こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ゴジラ

Godzilla
ジャンル: 特撮 , 特撮・戦隊・ヒーロー
公開: 1954/11/03
製作国: 日本
配給: 東宝

    ゴジラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 5.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      1954年にアメリカが、南太平洋で水素爆弾の実験を行ったことは、日本人には深刻な影響を引き起こした。

      新藤兼人監督は、この実験の放射能の灰を浴びた、日本の漁船の乗組員が、放射能障害で死んだことをセミ・ドキュメンタリー的に再現した「第五福竜丸」を作ったし、黒澤明監督は、放射能の灰の被害の一番届きにくい所に逃げようとする男の悲劇を描いた「生きものの記録」を作った。

      そしてもうひとつ、インドネシアとの合作映画のプランを持って、南太平洋を飛行機で飛んだ東宝のプロデューサーの田中友幸は、水爆実験の衝撃によって、この海底に眠っている古代の恐竜のような怪獣が、眼を覚まして東京に襲って来る、という物語の骨格を思いついたと言われている。

      それはクジラのように巨大で、ゴリラのように恐ろしいものでなければならない。
      かくして「ゴジラ」が生み出される。

      この怪獣、飛行機や銃砲の攻撃を物ともしないところは、大先輩のアメリカ映画「キング・コング」の延長拡大であるが、口から放射能の炎を吹きつけるところが新手であり、さらにエンパイヤ・ステート・ビルをよじ登ったキング・コングとは違って、一挙手一投足で東京の街々を破壊していく。

      第二次世界大戦で、自国への空襲を経験しなかったアメリカと経験した日本の違いと言うべきか。
      都市など一夜にして破壊するものであることを、戦争を体験した日本人は知っている。

      この東京大破壊こそが、この映画のスペクタクル性であり、これがチャチなものだったらどうしようもないのだが、特殊撮影を担当した円谷英二は、手の込んだ精巧な職人技で、東京の中心街を再現し、それをかなりの程度まで本当らしく、破壊してみせることに成功していて、これはまさにミニチュア作製の勝利だと思う。

      この作品は、日本映画としては海外で最も良く稼いだもののひとつとなり、引き続き手を替え、品を替えて各種の怪獣ものが作られた。

      もっとも最初は、大人も怖がったのだが、次第に子供っぽい見世物映画になり、まもなく子供しか見ないものになり、それがしばらく続くことになる。

      しかし、なかには、初期において佳作と言えるものもあったと思う。
      愛すべき可愛らしい怪獣を作り出した「モスラ」や、恐るべき怪鳥が福岡の市街を破壊した後、阿蘇山の火口に落ちていくところに、何とも言えない悲愴美さえ感じさせた「空の大怪獣ラドン」などだ。

      そして、怪獣ものの副産物として、何本か怪奇映画も作られたが、人間がきのこの化け物になっていく「マタンゴ」や、人間が液体化する「美女と液体人間」などは、なかでは不気味な面白さを持っていたと思う。
      >> 続きを読む

      2020/05/30 by dreamer

      「ゴジラ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      日本の怪獣映画の元祖

      期待度★★★★☆

      初代は俺が想像してるゴジラより目が大きくて童顔だった
      フリゲートマーチとゴジラのメインテーマは忘れられないBGMになった
      暗くて顔が見えにくい分怖い >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「ゴジラ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      『シン・ゴジラ』を観た後、昨年録画していたものを視聴。
      見るのは20年以上ぶりか。

      水爆実験を受けての面よりも、これまで考えたことがなかったが、先の大戦の敗戦から10年も経たない内に制作・公開された映画なのだな、という面を強く感じた。
      あらゆる場面で。
      これは『シン・ゴジラ』が同様に先の大震災より数年で公開されたことを受けてのものなのだろう。

      それと、「ゴジラが怖い」「夜のシーンがやたら多い」みたいなのはハッキリ覚えていたけど、電車のシーンや恵美子の魔性的な部分などはスッカリ忘れていた。
      芹沢博士を落としたのは恵美子の色気。

      そして、63年前の世の中は、本当にゆったりしていたんだなと、映画の主旨とは別の感想も抱いたのだった。
      >> 続きを読む

      2017/11/23 by susumiya

      「ゴジラ」のレビュー

    • 5.0

      シン・ゴジラで初めて「ゴジラ」を見た。かつてのゴジラシリーズの続編ではないため見なくても支障はないが、私の興味スイッチが入ってしまったため、まずはこれだろうと見てみた。
      面白い!面白いけど、戦後間もない当時の人達はこれをどんな気持ちで見たのだろうかと考えると辛い。復興を阻むものを倒すという意味において、逆に元気をもらったのかな。
      シン・ゴジラでは「大戸島の呉爾羅伝説」そのものは関係なかったと記憶しているが、「呉爾羅」を確認できたのが良かった。

      2016/08/27 by aya5150

      「ゴジラ」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      シン・ゴジラを観て面白かったので第一作目を鑑賞。
      基本的な構成はシン・ゴジラと同じ。いや、シン・ゴジラが同じか・・・。

      反戦・反核を訴え、戦争に利用された科学者達の苦悩と探求心を描いている。
      どのような背景でゴジラは生まれたのか?じっくり考察していきたい。

      とりあえず今月は「ゴジラ月間」。

      ゴジラ全作品を観ようと思う。
      >> 続きを読む

      2016/08/09 by せんだい

      「ゴジラ」のレビュー

    • そんなに沢山あるのですね。シンゴジラの評判を聞いては気になっています。

      2016/08/09 by mhk

    • ハリウッド版も含めると30作はあるようですが、
      シン・ゴジラはこれまでの続編ではないので、ゴジラシリーズを観たことの無い人の方が、楽しめますよ。
      >> 続きを読む

      2016/08/09 by せんだい

    もっとみる

    ゴジラ
    ゴジラ

    映画 「ゴジラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画