こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チョコレートドーナツ

ANY DAY NOW
公開: 2014/04/19
製作国: アメリカ
配給: ビターズ・エンド

    チョコレートドーナツ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全33件
    • 5.0 泣ける 切ない

      素晴らしい映画・・
      実話に基づくストーリーだと言うから
      なおさら感動。

      こんなに泣ける話も最近あまり観てないです。


      一言で言うと、この映画

      >> 続きを読む

      2018/01/27 by mutsumi

      「チョコレートドーナツ」のレビュー

    • 3.0

      こんなエンディング、切なすぎます。
      エンディングロールが終わっても涙が止まらない。
      彼らはそんなにいけないことをしたのでしょうか。
      これほどに愛情深き大人のもとでマルコは幸せを感じ生きてきたのに。
      いろんな感情が心に深く刻まれた映画でした。

      2017/08/08 by megucchi55

      「チョコレートドーナツ」のレビュー

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      普通、ノーマルって結構残酷な言葉。でも無意識に多用してしまう、便利だから、言葉の引き出しが乏しいから。
      主語を大きくするときは細心の注意を払わなければいけないなとつくづく思う。女は美しく慎ましくあるべき、男は強く逞しくあるべき、家族は母親と父親がいて子供がいて...どの言葉も押しつけがましく不快だ。
      この作品の中でルディがマルコの親として司法制度に認められるために辞職すると職場仲間に伝えたとき彼彼女らは、家族ごっこのために辞めるのよ、頭の弱い子(マルコーのこと)のためにね、というようなことを言い捨てていた。
      前提として同性愛者は家族を持てない、子供を持てないと考えてしまう環境ができている(いた?)。現在は法律として同性との結婚を認めるように変わりつつあるが、人の思考は簡単には変わらない。
      同情は簡単で、だけどそれだけじゃ何も変わらない、とも思う。
      私はダウン症のマルコの境遇をかわいそうだと画面越しに見ていたけれど実際に私が何らかの形でマルコと関わることがあったら何もしない以上のひどいことをしていた可能性が高いんじゃないかな。それは一瞬のたじろぎや必要以上の気遣い、何度も向けてしまう奇異の視線。
      私はいつも書籍で知識を得ようとするから上記から察することのできるように今実際に起こっていることに関して全くの無知で、過去に生きているのかなって考えた。紙上の知識だけでは全く足りなくて外にでて経験しないとわからないことばかりだ、と感じた作品。知識と経験のバランスを真剣に考えていくきっかけになった。
      >> 続きを読む

      2017/06/15 by まこと

      「チョコレートドーナツ」のレビュー

    • 4.0 切ない

      号泣する、という感想を聞いていた。
      でも私は泣けなかった。
      社会は、性的少数者、障害者にとても冷たい。
      自分自身がそう痛感しているから、現実的すぎて泣けなかった。

      この話は、この広い世界のなかで、ないとはいいきれない話。
      きっと今も、どこかで泣いて苦しんでる人がいる。
      富と名誉、地位を手にしている人が反面、その力によって真実を捻じ曲げられている人もいる。

      「泣けた」「愛情が大事だよね」「差別、偏見はいけないよ」
      この映画だけで、その言葉だけで、わかったような気にならないでほしいな…というのが本音。
      そこから先が大切なんだよ。この映画をきっかけに、もっと興味をもって知ってほしい。
      >> 続きを読む

      2017/04/16 by pink-tink

      「チョコレートドーナツ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない ハラハラ

      凄く良い映画。深い愛情の裏に、どうしようもない悲しみの現実があり、鑑賞後、★心が傷ついた…。/「法廷」映画、「社会」問題。/「ダウン症を持つ、太った少年を、いったい誰が施設から引き取るでしょうか」、この台詞が胸に突き刺さった!可哀想な少年。★実話。/おんぼろアパートで、男を引き込む「麻薬中毒の母親」と暮らす少年は、チョコドーナツしか食事で口に出来ず、地獄の生活環境の中、母親が逮捕される。/隣人の「ゲイカップル」が、実に優秀な親代わりとなり、少年の幸せを第一で養育するが、足を引っ張るしか興味がナイ弁護士たちが、同性愛者「差別」で偏見ある決断を下し、知的障害を持つ少年から、★「安心した生活」を奪い、少年を再びあの地獄のおんぼろへと突き落す…。/これから、「ドーナツ」食べるたびに思い出し、★私は少し恵まれてて、幸せだって思えちゃうナ。 >> 続きを読む

      2017/02/11 by ふみえ

      「チョコレートドーナツ」のレビュー

    もっとみる

    チョコレートドーナツ
    チョコレートドーナツ

    映画 「チョコレートドーナツ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画