こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

世界侵略:ロサンゼルス決戦

Battle: Los Angeles
ジャンル: 外国映画 , SF , アクション , 戦争
公開: 2011/09/17
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    世界侵略:ロサンゼルス決戦 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全15件
    • 3.0

      感想川柳「しっかりと 軍隊として 戦ってる」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      正体不明の何者かが出現し、ロサンゼルスが壊滅寸前に追い込まれる。海兵隊の小隊が逃げ遅れた民間人を救出に向かうのだが、一人、また一人と仲間を失う…。果たして彼らは、そして人類は生き残れるのか!?…というお話。


      アーロン・エッカートとミシェル・ロドリゲス出演ということで、苦手というかあまり興味のない類いのSF映画ですが観てみましたよと。(m(。_。)m

      結果的には今まで見た宇宙人侵略ものの中では面白い方だと思います。( ̄ー ̄)少なくとも宇宙戦争よりは(笑)変な弱点とかないし。

      終わり方もあっさりしたご都合主義ハッピーエンドより良いと思いました。(。-∀-)一発逆転の奇策とかではなく、あくまで軍隊の範疇でやれることでしたし。

      見たことある黒人だな〜と思ってたらまさかのNE-YOだった( ̄□ ̄;)!!
      >> 続きを読む

      2017/03/11 by Jinyuuto

      「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のレビュー

    • 2.0

      どんでん返しも特に無く、ただひたすらドンパチする映画。
      レーザー誘導装置が丈夫で驚いた。

      2016/11/12 by ケシの実

      「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のレビュー

    • 2.0

      異星人がやってきて地球上の主要な都市は次々と陥落する。
      そして残されたのはロサンゼルス。
      ここでは海兵隊員たちが避難した人々を送り届けるための方法を伺っていた。

      展開からしてかなり「インディペンデス・デイ」に近いことがすぐに分かる。
      ご丁寧にエイリアンの弱点を知るため解剖する部分もある。
      だが宇宙人襲来よりも実は力が入っているのは、海兵隊員たちを称賛する映画だと知らされること。

      子供を鼓舞する場面にわざわざ海軍の規律を出すなど、かなり露骨に描き出されていて辟易する。
      戦闘シーンの迫力は流石ハリウッドであり、ここだけを見るつもりでいく方が正しい見方と思う。

      出てくる敵はエイリアンというよりも、外観が機械で覆われているのでロボットの感じにしか見えない。
      ある種のゲーム感覚に近いものもあった。
      >> 続きを読む

      2016/08/17 by オーウェン

      「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のレビュー

    • 1.0

      あらゆる意味で薄っぺらい。何一つ褒めるてんがないのが逆にすごいかも。ただ一つわかったのは都市迷彩ってホントに目立たないのな。

      2016/06/21 by fatbob

      「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のレビュー

    • 4.0

       ロサンゼルスを占領したエイリアンと米軍の戦い。
       湾岸、イラク戦争のフレームで地球侵略を描いた作品でCNNによる世界的規模の侵略報道(スマトラ島やイラク戦争の報道映像が引用されている)にはじまり、ロスの複雑な路地や避難民によって置き去られた車に隠れ、ゲリラ的に銃撃を浴びせるエイリアン、砂嵐に視界を奪われ半狂乱で抵抗する兵士たちの姿が印象深い。
       テロとの戦いをただ宇宙人との戦いに置き換えただけか、といえばそう単純ではなくて、帰途に使っていた巨大なハイウェイが寸断され待ち伏せ場所として利用されていたり、敵機をガソリンスタンドに誘導してスタンドもろとも爆破するなどアメリカの情景を巧みに小道具に転用している。
       物語はロスから一度撤退した米軍が民間人を救出するために敵地へ潜入、メキシコ系移民との触れ合いや戦友の死とそれを理解していながら命令を出さねばならない上官の苦悩を通して成長するという、プライベートライアンと宇宙の戦士を組み合わせたようなものになっている。語られている理念もベトナム戦争以前の米軍尊崇の気配があり、ハインラインの宇宙の戦士を髣髴とさせる(この意味でスターシップ・トゥルーパーズよりも原作に近いと思う)
       ベトナム戦争以来、ベトコンの比喩的表現として地球外生命体を描き続けてきたアメリカ映画にしてはストレートで迫力のある映画だった。
      >> 続きを読む

      2016/06/08 by efnran

      「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のレビュー

    もっとみる

    世界侵略:ロサンゼルス決戦
    セカイセンリャクロサンゼルスケッセン

    映画 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画