こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラックブック

Zwartboek/Black Book
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , 戦争 , アクション
公開: 2007/03/24
製作国: イギリス , オランダ , ドイツ , ベルギー
配給: ハピネット

    ブラックブック の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0

      第二次世界大戦末期。「戦争」の只中で、人間の善悪の境界を渡り歩く一人の女。
      絶望と、虚無と、断末魔を幾重にも折り重ねて辿り着いた彼岸で、彼女は何を思ったのか。

      「苦しみに終わりはないの?」

      終盤、主人公はそう言い放ち、それまでの人生で最大の絶望に覆われ、慟哭する。
      その後に展開される更なる絶望と残酷のつるべうちが凄まじい。
      裏切り、恥辱、怨み、復讐、そして新たな争乱……。
      それは、主人公の“クエッション”に対する、監督の取り繕いのない“アンサー”だったように思う。
      そう、「苦しみに終わりはない」のだ。

      あまりに取り繕いもなければ、救いもない潔いその返答に対して、主人公も、観客も、逆に絶望すら感じていられなくなる。
      突き付けられた「人間」と、この「世界」の本質を目の当たりにして、どうしようもなく愚かに感じると同時に、それでも「生きる」ことしか我々に許された術はないということを解し、清々しさすら感じてしまう。

      そういうことを、この映画の主人公は、実ははじめから直感的に理解していたからこそ、悲しみと恥辱に塗れながらも、「生きる」というただ一点に集中し、その中で喜びや愛さえも育んでいけたのだと思う。


      いやあ、なんて「面白い」映画なのだろう。

      現実を礎にした悲惨極まる重厚な物語を、ただ重苦しく描くのではなく、映画という娯楽の真髄を刻みつけている。
      時に残酷に、時にエキサイティングに、時に情感的に、時にユーモラスに、圧倒的に「面白い!」映画世界に圧倒される。
      ハリウッドから本国オランダに帰り、「本領」を見せつけたポール・ヴァーホーヴェン監督の気概が本当に素晴らしい。

      そしてその偏執的な変態監督の演出に応えた俳優たちもみな素晴らしい。
      主要キャラクターから端役に至るまで、キャラクターの一人ひとりの存在感が立っていて、それぞれが“良い表情”を見せる。

      その中でも、主演女優カリス・ファン・ハウテンの文字通りに体と心を張った演技は、言葉では言い尽くせない。
      家族の血を浴び、反吐を吐き、陰毛を染め、糞尿を浴び、それでも誰よりも美しく、高らかに歌い上げる。
      この世界で生きるということはこういうことだという、「真理」を語る映画史上に残る女性像を体現している。

      また、主人公エリスの存在感は、日本のアニメーション映画「この世界の片隅に」の主人公“すず”と重なる。
      この二人は、まさに“同じ時代”を生きている。劇中の描写から察するにほぼ同じ年頃ではないだろうか。
      残酷な時代と運命に翻弄されつつも、どこか飄々として、芯の強い女性像の類似。
      その興味深い類似性は、過酷な時代を一人の女性が「生きる」ということを物語る上で欠かせないファクターの表れなのだろう。


      動乱のさなか、時流の変化によって“変色”するかの如く、人間の表裏の表情には善と悪の両色が無様に入り混じる。誰もが善人にもなれば、悪人にもなれる。
      「戦争」は、勿論愚の骨頂であり、“悪”以外の何ものではない。
      しかし、いくら綺麗事を並べ立てても、それを繰り返し続ける「人間」自体の本質的な“おぞましさ”から目を背けてはならぬ。
      ポール・ヴァーホーヴェンがこの映画に描きつけたものは、まさしくそのすべての人間が背けたくなる「視点」そのものなのだと思った。
      >> 続きを読む

      2017/09/20 by tkl

      「ブラックブック」のレビュー

    • 4.0

      思った以上に秀作。よくひねってあるストーリーだった

      2015/10/31 by kaiteru

      「ブラックブック」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ クール

      ロボコップ、トータルリコール(シュワちゃん版)、氷の微笑のポール・バーホーベン監督作品。
      本作はSFではなく、実話を元にした第二次世界大戦下のポーランドを舞台にした作品です。
      ナチスとレジスタンスの攻防の狭間で、ユダヤ人としてスパイ活動をするヒロイン。
      ナチスが敵役だけではなく、レジスタンス内での裏切りもあり、誰が見方なのか、最後までわかりません。
      戦時下のユダヤ人迫害を扱った作品ではありますが、
      質のいいサスペンスでもあります。
      とにかくラストまで目が離せません。
      本作はFacebookの映画サークルの投稿で知り、早々にレンタルして観ました。
      主演女優のカリス・ファン・ハウテンが惜しげもなく裸体をあらわにし、体当たりの演技をしています。
      >> 続きを読む

      2015/06/09 by YASUU

      「ブラックブック」のレビュー

    • 4.0

      これは驚いた。まさかバーホーベンが第2次大戦を描こうとは。

      とはいっても終戦間近の時代。ナチとユダヤの関係に終わりは見えない。
      その中である一人の女性に焦点を当てる。

      家族を殺され一人生き延びた女性がレジスタンスによって救われた。
      そこから復讐へと走っていく物語。

      やはりバーホーベン作品には女性は欠かせない。
      そしてお決まりのエロ描写ももちろんある。

      どのように大戦とエロが絡むかと思えば色仕掛けを武器にしたり、グロイ描写も戦争の悲惨さと絡める当たりはバーホーベン恐るべし(笑)
      >> 続きを読む

      2015/03/07 by オーウェン

      「ブラックブック」のレビュー

    • >どのように大戦とエロが絡むかと思えば色仕掛けを武器にしたり、グロイ描写も戦争の悲惨さと絡める当たりはバーホーベン恐るべし(笑)

      どんな映画でも自分の道を突き進むんですね(笑)
      >> 続きを読む

      2015/03/07 by ただひこ

    ブラックブック
    ブラックブック

    映画 「ブラックブック」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画