こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

海月姫

海月姫
(C)2014『海月姫』製作委員会(C)東村アキコ/講談社
12月27日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2014/12/27
監督:
製作国: 日本
配給: アスミック・エース
オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!?
あらすじ:月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート “天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする “尼~ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼~ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?
笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!
>> 続きを読む

    出演:能年玲奈  菅田将暉/池脇千鶴 太田莉菜 馬場園梓(アジアン) 篠原ともえ/片瀬那奈 速水もこみち 平泉成/長谷川博己 監督:川村泰祐 脚本:大野敏哉/川村泰祐 原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載) ドレスデザイン/スタイリスト:飯嶋久美子 音楽:前山田健一 主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」TOY'S FACTORY INC 製作:『海月姫』製作委員会 制作・配給:アスミック・エース 制作協力プロダクション:ギークサイト  (C)2014『海月姫』製作委員会(C)東村アキコ/講談社

    海月姫 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 3.0 元気が出る

      菅田将暉の女装がなかなかカワイイw
      この映画版のみどころは菅田将暉でしょうホントo(゚Д゚)!

      (allcinema解説)
      TVアニメ版も好評を博した東村アキコの同名人気少女コミックスをTV「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化した痛快シンデレラ・ストーリー。オタク女子の巣窟と化した男子禁制の古いアパートに暮らす女子力ゼロのヒロインが、突如現われた女装美男子と童貞エリートの兄弟との出会いをきっかけに、初めての恋や地上げ騒動といった試練に立ち向かい、悪戦苦闘しながら成長していく姿をコミカルに綴る。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「映画 ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐。
      イラストレーターを目指して鹿児島から上京したクラゲ命の女子、倉下月海。彼女の住む男子禁制のアパート“天水館”には、他にも鉄道オタクや三国志オタクといった個性あふれるオタク女子が集っていた。彼女たちは自ら“尼~ず”を名乗り、“男を必要としない人生”をモットーに、己のオタク道を極めることにエネルギーの全てを注ぐ生活を送っていた。極度に人見知りの月海も、そんな男っ気ゼロの住人に囲まれ、恋やオシャレと無縁のお気楽で居心地いい毎日を過ごしていた。そんなある日、ひょんな出会いから、まるで美女にしか見えない女装男子・鯉淵蔵之介と知り合いに。蔵之介は月海の女子力を磨くことに楽しさを覚え、すっかり天水館に入り浸るようになる。そんな中、尼~ずの聖地にして最後の砦=天水館が地上げによる取り壊しの危機に直面してしまう。
      >> 続きを読む

      2018/08/23 by motti

      「海月姫」のレビュー

    • 3.0

      原作に忠実に再現することに全精力を傾けたんだろうな、ということはよくわかった。問題は「映画」としてきちんと成立してたか、というと疑問。漫画を映画化する際にはどのエピソードをとってどれを省くか、そして何を付け足すか、が問題になると思うけど、最終的には「何を描きたいのか」できまってくる。その「何を描きたかったのか」がわからずピンボケだった。キャラの再現度は高いけど、それがやりたかっただけなの?という感想です。

      2018/07/03 by 室田尚子

      「海月姫」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      あんまり期待せずみたけどおもしろかったー!

      オタクが世界を変えるとまではいかんけど
      終始ハッピーな感じで見ていて楽しかった。
      あともう菅田くん演じる蔵之介がめちゃくちゃかっこいい!
      (そしてお美しい)あんな人いたらすぐ惚れるー!
      何気に長男の長谷川さんも素敵だった♥あの兄弟いいな。

      どうせならそれぞれがそれぞれのオタクのよさを生かす!みたいな
      ベタベタな内容でもよかったかな~とも思う。
      最後蔵之介と月海がファッションショーの後
      空を見上げるシーンの描写がとてもきれいだった。
      >> 続きを読む

      2017/04/30 by r!eco

      「海月姫」のレビュー

    • 3.0

      とても愛らしい映画だったとは思う。
      原作漫画は1巻しか読んでいないが、キャストのビジュアル面をはじめとして最大限忠実に漫画の実写化に努めている。
      ただそれ故に、あとほんの少しだけ映画表現としての巧さが備わっていたならば、この映画は青春映画としてもファッション映画としてももっと快作に仕上がったのではないかと口惜しさが残る。

      コメディ漫画の世界観をキャスト陣はビジュアル、テンション含めて見事に表現している。それについては、核となる“尼〜ず”の面々のキャスティングが素晴らしかったのだと思う。
      もはや「名女優」という枠にカテゴライズされてもおかしくない池脇千鶴の贅沢過ぎる配役に始まり、ビジュアルの合致を存分に活かし塚地武雅並の安定感を見せた馬場園梓(アジアン)、ファッションにも精通した篠原ともえのバラエティー性は映画の題材的にもマッチしていた。
      そして何と言っても太田莉菜。「69 sixty nine」以来のファンとしては、彼女がまさかの役どころを怪演していることも嬉しかったが、“まやや”というキャラクターに隠された要素を知らなかったので、クライマックスの顛末は何故この役が太田莉菜だったのかが一目瞭然で、ただただアガりっぱなしだった。(まあネタとしてはベタベタだけれど)
      この“尼〜ず”の面々が入り乱れるシーンの一つ一つは笑いが絶えない。ただそれぞれがコント的で、個々のキャラクターが持つドラマ性まで踏み込めていないことも事実。
      もちろん、奇妙な面々の可笑しささえ表現できていればいいのかもしれない。けれど、終盤の展開を踏まえると、もっと個々が待つ葛藤や人間性に踏み込んだ場面があった方が、“チーム感”が高まり、ラストの円陣はもっともっとエモーショナルになったろうにと思えてならない。
      126分というコメディ映画としては結構な長尺を有しているにも関わらず、そういった人間描写が物足りないことは、映画的な巧さがなく稚拙なのだと思う。

      あと、これは言っても致し方ないことだとは思うけれど、“女性にしか見えないキャラクター”を男性が演じるのはやはり無理がある。
      菅田将暉は「綺麗」だったし、静止画で捉えたならば原作漫画のキャラクターのビジュアルを表現できていた場面も幾つかはあったと思う。
      しかし、実写で動きがつくとなると、やっぱり男は男だし、それをあれほど密接に関わっている人達が気づかないのにはどうしても拭い去れない違和感を感じ続けなければならなかった。
      まあコレは本当に仕方ないことだ。それが最大のウィークポイントになることは前提の上での映画化なのだろうから、もはや何も言うまい。

      そして、この映画が愛らしい最大にして唯一無二の理由は、言わずもがな能年玲奈(2014年時点)という女優の存在そのものである。
      能年玲奈演じる主人公“月海”が、すべてのシーン、すべてのカットにおいて愛らしいからこそ、この映画は愛らしいのだ。
      女優として上手いとか下手だとかそういう一般的な評価は彼女には相応しくない。
      能年玲奈が能年玲奈であったかどうか、この女優に与えられる評価の付け方はそうあるべきだとすら思う。
      「あまちゃん」を観ていなかった僕は、先日観た「この世界の片隅に」に続いて、今更ながらこの女優の特別さを思い知っている。

      決して優れた映画ではなかったし、評価が低く、売れなかった映画であることも納得はできる。
      ただしだ、能年玲奈、いや「のん」という女優の若き日の貴重な時間を切り取った映画としては、とても大切な作品になるかもしれない。
      >> 続きを読む

      2017/03/06 by tkl

      「海月姫」のレビュー

    • 2.0

      合わない・・・ 絶対にこういう映画は自分にはダメだ!

      2015/12/19 by kaiteru

      「海月姫」のレビュー

    もっとみる

    海月姫
    クラゲヒメ

    映画 「海月姫」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画