こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スパイ・レジェンド

THE NOVEMBER MAN
スパイ・レジェンド
© 2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved
2015年1月17日(土)より、角川シネマ有楽町、 ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2015/01/17
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
『007/ダイ・アナザー・デイ』以来12年ぶり
ピアーズ・ブロスナンが挑む、本格スパイ・アクション!!

上品かつ洗練されていて、ジェームズ・ボンドを彷彿とさせる衣装、そして機敏かつ華麗な動き、迫力の銃撃シーンとド派手なカーアクション。あなたが一番観たい、ピアース・ブロスナンが究極のスパイ役で帰ってきました!
伝説の元CIAエージェントが、守るべき者のため、自らの過去を清算するために、古巣であるCIAと自ら育てた現役スパイと攻防を繰り広げ、事件の裏に隠れた国際的陰謀に立ち向かいます。
原作は、アメリカの作家ビル・グレンジャーが1976年から発表を始めた全13冊の大ヒットスパイ小説シリーズ「ノベンバー・マン」の第7作目「ゼア・アー・ノー・スパイズ」(87)。当時の冷戦を軸とした時代背景を、現在の複雑かつ深刻な国際情勢に置き換え、「ドローン」(無人撮影機)など最新鋭の映像技術とともに、徹底的にリアリズムにこだわり製作され、全米でスマッシュヒットを記録。すでに続編製作も決定!

<ストーリー> 
かつては"ノベンバー・マン" というコードネームを持ち、高度な訓練を受け、活躍していた伝説のCIAエージェントのピーター・デヴェローは、スイスで静かな引退生活を過ごしていた。しかし、かつての同僚たちが次々と殺されていることを知り、助けに向かうが、同僚であり愛していた女性が目の前で殺害されてしまう。しかもその犯人はかつて自分が所属していたCIAだった。自ら育てた現役最強のスパイと緊迫の攻防を繰り広げながら、事件の全貌を解決しようとするデヴェローであったが、事件の裏にはロシア大統領選をめぐる国際的陰謀が隠されていたー。
>> 続きを読む

    監督:ロジャー・ドナルドソン(「13デイズ」)   脚本:マイケル・フィンチ(「プレデターズ」)、カール・ガイダシェク(「オブリビオン」)  出演:ピアース・ブロスナン(「007/ダイ・アナザー・デイ」)、オルガ・キュリレンコ(「007/慰めの報酬」)、ルーク・ブレイシー(「G.I.ジョー バック2リベンジ」)  原作:ビル・グレンジャー   2014年/アメリカ/英語/108分/カラー/スコープサイズ/5.1ch/配給:KADOKAWA

    スパイ・レジェンド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公は元CIAエージェント。師弟対決を軸に政治的陰謀の内幕を暴く。

      登場人物の相関図が入り組んでいる。スパイものにありがちな騙し合いは健在で、誰が黒幕で、誰が味方なのかとハラハラしながら楽しめた。
      個人的には、対立していた師弟が、最後に協力した理由を知りたかった。携帯電話の写真を見てからだと思えるが、もう少し明確にして欲しかった。
      >> 続きを読む

      2017/04/06 by asian

      「スパイ・レジェンド」のレビュー

    • 4.0

      5代目007ジェームズ・ボンドという世界で一番有名なスパイを演じたピアース・ブロスナン。
      そのブロスナンがまたしてもスパイを演じるのがこの作品。

      ブロスナン自体も還暦を迎えるのだから、流石にスパイ役はないだろうと思っていたが、これが案外イケる。

      ノベンバー・マンの異名で呼ばれるCIAの伝説的なエージェントであるデヴェロー。
      元同僚の女性の危機を知り助け出すが、彼女は狙撃される。
      犯人はデヴェローが昔指導した弟子のメイソンであった。

      ボンド役はかなりコミカルに演じていたが、こちらは全編シリアスで通すスパイ役。
      ロシアの陰謀に巻き込まれていくというスパイだが、引退したとは思えないほどべらぼうに強い。

      年齢をわきまえたアクションの演出も、何度か演出しているロジャー・ドナルドソンとの関係がうかがい知れる。

      見終われば疑問もあるがリーアム・ニーソンの例もあることだし、ブロスナンがこういうアクションを演じるのも悪くない。
      >> 続きを読む

      2016/12/29 by オーウェン

      「スパイ・レジェンド」のレビュー

    • 評価なし

      映画館)2015年3本目の鑑賞。途中寝オチしたため全部を見たわけではないが、誰が味方で誰が敵なのか分らないスリルのある話の展開は見ていて非常に良かったと思う。ただ、邦題が映画の内容と違うのはいただけないなと思った。(凄腕ではあるけれど、CIAはそこまで有能なスパイだと認めていない)ともかく見落とした部分があるのでレンタルでもう一度確認するつもり。感想はこんなところです。

      2回目の鑑賞。2016.6.14
      再鑑賞2回目。初回鑑賞時に途中寝オチをした為のおさらい目的で鑑賞。誰が味方で誰が敵なのか分らない展開は良かったのだが、話がちょっと解りづらいなと同時に思った。各登場人物がどういう位置関係なのか理解するのに時間がかかった。ピアーズ・ブロズナンは流石にアクションの切れはないものの、007を演じていた頃の佇まいはまだまだ健在ですね。その点は良かった。評価は「やや微妙」という所でしょうか。 >> 続きを読む

      2016/03/04 by おにけん

      「スパイ・レジェンド」のレビュー

    • 3.0

      ※過去鑑賞分
      もっと地味な展開を勝手に想像していたのですが…切れのある展開と軽いどんでん返しも有りで大変面白く鑑賞しました!!ただ凄腕の女殺し屋には???

      2016/02/12 by モリモリ

      「スパイ・レジェンド」のレビュー

    • 3.0 クール

      CIAなら、本当にやりそうなストーリー!
      スパイ映画と言うか社会派映画。

      ピアース・ブロスナンは、もはや007のイメージも薄れていて、逆に新鮮な演技だ。

      2016/02/04 by 89bub

      「スパイ・レジェンド」のレビュー

    もっとみる

    スパイ・レジェンド
    スパイレジェンド

    映画 「スパイ・レジェンド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画