こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

セッションズ

The Sessions
セッションズ
©2012 Twentieth Century Fox
シネマカリテほか全国順次ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
公開: 2013/12/06
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
6歳でかかったポリオが原因で首から下が全く動かないマーク・オブライエンの実話から生まれた物語。ベッドに横たわったままの水平の世界から、明るくポジティブな精神で人生に繰り出したマークは、大学卒業を果たした後、詩人そしてジャーナリストとして活躍していた。そんなマークがある日、心身ともに女性を愛したいと願い、セックス・セラピストのセッションを受けることを決意するのだが──。アカデミー賞?とゴールデン・グローブ賞にもノミネート。日々を生ききるための勇気をくれる大切な一本として、心のポケットにそっと忍ばせたい、楽しくも愛おしい感動の物語が誕生した。 >> 続きを読む

    ( 監督/脚本/製作) ベン・リューイン、(キャスト) ジョン・ホークス、ヘレン・ハント、ウィリアム・H・メイシー

    セッションズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 笑える 元気が出る

      障害者を取り扱ったというシナリオだけは知っていたが、中身は意外にも別の方向。

      少年の頃ポリオにかかり、首から下が麻痺によって動かなくなったマーク。
      そんな彼が求めたのはセックス。
      障害者とセックスというセラピーによって、彼は初体験を知ることになる。

      少年の頃の病気なのだからマークは童貞。
      だがそこには下品ではなく、人間なら当然の性への欲望がある。
      そこに対して恋愛にも似た感情を女性に対して持つ。

      物語の骨格としては普通の人と何ら変わりがない。
      ただマークは障害を持っているというだけ。

      この特別視しない演出は好感が持てるし、ジョン・ホークスやヘレン・ハントなど皆適役。
      メイシー演じる神父との笑える交流など、悲劇よりも喜劇。
      そして性への喜びがしっかりと描かれている良作。
      >> 続きを読む

      2017/12/30 by オーウェン

      「セッションズ」のレビュー

    • 4.0

      障害者の性交渉を扱った映画
      マークオブライエンという実在した方の伝記を基に作成されてます
      セックス・セラピスト
      聞いたことはあったけれど、想像もつくけれど
      少し想像と違った
      仕事であって仕事だけの為ではない
      そういう風に私の目には映りました
      まず、妻のセラピストとしての仕事を容認してる夫も素晴らしい
      そしてマークオブライエンを取り巻くセラピストやヘルパーやボランティアや神父さんに恵まれたこと
      これがマークの人生を良いものに変えたのだなと思います
      やはり人間の力って凄い
      最後まで丁寧に描かれていて
      それでいてユーモアたっぷり
      悲しく泣けるものにしていないところが映画として良かった
      とにかくヘレン・ハントの演技に尊敬します
      何故これがコメディの所に置いてあったのか…納得いきません
      >> 続きを読む

      2016/09/21 by tomi

      「セッションズ」のレビュー

    • 4.0

      “性行為”に対しての葛藤。それは人間として、いや生物として、誰しもが通る通過儀礼。
      勿論それは、身体障害者にとっても同様なことなのだけれど、臆病な社会は、そういうことからついつい目を背けがちだ。

      この映画は、「障害者と性」という、浅はかな固定観念を持っていては踏み込みづらく、表現しづらい「題材」に対して、真摯に向き合い、ドラマとユーモアとエロティシズムを絶妙なバランス感覚で表現してみせた“傑作”と言えると思う。

      この映画が素晴らしいところは、身体障害者である主人公の境遇に対して、必要以上に“同情”を誘っていないことだ。
      主人公のマークは、幼少時からポリオによって全身麻痺となってしまった障害者である。呼吸補助のため、一日の大半を“鉄の肺”と呼ばれる呼吸器の中で過ごさなければならない。
      けれど、彼の生き様には決して“悲しみ”が表れていない。自分の境遇を受け入れ、自立し、常に自分の人生を自分自身で歩もうとしている。
      そんな彼の人生観が、そもそも勇気に溢れていて、観客は映画の冒頭から主人公の魅力に引き込まれる。

      主人公の魅力が序盤からしっかり描かれるからこそ、この難しい「題材」の映画は、ある意味とても普遍的な「童貞喪失映画」に仕上がっていて、とても眩く、とても楽しい。
      主人公の身体的特徴を度外視して、特に男の観客は、彼の“童貞喪失”の顛末に対して、己の事のように一喜一憂するだろう。

      殆ど顔の動きのみの演技で主人公マークを演じきり、彼の人間的な魅力と、その人生の喜びと悲しみを余すこと無く表現してみせたジョン・ホークスの演技は素晴らしかった。

      そして、こういうセンシティブな映画だからこそ、敢えてこう特筆したい。
      “ヘレン・ハントのおっぱいが美しい”と。
      主人公の相手役となるセックス・セラピストを演じたヘレン・ハントもまた素晴らしかった。
      撮影当時49歳らしいが、このアカデミー賞女優の堂々たる脱ぎっぷりと、年齢を重ねても変わらない彼女独特の愛らしさがあったからこそ、この映画は成功していると強く思う。

      勇気と慈愛、人間の営みにまつわる輝きに溢れた幸福な映画だ。


      BS(WOWOW)放送だったからか必要以上に“ぼかし”が大きかったことは、演者たちの心意気を妨害しているようで、とても残念だったけれど。
      >> 続きを読む

      2015/02/14 by tkl

      「セッションズ」のレビュー

    • 同様のテーマを扱った「セックス・ボランティア」と言う本を読んだことが有りますが、大いに考えさせられました。 >> 続きを読む

      2015/02/14 by ice

    • 3.0

      ☆DVD☆

      頭脳や感覚は正常だけど首から下が麻痺して動かない重度障害を持った主人公が、セックスセラピストに依頼してセッションを受ける。

      セラピストの方の堂々としていて、そして愛のこもったセラピーで
      いやらしさのようなものは全然感じない。

      偏見のないヘルパーさんも、話を聞いてくれる神父さんも、いい人。
      私服でビールを持って家に来た神父さん、かっこよかったな。


      作中では、とても温かく描かれているけど、実際のセックスセラピー、セックスヴォランティアはどういうものなんだろう。
      日本でもこういった職業の人は実際いるらしく、本も発行されているので
      読んでみようかな、と思った。
      >> 続きを読む

      2014/12/10 by もんちゃん

      「セッションズ」のレビュー

    • >日本でもこういった職業の人は実際いる
      知らなかったです…!
      知らない職業って他にもたくさんあるんだろうなぁと思います。 >> 続きを読む

      2014/12/10 by coji

    • レビュー登録はしていませんが、まさに「セックスボランティア」と言う本を読み、とても考えさせられました。

      ◆セックスボランティア
      http://www.dokusho-log.com/b/4101297517/
      >> 続きを読む

      2014/12/10 by ice

    • 4.0 元気が出る

      感想川柳「男として 自信になりうる 必須事項」

      障害者の性というこれまでタブー視されがちなテーマを主人公の記事を元に描いた作品です。

      主人公が詩人だけにそんなに暗くならずにユーモアを交えてあるので良かったです。(*´-`)むしろこれがR18指定なのが分からない。これがダメなら中学生に性教育なんか出来ないと思いますけどね…(*_*)AV隠れて見るよりよっぽど大事なことが描かれてますよ。

      神父さんがまたいいんですよ。セックスセラピーは厳密に言えば婚外交渉、キリスト教的にダメなんですけど友人として助言していく姿がいい。( ̄ー ̄)そのうち自宅にビール持ってくんですから。周りのヘルパーさんもいい人達だし。

      性欲は無くても生きていけますけど、そこが上手くいくことで男として自信もつくし、充実感というか生活に張りが出ると再認識させられました。

      ヘレン・ハントに関しては完璧で何も言えません(。>д<)
      >> 続きを読む

      2014/06/23 by Jinyuuto

      「セッションズ」のレビュー

    • たしかにタブー視されがちな話な気がします。
      団体とかからの抗議もあるでしょうし・・
      しかしそういう作品にこそ真実が隠されているようなきがします
      >> 続きを読む

      2014/06/23 by アライグマ

    • 神父さんが婚外交渉を否定しない、というのは観ている側としては面白いですね。
      たくさんの抗議はありそうですが… >> 続きを読む

      2014/06/23 by coji

    セッションズ
    セッションズ

    映画 「セッションズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画