こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミュータント・クロニクルズ

Mutant Chronicles
ジャンル: ホラー , SF
公開: 2010/03/13
製作国: アメリカ
配給: アートポート

    ミュータント・クロニクルズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0

      小規模公開なのは分かる出来だが、B級と揶揄されるのは致し方ないSFアクション。

      ミュータントとなっているが正確にはゾンビだ。
      これを撃退するため7人の傭兵たちが集められる。

      この手の作品らしく誰が最後まで残るかはネームバリューとキャラの強さで決まる。

      ゾンビなのは噛まれた人間もゾンビに変身するからであり、それでも鉈でぶった斬ったり銃で乱射などそれなりに楽しめる。

      ただ最後が中途半端というか、何かモヤモヤする終わり方だったので減点。
      >> 続きを読む

      2015/07/27 by オーウェン

      「ミュータント・クロニクルズ」のレビュー

    • 3.0

      2707年舞台のヘンテコ未来感のSFマンガ映画。(マンガ映画といっても実写映画だけどね)

      変な世界感を作ろうという心意気、わかりやすい展開といった娯楽映画を作ろうという心意気はイイ感じ、キャストも僕好みである。

      ロン・バールマン、デヴォン青木、ジョン・マルコビッチでご飯三杯は食えるチョイスだ。

      色々とイイ感じになる予感はあったのだがどうにも塩味が足りない感じが残念、冒頭の戦争シーンも古い戦争映画の雰囲気とかがあるのだがどうにも尺とテンポが駄目な為に盛り上がれない。

      雰囲気だけでガツンとこないのだ、イイ感じの店構えのラーメン屋とかレストランに入ってみたら、色々と細かいだんどりとかお洒落な感じなのに中々肝心の料理が出てこない、やっと出てきたモノを食すと不味いという事は無い、味付けも大きく外してはいないけど、なんかひと味足りないのだ、微妙にコクが無いのである。

      まぁこんなモノかといって二度目はない感じの出来なのよ。

      不味くはなくても行かない店ってあるでしょ?むしろジャンクで多少不味い方が妙に後々気になったりする事ってあるでしょ。

      心意気はあるけど勇気がない、俺の味を喰らえという覇気がないのである。

      巷に溢れる、僕が日常的に観ているB級映画に比べたら丁寧だし、ちゃんと映画になっていると思うけど何かが足りない感じが、毒にも薬にもならない感じでいずれ記憶の彼方に消えて行く。
      >> 続きを読む

      2014/10/23 by 隼5郎

      「ミュータント・クロニクルズ」のレビュー

    • >不味くはなくても行かない店ってあるでしょ
      なるほど、な例えです笑
      隼5郎さんのレビューのこういう表現好きです♪

      >> 続きを読む

      2014/10/24 by coji

    • 2707年って、なんだか中途半端ですよねー

      2014/10/24 by makoto

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ミュータント・クロニクルズ
    ミュータントクロニクルズ

    映画 「ミュータント・クロニクルズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画