こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジェイン・オースティンの読書会

The Jane Austen Book Club
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2008/04/12
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    ジェイン・オースティンの読書会 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      オースティンを読んだ事は無いですが、小説に映画登場人物達が投影されていることは理解できるし皆の行末も気になるのでまあまあ最後まで楽しめました。オースティン作品と読書感想を述べるサークルを通し様々人生について問題提起され、結構ハードな出来事がおきたりもするけど暗く深刻にはならず淡々とすべて納まるところに納まり四方八方ハッピーエンドでよかったです。最後にバーナデットが億万長者と7回目の再婚を果たしたのにはさすがに「出来過ぎやろ!」とツッコまずにはいられませんでしたけど笑。わたしもがんばんべーと思いました。女優陣良いっす。wowow録画 >> 続きを読む

      2020/03/10 by オムライス

      「ジェイン・オースティンの読書会」のレビュー

    • 2.0

      とくに見る必要はない。
      音楽は良い。

      2019/02/12 by taku

      「ジェイン・オースティンの読書会」のレビュー

    • 2.0

      "言いたいことはわかるけど自己中人物だらけで誰にも共感できないうちにおさまるところにおさまってなぜかハッピー?エンドで終わってる"類の映画です。教師が教え子との不倫を思いとどまるシーンもチープで苦笑。

      2015/12/16 by Chihoish

      「ジェイン・オースティンの読書会」のレビュー

    • 3.0

      悩めるおネエさまたちが集う読書会。テーマはジェイン・オースティン。彼女の著作を読んだこと無いと辛いかな?とも思っていましたが、最後まで見た感想では、知っているに越したことはないけれど、知らなくてもさほど苦になりませんでした。基本、女性向け。それも20代中後半以上。30代、40代が一番のターゲットかも。おネエさま向けのおとぎ話という側面もありますが、テーマは割りと真剣な恋愛論、人生論、人間観、女性観?ちょっぴり入り組んだ恋愛模様、人間模様。私は男だけど、この手の作品嫌いではないので拝見。序盤はどうかな~と思って見ていましたが、中盤ぐらいから面白くなりました。最後はまあ、丸く丸く…。『旅するジーンズ…』シリーズがありましたが、あれの大人バージョンかも。 >> 続きを読む

      2015/06/28 by ぴぐじい

      「ジェイン・オースティンの読書会」のレビュー

    • 3.0

      ジェーン・オースティンといえば「高慢と偏見」や「いつか晴れた日に」などの原作者だが、映画はその原作を読んでの感想をディスカッションする面々。
      通称が読書会。

      実際行われているらしいが、要はオフ会みたいなものか。

      ここで面白いのは現実の失恋や恋のときめきを、原作に被せている点。
      そうすることによって読書会の会話が弾んでいく。
      だが困ったことに既読している状態で進んでいくため、見ていない原作の場合話についていけなくなる。

      女性が読む原作のためか、ずいぶんと男性が凝り固まったキャラになっている。
      そのため都合よくラストがまとめられた印象を受ける。

      残念ながら原作映画化の作品よりも面白いとはいえない。
      >> 続きを読む

      2015/04/09 by オーウェン

      「ジェイン・オースティンの読書会」のレビュー

    • やはりここに登場する本を知らずに観たら面白さ半減なのですね。なかなか敷居の高い映画ですね(笑) >> 続きを読む

      2015/04/10 by milktea

    もっとみる

    ジェイン・オースティンの読書会
    ジェインオースティンノドクショカイ

    映画 「ジェイン・オースティンの読書会」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画