こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

セッション

WHIPLASH
セッション
© 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
4月17日(金) TOHOシネマズ 新宿(オープニング作品) 他 全国順次ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2015/04/17
製作国: アメリカ
配給: ギャガ
INTRODUCTION

2014年2月、サンダンス映画祭─その映画を観た口うるさい映画マスコミは、
総じて言葉を失い、次の瞬間、「大胆」「危険」「熱すぎる」とほとんど悲鳴に近い称賛を口にした。
見事グランプリ&観客賞のW受賞でバズは一気に沸騰!
この熱狂はたちまち世界へと広がった。

STORY

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの
常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。
浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。
恋人、家族、人生さえも投げ打ち、
フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。
>> 続きを読む

    監督 デイミアン・チャゼル CAST マイルズ・テラー『ダイバージェント』/J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』 STAFF 【脚本】デイミアン・チャゼル

    セッション の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全63件
    • 5.0 ハラハラ 元気が出る

      嵐を呼ぶ男(違)


      ジャズ好きが揚げ足とったりして難癖つけたくなる内容とのことだけど、そういう楽しみ方じゃありません。

      スポ根ドラマです!

      そしてその師弟関係が「セッション」なところがミソ。
      ラストのぶつかり合い、掛け合いはまさにセッションたらしめる展開!

      ただでさえ音楽って感動するものなんですから、この映画を見て魂を揺さぶられることは至極必至!!

      ドラムという楽器はリズムはもとよりアクション的にアツい躍動感があって良いよね。

      (allcinema解説)
      一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。主演は「21オーバー 最初の二日酔い」のマイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。
      偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。それでも頂点を目指すためと、罵声や理不尽な仕打ちに耐え、フレッチャーのイジメのごとき指導に必死で食らいついていくニーマンだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/11 by motti

      「セッション」のレビュー

    • 3.0

      (メモ)
      2016/07/24

      2018/09/20 by りん。

      「セッション」のレビュー

    • 4.0

      飛行機で鑑賞。ハゲ親父が本当の意地悪なのか、音楽のためにやってることなのかわからないほど厳しい。持ち上げて落とすリズムが激しく何度も繰り返すそのギャップが残酷すぎて見入ってしまった。

      2018/08/19 by 桃猫バラ

      「セッション」のレビュー

    • 3.0

      銀幕短評(#45)
      「セッション」

      2015年、アメリカ。 1時間46分。
      総合評価 70点。

      有名音楽大学の男子一年生が、校内精鋭の大編成ジャズバンドのレギュラー ドラマーとしてメンバーに抜擢されるスポ根ストーリー(ビッグバンドはスポ根だ)。冷酷な指導教授の 口汚いののしりを極めるきびしい指導のもと、刻苦を重ね修練する。彼の音楽と恋愛は 果たしてうまくいくのか?

      本作はアカデミー賞、助演男優、編集、録音の3賞を受けている。音楽演奏への狂気じみたのめり込みをうまくとらえて目が離せないが、師弟の情熱の最後の結末がストーリーとしてはやや破綻している。教授の助演賞はうなずけるが、ひとりだけ浮わついた感も否めない。

      全体として優れた音楽映画で とても見ごたえがあるが(カタルシスを感じさせる)、スポ根ものとしてみると「ちはやふる」(#24、81点)に軍配があがる。
      >> 続きを読む

      2018/06/26 by あさが

      「セッション」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      事前の期待が大き過ぎたか・・・。
      観た映画を悪く言いたくないが、音楽映画としてのリアリティのなさが致命的。落胆。

      ラストの突然の「キャラバン」では、即興であんな完璧なアンサンブルはありえない。当日の演奏リストにあった曲だとしたらその説明がないとおかしいし、その場合は意図されたであろう感動要素のマイナスポイントになる。

      だいたい復讐のつもりなのか、聞かされてない曲でスタートするという底意地の悪いオヤジを見せられても気分が悪いだけで感動などするわけもない。この屈折オヤジとど根性ドラマーの話には魅力が感じられない。挿入されてる恋の話も薄っぺらい。結果、丹下段平と矢吹ジョーの話が観たくなった。

      好評価の人・感動した人には申し訳けないのですが、
      あくまでも個人の感想です;当たり前か。
      >> 続きを読む

      2018/04/21 by taka_san

      「セッション」のレビュー

    もっとみる

    セッション
    セッション

    映画 「セッション」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画