こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クンドゥン

Kundun
ジャンル: 伝記 , ドラマ , 史劇
公開: 1999/07/10
製作国: アメリカ
配給: 東北新社

    クンドゥン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ダライ・ラマの人生を描くためには、ダライ・ラマ自身にアプローチするのが一番手っ取り早いのは確か。
      そこでスコセッシは14世に助言を貰い、さらに俳優陣は14世の親族。
      そしてエキストラにもチベット人が多数と徹底的にこだわった。

      普通の少年がダライ・ラマに任命されてからインド亡命までの半生を描いた伝記もの。
      幼くして人の上に立ち、将来を決定づけられた男の子。
      国の内情を知るうえで、最後まで抵抗をするが遂には亡命という道を選ぶことになる。

      同じダライ・ラマを描く作品として「セブン・イヤーズ・イン・チベット」があるが、あくまでダライ・ラマは脇役である。
      こちらは全編ダライ・ラマのみ。
      雄大な風景も、ダライ・ラマの人間性を表すうえで大きな役目を果たしている。

      ただしなぜチベットで全員が英語を話さなければいけないのかだ。
      恐らくは商業目的のためなのだろうが、スコセッシぐらいであれば我を通してでも作品世界を優先すべきだった。
      >> 続きを読む

      2018/09/24 by オーウェン

      「クンドゥン」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    クンドゥン
    クンドゥン

    映画 「クンドゥン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画