こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

火山のもとで

Under the Volcano
ジャンル: アクション
公開: 1985/08/17
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス提供=シネセゾン配給

    火山のもとで の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "荒廃して刹那的に破滅していく人間の業、心の闇を描く文芸映画"

      1984年のジョン・ヒューストン監督の「火山のもとで」はイギリスの破滅型作家と言われているマルカム・ラウリーの原作を映画化した文芸ドラマで第37回カンヌ国際映画祭でこの映画も含む、ジョン・ヒューストン監督の長年の映画界への貢献に対して特別名誉賞が贈られています。

      この映画の主演のアルバート・フィニーは私の大好きな俳優でその年の第10回ボストン映画批評家協会賞の主演男優賞を「アマデウス」のF・マーリー・エイブラハムと同時受賞しています。
      また、同年の第42回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門の主演男優賞にノミネート、助演のジャクリーン・ビセットが助演女優賞にノミネートされています。

      ともに大好きなアルバート・フィニーとジャクリーン・ビセットのワクワクするような共演は1967年の「いつも2人で」、1974年の「オリエント急行殺人事件」に次いで3度目となりますが本格的な競演はこの映画が初めてになります。

      アルバート・フィニーは前年の名作「ドレッサー」の演技で第34回ベルリン国際映画祭で主演男優賞を受賞していて、まさに役者として脂の乗り切った時期にこの「火山のもとで」に出演していて、彼のシェークスピア役者としての舞台仕込みの円熟した演技が堪能出来ます。

      この映画は主役のアルバート・フィニー扮するメキシコ駐在の元イギリス領事ジェフリーは毎日、異常とも思えるほど酒浸りの刹那的な人生を送っています。妻に逃げられた悲しみとか仕事上での行き詰まりとか、何故、このように大酒を浴びるように飲み続け、我が身を破滅的に滅ぼそうとしているのか映画は多くを語りません。

      そこには人間というものがもっている何か根源的な破滅志向というか、刹那的にわが身を切り刻み、追い込んでいく"業"のようなものを感じずにはいられません。

      彼は何かに導かれるように酒に溺れ、他人に絡み、また飲んでは酒にひたすら溺れていくというような救いようのない、無限地獄へと堕していきます。基本的に草食動物である日本人では考えられないような、肉食動物である欧米人の飲んで、暴れる凄まじいエネルギーには圧倒されます。

      このあたりのアルバート・フィニーの演技はまさに人間の内面からほとばしる刹那的な悲しみや心の闇を表現していて、鬼気迫るものがあり魂を揺さぶられます。

      とにかくジェフリーはひたすら酒を飲み続け、心身共に荒れ果てていく、この全く救いのない物語を当時79歳のジョン・ヒューストン監督は徹底したバイタリティと粘着質のしつこさでシニカルに描いていきます。

      物語は1930年代のメキシコを舞台に死者が1年に1度この世に蘇えると信じられている万霊節の前夜のパーティでジェフリーはいつものように酒を飲み過ぎて、ドイツの外交官と喧嘩したりして騒動を起こしたりします。

      そんな日の翌朝、1年前の万霊説に家出したジャクリーン・ビセット扮する妻のイヴォンヌが突然、ジェフリーの異母弟のアンソニー・アンドリュース扮するヒューと姿を現わします。

      彼ら三人は一緒に闘牛を見に行ったりして陽気にふるまっていますが、イヴォンヌとヒューはかつて大人の恋愛関係に陥った仲という事もあり、三人三様の微妙な関係の心のありようがうまく描かれていて、映画はここからの24時間という限定された時間の中で展開する愛憎劇を丹念に描いていきます。

      人生をもう一度、ジェフリーとやり直したいというイヴォンヌの申し出や以前イヴォンヌから受け取っていながら未開封の手紙、その内容は自分の過去の過ちを悔いて許しを乞い、ジェフリーへの愛を誓うというものでしたが、ジェフリーは彼女を本当は心の底から愛しているにもかかわらず、
      一度の不義を許せないのか、あいまいな態度を取り続け、再び酒を浴びるように飲み続けるのです。

      そして映画のラストでジェフリーとイヴォンヌは悲劇的な結末を迎える事になります。全く救いようのない物語で暗澹たる気分になりますが、あらためて人間が生きるという事の"業"、そして"心の闇"について深く考えさせてくれる映画でした。
      >> 続きを読む

      2015/12/23 by dreamer

      「火山のもとで」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    火山のもとで
    カザンノモトデ

    映画 「火山のもとで」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画