こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海

Percy Jackson: Sea of Monsters
ジャンル: ファンタジー , アドベンチャー
公開: 2013/11/01
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画

    パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 2.0

      もう1作目など覚えていないが、2作目になって変わったことははっきりしている。

      まず資金が少なくなったのか、CGがやたらとしょぼく、1に出ていたベテランの俳優陣は総カットで、若手ばかりの映画に変わった。
      こうなると必然的にファンタジーなだけに、浅い内容に落ち着くとことになる。

      小学生ぐらいにまで見れる程度にしたためか。
      展開も驚きがなく、丁度「タイタンの戦い」から「タイタンの逆襲」になったような感じが一番わかりやすい例かも。

      大体ファンタジーの世界なのにipadが出てきて調べるってのはどーなのよ(笑)
      >> 続きを読む

      2018/01/02 by オーウェン

      「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のレビュー

    • 3.0

      字幕で

      結界を越えてパーシー達のところへやってきた恐い牛、
      なぜかトランスフォームする。
      ?必要あるのかな?

      また観光地めぐりか?
      ワシントンD.C.から、魔のバミューダ海域へ。

      神々の子ども達は、人間巻き込まないように
      規模を小さくして戦っているのだろうか?
      >> 続きを読む

      2016/12/12 by ゆ♪うこ

      「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「お約束 神話ファンタジーの いい見本」

      前作を見ていたのとアレクサンドラ・ダダリオが気になって観てみました。φ(..)

      ちゃんと見たことないけどやっぱりハリーポッターに似てる気がする。(^^;ギリシャ神話が基になってるから馴染みがたりますけどね。神々の関係を調べておくとより面白いですし。

      ロード・オブ・ザ・リングほどじゃないですがファンタジーでは面白い方だと思います。( ̄ー ̄)ビックリするような展開はないですけどアクションもちゃんとしてますしね。

      続きものとして楽しみではあるけどペースが遅いから今の俳優で間に合うのかな?(;・∀・)前作からみてもだいぶ大人になってるし。
      >> 続きを読む

      2016/01/28 by Jinyuuto

      「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のレビュー

    • 4.0

      シリーズものとは知らず2作目から観てしまった。
      2作目から観ても十分に楽しめた。観やすくて、ストーリー展開もおもしろい。
      次回にも続くようだから1も観て、シリーズ通して観てみよう。

      2015/06/28 by よっしー

      「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のレビュー

    • 1作目も2作目も観れていないのですが気になっていた作品です
      続編はいまいち…という作品も多いなか、十分に楽しめたということで1作目も2作目通して観てみたいです! >> 続きを読む

      2015/06/29 by yo24

    • 4.0 元気が出る

      勢いだけな部分もありますが、とても好きな作品です。
      登場人物が生き生きしているのが良いです。
      ナイトミュージアムが好きな人は好きそう。
      疲れた時にわーっとみてあー面白かった!ってスパッと切り替えるのにいい作品です。私的には1のが好み。

      2015/05/05 by hanakagari

      「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」のレビュー

    もっとみる

    パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
    パーシージャクソントオリンポスノカミガミマノウミ

    映画 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック