こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

レッド・オクトーバーを追え!

ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ホラー , SF , アクション
公開: 1990/07/13
製作国: アメリカ
配給: パラマウント=UIP

    レッド・オクトーバーを追え! の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      一言感想「重厚な潜水艦映画」

      分類:軍事映画、サスペンス映画
      タグ:潜水艦、冷戦、アメリカVSソ連、亡命、CIA、「ジャック・ライアン」シリーズ、原作小説

      「ジャック・ライアン」シリーズなら、『今そこにある危機』は鑑賞済みだ。
      また、『パトリオット・ゲーム』も観たいなぁ、と常々思っている。
      そんな中、本作も同シリーズの一作品とは知らなかった。
      たぶん理由はハリソン・フォードが演じていないからだと思う。
      初代ジャック・ライアンはアレック・ボールドウィンなのだが。

      本作について。
      鑑賞前の印象は、潜水艦の小難しそうな軍事映画。
      それは鑑賞後も変わりなく。

      冷戦時代のソ連からアメリカ合衆国への亡命を画策する潜水艦艦長と上層部たち。
      本国にバレず、アメリカにバレず、乗組員にバレないようしながら計画を進めていく。
      そんな中ただ一人、CIAの分析官であるジャック・ライアンは艦長の意図を読み解く。
      計画を知っていることを艦長に伝え、アメリカへの亡命を手助けするのだ。

      物語展開もスピーディーで面白く、俳優陣もかなりいい。
      アレック・ボールドウィンはこの頃、弟のウィリアム・ボールドウィンと顔がかなり似ているから、ダラス艦長と二人で並んでいると『バックドラフト』的に趣深い構図になっている。
      サム・ニールは「モンタナが~」とずっと言い続けているが、『モンタナの風に抱かれて』を考えると「安心して、行けるから!」と思ってしまう。
      ショーン・コネリーについてはやっぱりいい。
      CIAというか、アメリカ合衆国側に計画がばれていることを知った時の顔なんか最高。
      また、『ホーム・アローン2』のホテルマンもいい味を出していた。

      一部だけど、ロシア語喋っていたこともすごいなぁ、と思う要点の一つ。
      ロシア人を演じた役者さんはゲイリー・オールドマンやケイト・ブランシェットなどなど、やっぱり実力派俳優ばかりだもの。
      エルフ語をそつなくこなしてしまうようなベテラン俳優じゃないと、ロシア語ってやっぱり難しいのかな?
      ロシア語は全くわからないから、流暢にに話せているか知らないけど。
      ハリウッド大作だから手は抜いてないと思う。

      ところで一点気になったこと。
      本作はジャック・ライアンとロシア人艦長の意思疎通の上で亡命を成し遂げる英雄ものの話として描かれているけれど、それはアメリカ側の目線だよね。
      ソ連のことは嫌いだけど、ソ連側からしたら売国奴もいいとこじゃないか?
      だって潜水艦の情報ごとアメリカに渡しちゃうんだもの。
      乗組員たちは艦長が亡命することを目的としていることを知らずに、「艦と共に」という信念を選んでアメリカと戦っていると信じている。
      それを滑稽に描いているが、かなり気の毒だと思う。

      それでも、作品の作られ方や映像等含めて、かなりいい作品です。
      すごくアメリカ映画らしい。
      早く他のジャック・ライアンシリーズも観たいなぁ。
      >> 続きを読む

      2020/01/30 by ひかる

      「レッド・オクトーバーを追え!」のレビュー

    • 評価なし

      ジャック・ライアンシリーズ第1作。ソ連の最新原子力潜水艦レッド・オクトーバーがアメリカ東海岸へ接近。攻撃か、それとも亡命なのかの真意を探るため、ライアン(ボールドウィン)は、艦長ラミウス(コネリー)に接触しようとするが…。

      原題: The Hunt for Red October

      2019/12/07 by Silencer

      「レッド・オクトーバーを追え!」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      面白かった。ショーンコネリーとスコットグレンがとにかく格好良い。アメリカvsソ連、レッドオクトーバーを譲ってからの共闘、ライアン(アレックボールドウィン)の推理と交渉。見所沢山の良い映画でした。 >> 続きを読む

      2018/05/13 by kajika

      「レッド・オクトーバーを追え!」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネットで視聴(英語字幕)

      トム・クランシーの人気小説「レッド・オクトーバーを追え」をショーン・コネリー主演で映画化した作品。
      原作は読んでいたが、映画は観ていなかった。
      読んだのはずいぶん昔なので、ストーリーはほとんど忘れていたが、面白い作品ということは覚えていた。

      映画の方もデキがよく、やっぱり最後の展開にはびっくり。
      潜水艦映画としては、「Uボート」に並ぶ上質の作品。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by Raven

      「レッド・オクトーバーを追え!」のレビュー

    • 3.0 クール

      テレビ放送を録画して視聴

      アレックボールドウィンが若い
      そして当時は演技がイマイチ
      この後、ジャックライアンシリーズはキャストがハリソンフォードに
      変更されてしまうのも致し方のないところか…
      冷戦時代の緊張感を描いた作品ですが
      アメリカ礼賛すぎてここまでいくともはやコメディー感が否めない…
      しかし、ショーンコネリーの凄腕艦長ぶりはさすが!
      >> 続きを読む

      2017/06/18 by YSL

      「レッド・オクトーバーを追え!」のレビュー

    もっとみる

    レッド・オクトーバーを追え!


    映画 「レッド・オクトーバーを追え!」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画