こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダイバージェントNEO

INSURGENT
ダイバージェントNEO
TM & ©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
10月16日(金)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/10/16
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
全米No.1大ヒット!全世界興収2.7億ドル突破!
一人の異端者(ダイバージェント)が、全てを変える―

ベロニカ・ロス原作の世界的ベストセラー「ダイバージェント」シリーズ第2弾。はるかにスケールアップした世界を驚異のビジュアルで描く。5つの共同体に分かれ管理された未来都市で、この世界を支配しようとする陰謀に立ち向かう、異端の少女の闘いを描く近未来SFアクション!主人公のトリスを演じるシャイリーン・ウッドリーは、ジョージ・クルーニーと共演した『ファミリー・ツリー』で数々の賞を受賞し、前作『ダイバージェント』、そして『きっと、星のせいじゃない。』の大ヒットで世界的に注目され今やトップスターの仲間入りをした若手女優。恋人のフォーを演じるのは『アンダーワールド』最新作の主演が決定している英国イケメン俳優テオ・ジェームズ。敵となるジェニーン役にオスカー女優のケイト・ウインスレット、さらに『ヘルプ 心がつなぐストーリー』のオスカー女優オクタヴィア・スペンサー、『セッション』のスマッシュヒットが記憶に新しいマイルズ・テラー、そしてナオミ・ワッツが物語の鍵を握る人物として登場するなど、映像のみでなく、キャストもグレードアップした。

◆ストーリー
全人類を性格で振り分け、【勇敢】【無欲】【高潔】【平和】【博学】という5つの共同体で管理される世界。その世界で危険視される【異端者=ダイバージェント】であることが分かり、命を狙われたトリス(シャイリーン・ウッドリー)。フォー(テオ・ジェームズ)と共に、宿敵である【博学】の権力者・ジェニーン(ケイト・ウィンスレット)の手から逃れようとしていた。なぜ【博学】の指導者たちが【異端者】を排斥しようとするのか?今は亡きトリスの両親が命を懸けて守ろうとした「箱」の中に隠された秘密とは?家族や仲間を失った悪夢に苛まれながらも、愛する人々を守るため次々と襲いかかる困難に立ち向かうトリス。ジェニーンに奪われた「箱」の中には【異端者】とこの世界に関わる、驚愕の真実が待ち受けていた・・・。
>> 続きを読む

    出演:シャイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、マギー・Q、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット  監督:ロベルト・シュヴェンケ (『フライトプラン』『RED/レッド』)   原作:ベロニカ・ロス「ダイバージェント2 叛乱者」(角川文庫)  配給:KADOKAWA

    ダイバージェントNEO の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 ハラハラ

      悪くは無いんだけど、展開が雑なんだよなぁ。全てにおいて、ご都合主義というか、なんでここにいるの?何故、このタイミングで?みたいな、どこでもドアでも使っているのか、普通に考えるとあり得ないシチュエーションがいっぱいある。その辺りに練り込みを感じない。
      さらに驚いたのは、ハンガーゲームばりに続編をやるということ。この後、どんな展開になるのやら。。。

      2016/10/07 by 123

      「ダイバージェントNEO」のレビュー

    • 3.0

      ダイバージェントの続編。
      なかなか世界観に入り込みづらいので最後までふわふわした感じで観ていた。
      最近こういう感じで3部作多いなぁと思いつつ、やっぱりこれも次作があるみたい。とりあえず次作も観てみようとは思う。

      2016/09/03 by よっしー

      「ダイバージェントNEO」のレビュー

    • 2.0

      謎なシステムで世界を管理する映画の第二弾。

      今回も一つ解決的な話は有るのだけどやはりよくわからない。

      まだまだ続くようだけど最期まで観ても多分僕には理か出来ないと思います、なんか話を作る為に無理矢理作ったシステム、世界感なのだと思う。

      こういう事も有るかもねというのモノでは無く、もしもこんな世界があったらという仕組みだからピンと来ないのだと思う。

      有り得ないと言いたい訳ではないのよ、成る程これは一つ考えとして納得出来るという部分が僕的にはないのがどうにも話に乗れないのです。


      それにしても思う、ハンガーゲーム、メイズランナー、この作品と観ると何か似ている感じが気になる。これがもしかするとゲーム感覚というモノなのかもと思ってしまう。

      それもこんなゲーム面白いでしょという感じのチョイと糞ゲーの匂い。

      一ネタ思いついた、大して面白くはないのだけど凄いネタを思いついたと勘違いして作られた感じ、それなりに絵作りは出来ているから良いモノが出来ていると勘違いしているけど翌々考えると大して面白くはない。

      そんな感じしかしないのですよ。

      なんかおかしい、狂ってるっていう迸りはないのよ、中途半端な小利口感が気になるのです。



      それにこれらの映画の共通感として壁で閉鎖されている感じがどうにも気になる、何か病理を感じるのですよ、社会の問題が何かあるのではないかと考えてしまう、壁を乗り越える事が大事という感じが映画から感じないのがその原因かもしれない。

      ひたすら閉塞感と選ばれたモノにその状態を壊して欲しいという感じがどうにも気になってしまうのです。

      いや日本も進撃の巨人とかもあるから世界的に閉塞感があるのかもね。


      もっと軽く行こうぜと思う、80年代とかのB級映画くらいに馬鹿馬鹿しく行こうぜ思う。
      >> 続きを読む

      2016/07/22 by 隼5郎

      「ダイバージェントNEO」のレビュー

    • 3.0

      社会から不要とされたティーンエイジャーが実は・・

      的な感じのどっこにでもある映画でした。

      日本の俺TUEEEE系ラノベみたいなものでアメリカではこんなのが

      流行っているのでしょうか??? >> 続きを読む

      2016/06/28 by たけみ

      「ダイバージェントNEO」のレビュー

    • 3.0

      前作の印象が中途半端だったので、鑑賞を躊躇していたのですが…
      何だか良く分からない目的の為に、ただ突き進むだけなのですが、映像が前作より格段にスケールアップいていて退屈せずに鑑賞できました‼️
      独特の世界観が、黙って付いて来いと言わんばかりに展開されるので、それはそれで身を委ねるのもありかなぁ〜と不思議と思わされる作品で…正直、次回作が気になってます(^^;;

      2016/02/27 by モリモリ

      「ダイバージェントNEO」のレビュー

    もっとみる

    ダイバージェントNEO
    ダイバージェントネオ

    映画 「ダイバージェントNEO」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画