こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

銀河鉄道999

ジャンル: アニメ
公開: 1979/08/04
製作国: 日本
配給: 東映

    銀河鉄道999 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      名作ですね。
      りんたろう監督は知ってましたが、市川崑監修なのを初めて知りました

      「男なら危険を省みず死ぬとわかっても行動しなければならないときがある」
      ハーロックがいいとこ持っていくねw
      クレアが良い役だったのを覚えてたw
      城達也のナレーションが好きw
      これでゴダイゴのレコード買ってハマったねw

      (allcinema解説)
      松本零士原作の壮大なスケールのスペース・ファンタジー。TVシリーズとは別のキャラクターデザインで作られた劇場用オリジナル作品。監督はりんたろう。ゴダイゴの歌う主題歌もヒットした。高価な機械の体を手に入れた富裕層が、生身の体のままの貧しい人々を迫害している、未来の地球。貧しい少年・星野鉄郎はスラム街で、機械の体を無料でくれるというアンドロメダ星に行くことを夢見て暮らしている。鉄郎の母は、鉄郎が幼いころ“機械伯爵”の人間狩りに遭い、殺されて剥製にされた。機械の体を手に入れたら、機械伯爵に復讐を果たす。それが鉄郎の生きる目標だった。ある日、鉄郎は、アンドロメダ行き超特急列車“銀河鉄道”のパスをくれるという美女“メーテル”に出会う。彼女に母の面影を見た鉄郎はメーテルに同行することを決める。999号の各停車駅で、鉄郎は、トチローという戦士の愛用していた銃を手に入れたり、女海賊クイーン・エメラルダスやキャプテン・ハーロックなどの名だたる戦士と知り合いになる。彼らの助けを借りながら、鉄郎は旅の半ばでついに母の仇・機械伯爵を追いつめ、復讐を遂げる。だが、終着駅“アンドロメダ”には、彼が予想もしなかったおぞましい現実が待っていた…!!
      >> 続きを読む

      2018/09/01 by motti

      「銀河鉄道999」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「銀河鉄道999」は、殺された両親の復讐のため、大宇宙を旅ゆく少年の冒険を、ロマンとファンタジーの香りも高く描いた、SFアニメの秀作だと思う。

      ヒット作「宇宙戦艦ヤマト」と同じ松本零士の原作によるテレビシリーズを母体に、新たに劇場用映画として製作されたもので、当時のアニメ・ブームをさらに隆盛に導き、大ヒツトした作品だ。

      機械伯爵一味に父母を殺された15歳の星野鉄郎少年は、機械人間の体に手を入れて、復讐を果たそうと母に似た謎の美女メーテルと銀河鉄道999号に乗り、アンドロメダ星へと向かう。
      その間、大宇宙の中、事件と出会いが次々と起こるのだった。

      山賊アンタレスとの意気投合。女海賊エメラルダスによる機械伯爵の時間城の位置の教示。
      鉄郎そっくりの宇宙戦士トチローの孤独と消滅。海賊キャプテン・ハーロックとの友情。

      かくして、時間城に潜入した鉄郎は、アンタレスの応援のもと、機械伯爵を仕留め、復讐を果たす。
      そして、機械の体を人間に与えるアンドロメダ星をこそ破壊すべきだと考え、さらなる旅へと出発する。

      ついに、999号は、アンドロメダ星へ着き、鉄郎は女王プロメシュームと対決することになる。
      ところが、何とメーテルは女王の娘だったのだ-------。

      危機に陥る鉄郎。母と鉄郎との間で苦悩するメーテル。
      やがて、鉄郎は、キャプテン・ハーロックとエメラルダスの砲撃に助けられ、アンドロメダ星を爆発させ、999号で再び地球へ。
      そして、メーテルは、そこからまた旅立って、宇宙のかなたへ-------。

      物語自体は、古典的な熱血少年冒険譚で、とりたてて目新しくはない。
      だが、むしろその古典性が、郷愁を誘う古めかしいSLを、SFの世界に走らせるユニークな着想、豊かなアニメ処理の画面づくりによって、普遍性を持ち得ていると思う。

      空高く突き出た線路を伝って、999号が宇宙へと走り出るシーン、数々の戦闘シーン、999号のウエイトレス・クレアのクリスタルガラスの体の美しさと悲しさ。
      そのクレアが、女王を抱いて自爆するシーン等々、アニメならではの魅惑的な映像が素晴らしい。

      また、鉄郎とメーテルの関係が、母恋譚と初恋譚の融合として、感動を呼び起こしてくれる。
      このSFアニメ映画は、アニメ史の一頂点をなす秀作だと言ってもいいと思う。
      >> 続きを読む

      2018/07/15 by dreamer

      「銀河鉄道999」のレビュー

    • 4.0 切ない

      CATV。何気なく見てしまったが、37年前の作品だったか〜 絵は綺麗だった。やはり鉄郎の顔は劇場版の方がイイね(笑) 機械の身体を手に入れ永遠の生命を得る。永遠に時間はあっても心が老いたらきっと毎日が苦痛になりそう!限りある生命だからこそ大切なものや美しいものに気付けるんだろうな〜 今観ても十分に楽しめた!

      2016/07/18 by ASAGI

      「銀河鉄道999」のレビュー

    • 何と言ってもゴダイゴのテーマソングが大好きです♪

      2016/07/18 by ice

    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る

      よくあるただのダイジェスト劇場版ではありません。

      原作では散らばったままの様々な要素をひとつの物語に纏め上げてあります。
      個人的にはこの映画の世界観を期待して原作を読んで、ちょっとガッカリした記憶があります(笑)。ま、原作は原作で面白いんですけどね。

      なので原作を知らなくても充分楽しめる映画だと思います。
      逆に鉄郎の見た目が大きく違うので、原作知らない方が先入観なく楽しめるかも。

      そして何よりも不朽の名曲ゴダイゴによる主題歌は、もうそれだけでカタルシスだったりしますね。
      >> 続きを読む

      2014/11/28 by 備忘録

      「銀河鉄道999」のレビュー

    • テレビシリーズの総集編では無く、新規制作の劇場版と言った感じでしたね。

      2014/11/28 by されっく

    • 小さい頃は、車掌さんが怖かったです♪

      2014/11/28 by makoto

    銀河鉄道999


    映画 「銀河鉄道999」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画