、光明の中にいる。そのあたりに、過去に取り憑かれながら、光明の未来を追うジョージ・ロイ・ヒル監督の共通の主題が見い出されるような気がします。

      また、この映画の音楽はバッハの「ブランデンブルク協奏曲」などをグレン・グールドの編曲により使用していて、実に素晴らしかったと思う。
      >> 続きを読む

      2017/10/18 by dreamer

      「スローターハウス5」のレビュー

    • 3.0 クール

      原作が大好きなこともあり(というかカート・ヴォネガットの作品はほとんどが好き)、
      本作をチェック。

      ふーむ、なるほどなるほど。

      これはなかなか悪くない作りです。
      映像としての見せ方や構成に工夫がありますし。

      うわさによると、原作者が「小説より良く出来てる」と評したとかなんとか。
      >> 続きを読む

      2016/07/11 by 備忘録

      「スローターハウス5」のレビュー

    • 3.0

      ジョージ・ロイ・ヒルがこういう類の作品も作っていたとは思いもしなかった。
      戦争ものとも言えるし、人間ドラマとも言えるし、あるいはコメディとも捉えられる。

      現代でいえばチャーリー・カウフマンやミシェル・ゴンドリーが監督しそうな。
      つまりは要約不可能なジャンルだ。
      明らかに死の状態が待っているかのような構成だが、それをはぐら返す場面転換の多彩さ。

      ドレスデン爆撃など事実を絡めて描きながらも、ラストは人を喰ったかのように唖然とさせる。
      丁度「時計仕掛けのオレンジ」を観たときのような。
      好き嫌いははっきりと分かれると思うが、この構成は面白いと思う。
      >> 続きを読む

      2015/04/29 by オーウェン

      「スローターハウス5」のレビュー

    • 映画通好みという雰囲気でしょうか。
      私にはまだ早いかな。。

      2015/04/29 by sunflower

    スローターハウス5
    スローターハウスファイブ

    映画 「スローターハウス5」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画