こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

幻影師アイゼンハイム

The Illusionist
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2007/05/24
製作国: アメリカ
配給: デジタルサイト

    幻影師アイゼンハイム の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ

      映画というものそのものがイリュージョン

      まずまずおもしろかった。
      主演のエドワード・ノートンはカリスマ性があってピッタリだったしポール・ジアマッティ演じるウール警部の役どころもいい。
      悲恋や嫉妬、暴君などの物語としたらありきたりなんですが幻影師ってところにファンタジーを見せてくれる。
      そのイリュージョンというよりも人気によって民衆に崇められていく部分が良い。
      「プレステージ」のときも思ったけどイリュージョン自体がCGだろってシラケちゃう(^_^;)

      (~allcinema)
      ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説を「レッド・ドラゴン」「25時」のエドワード・ノートン主演で映画化した幻想ミステリー・ロマンス。
      19世紀末のウィーンを舞台に、身分の差ゆえに一度は諦めた初恋の女性を巡って、一人の天才幻影師が自らの奇術を駆使して時の皇太子に果敢に立ち向かう姿を、妖しくも格調高く描き出す。
      共演はポール・ジアマッティ、ルーファス・シーウェル、ジェシカ・ビール。
      監督はこれが長編2作目の新鋭ニール・バーガー。
       
      19世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中、天才と評され絶大な人気を集める幻影師、アイゼンハイム。
      ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルドが観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招いたアイゼンハイムは、彼女が幼なじみのソフィと気づき動揺する。
      かつて2人は互いに愛し合いながらも、階級の壁の前に引き離されてしまったのだった。
      そんなアイゼンハイムは王宮に招かれた際、皇太子の前で挑発的な態度に出る。
      これに逆上した皇太子は、自らに仕える警部ウールにアイゼンハイムの追い落としを命じるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/05 by motti

      「幻影師アイゼンハイム」のレビュー

    • この作品はホントに大好きです♪

      2018/10/05 by ice

    • 4.0 切ない ハラハラ

      幻影師と名は付いているが、奇術師と似たようなものと捉えれば話は分かりやすい。

      この映画に波は2つある。まさかの中盤の展開とラスト。
      この手の映画にはありがちなどんでん返しが嫌味なく納得させる。

      種明かしには意味がないとのマジシャンの言葉は真実味がある。

      エドワード・ノートンがまたしても名演を見せる。
      幻影師の飄々としたやり取りと、忘れてしまった恋人と出会うときの表情を使い分ける。
      ジアマッティのとぼけた味わいも面白い。

      原題から見れば幻影師はマジシャンとは違うのだとよく分かる。
      >> 続きを読む

      2015/03/01 by オーウェン

      「幻影師アイゼンハイム」のレビュー

    • この作品のラストに分かるトリックがナイスですね!!

      2015/03/02 by チャミー

    • お気に入りの映画を問われると、必ず答えに含めている作品です。

      期間を置いて、また観るのを楽しみにしています♪ >> 続きを読む

      2015/03/02 by ice

    • 5.0 ハラハラ 元気が出る

      圧倒的なテクニックを持つマジシャンと貴族の娘の身分違いの恋。

      ストーリーもイリュージョン。心から素敵な映画だと思う。

      主役のエドワード・ノートンが何ともスマートなマジシャンに適役で、全編を通して優しく洗練された雰囲気に満ちている。

      考えてみれば当たり前なのだが、映像効果を駆使することが出来る映画というメディアでは、どんな不思議なマジックでも表現することが出来る。
      現実世界では実現不可能なマジックかもしれないが、作品の中では素直に受け入れられた。

      ベースの設定はロミオとジュリエット的な、身分差の有る恋という話なのだが、ここに施したイリュージョニストという味付けが効き、あったかい気持ちになれる素敵な作品に仕上がっている。

      何故か少し気恥ずかしいような気もするが、好きな映画は?と問われると必ず回答に含めるお気に入りの作品となった。

      願わくば、ヒロイン役の女優がもっと好みだったらと思ってしまう。
      >> 続きを読む

      2014/02/17 by ice

      「幻影師アイゼンハイム」のレビュー

    • ヒロインが可愛いかどうかって重要ですよね(笑)

      2014/02/18 by milktea

    • >好きな映画は?と問われると必ず回答に含めるお気に入りの作品となった。

      すごい!気になります!! >> 続きを読む

      2014/02/18 by ◆空太◆

    幻影師アイゼンハイム
    ゲンエイシアイゼンハイム

    映画 「幻影師アイゼンハイム」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画