こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アイアン・ジャイアント

The Iron Giant
ジャンル: ファンタジー , アニメ , ファミリー
公開: 2000/04/15
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    アイアン・ジャイアント の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 4.0 切ない

      随分と古いテイストながらも、つくりが丁寧なためどんどんと引き込まれていく構成。

      地球に飛来したロボットと子供の交流。
      言葉がないとはいえ交流の過程がうまいし、これがあるから最後の展開も感動できる。

      何よりもいいのがディズニー製作でない点。
      妙に甘ったるくなく、必要以上に感動させようとしないのが素晴らしい。
      こういう普遍的なアニメこそもっと評価されてほしい。
      >> 続きを読む

      2015/02/16 by オーウェン

      「アイアン・ジャイアント」のレビュー

    • 4.0

      王道の巨大ロボットと少年のストーリー。序盤はなんともゆったりしているんだけども、後半はかなりテンポが早い。その緩急のおかげで最後すっきり締まってると思う。序盤の感じで進んでくのかなとゆったり見てたら最後はすっかり引き込まれました。

      2016/01/27 by ぜいく

      「アイアン・ジャイアント」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "アメリカの銃社会の悲劇、普遍的な戦争の悲劇に疑問を投げかけるアニメ映画の佳作 「アイアン・ジャイアント」"

      この映画の監督は、「Mr.インクレディブル」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「トゥモローランド」のブラッド・バードの作品です。

      公開当時、ディズニー以外の海外アニメが日本で騒がれてヒットしたという事でも有名になった作品です。

      時は1957年、米ソの冷戦時代の真っただ中のある日、メイン州の沖合に宇宙から巨大ロボットが墜落しました。この墜落したロボットを発見した少年は、森にかくまいながら、ロボットとの友情を深めていきます。だが、政府の捜査官に噂をかぎつけられ、軍隊が出動する事に----という物語です。

      物語自体はとても単純で、テーマも明快で力強いものがあります。ごたごたした説明部分を一切削ぎ落とし、核心部分だけを貫いた構成が、ダイレクトにそのメッセージを訴えかけてきます。こうした構成をとれるのも、キャラクターを単純化できるアニメならではの特性があるからだと思います。

      そして、少年とロボットの友情に的を絞り、しっかりと丁寧に描く事で、我々観る者の心の琴線に触れるドラマになり得ているのだと思います。

      この目玉が光り、鋼鉄の塊といった巨大ロボットの風情を見る限り、このアニメは、アメリカン・コミックよりも古くからある日本のアニメの影響を感じてしまいます。また、鉄が大好物で、生まれたての赤ん坊のように純真無垢な巨大ロボットは、愛嬌たっぷりで、実に親しみやすいキャラクターになっていると思います。

      しかし、一方で、この巨大ロボットには、自分に危害を加えようとする者に対して、反撃するという恐ろしい機能がプログラムされているのです。しかし、考えてみれば、これは人間が本来持っている暴力性と同じものである事に気づかされます。

      その証拠に、巨大ロボットが自分の身を守るために戦っているように、軍隊も国家と国民の安全を守るために戦っているのです。この双方の防衛本能から来る戦闘には、悲しきかな終わりというものがありません。

      悪夢のような現実を直視する事で、この「アイアン・ジャイアント」というアニメは、未だ途絶える事のないアメリカの銃社会の悲劇、普遍的な戦争の悲劇というものに疑問を投げかけているのです。

      少年との心の交流を通して、この巨大ロボットは、"生と死、善と悪の概念"を学び、正義のスーパーマンとして自立するのです。そして、最後に巨大ロボットは自らを犠牲にして社会を救う道を選ぶのですが、このクライマックスには、素直な気持ちでひたすら感動しました。

      現代社会に生きる大人たちにも、また、これから未来を背負う子供たちにも是非、観て欲しいアニメ映画だと思います。
      >> 続きを読む

      2016/05/23 by dreamer

      「アイアン・ジャイアント」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      ありがちに泣かせてくれます。自分に子供が出来たらぜひ見せたいと思った作品。

      投稿日時:02/08/04 19:05

      2015/02/11 by みぞっち

      「アイアン・ジャイアント」のレビュー

    • 4.0

      謎の巨大ロボットと少年との心の交流を描いたどストレートなアニメ映画だった。
      新鮮味はなく、ありきたりと言ってしまえばその通りだけれど、王道的な映画世界を堂々と描き切った“巧い”映画だと思った。

      ありふれたお話だが、まずストーリーの転じさせ方が巧い。序盤の何気ない描写がしっかりとクライマックスやラストの伏線となり、ちゃんと惹き付けてくれる。
      時代背景が冷戦構造のまっただ中だったり、主人公の少年の父親はおそらく戦死していたりと、テーマである「暴力反対」が決して押し付けがましくなく、心温まるストーリーの中ですんなりと入ってくる。

      監督は現在公開中の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のブラッド・バード。
      他にも「Mr.インクレディブル」も監督しており、とても「娯楽」を描くことに秀でた人だと思う。
      娯楽映画こそ、作り手の才能が大いに影響されるジャンルだということを改めて感じた。

      映画は、アニメ映画らしく心地よいラストで締められる。素直に「ああ、良かった」と思った。
      >> 続きを読む

      2014/08/12 by tkl

      「アイアン・ジャイアント」のレビュー

    もっとみる

    アイアン・ジャイアント
    アイアンジャイアント

    映画 「アイアン・ジャイアント」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画