こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エール!

LA FAMILLE BELIER
ジャンル: ドラマ
公開: 2015/10/31
製作国: フランス
配給: クロックワークス アルバトロス・フィルム

    エール! の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      家族4人のうち3人が聴覚障害者であるポーラの家族。
      唯一健常者であるポーラは学校のサークルでコーラス部を選ぶが、そこで才能が知られ、教師はコンクールを勧めるが、家族のことが頭から離れない。

      いわゆる感動作というカテゴリーに収められる作品。
      ただ個人的に好きなのは淡々と進んでいくヨーロッパの作風。
      決して大げさに喜んだりしないその感じが微笑ましい。

      ところで父親の選挙の結果はどうなったとか、声変わりで出られなくなるコンサートとはどんな大会だとか、色々疑問はある。

      ただ省略の妙も含め、コンパクトにまとまった中身。
      >> 続きを読む

      2019/02/15 by オーウェン

      「エール!」のレビュー

    • 4.0 泣ける 元気が出る

      夫からのお勧め。
      フランス映画。
      耳が聞こえない両親と弟がいてただひとり耳に障害がない娘の葛藤を描いた作品。

      フランスの高校は性について開放的なのね。
      日本が遅れすぎてるのかしら。
      歌の才能を音楽教師に認められコンクールに出場したいが障害を持ってる家族に支えとなってる状態では諦めるしかない。でも自分の夢に進みたい。最後はこのほのぼのとした家族愛に胸がいっぱいになる。 >> 続きを読む

      2019/01/20 by miko

      「エール!」のレビュー

    • 4.0

      視聴前は「フランスお洒落映画で『へぇー○○君ってこんなの知ってるんだ,物知りぃー』でセクロスもバッチリだ」でまとめられると思ってた.
      ごめんなさい.いつもの文句だけど泣いちゃたので私の負けです.反省してます.
      いい作品です.はい.ホントですってば.
      家族の明るさ,観てて楽しい.こんな両親・・・やっぱいらない.セックスに対してあけすけ過ぎ.子供の立場で考えるといやだぞ,それもかなり.ついでに言うと初潮遅くない?
      父親の村長選結局どうなった.途中から見事に消えたけど.ポーラの成長譚と村長選の二つが核になると思ってたが,あれじゃあレッスン遅刻の理由付けの意味しかねぇじゃん.そして音楽教師!簡単に許し過ぎ.お前の言う厳しいレッスンとか音楽にかける情熱ってその程度なのか!もうちょっと粘りましょうよ.ポーラがなんのために歌うのか見つめ直すきっかけになり得たのに.ただでさえ,男目的のコーラス部入部で動機づけ弱いんだからさ.
      パリの学校行きたいねんって打ち明けてからの両親の身勝手な考え腹たたない?安心しろ.前フリだ.後半学校講堂でのコンサートから受験までの見事な演出の,な.いちいち鳥肌だった.特に帰宅して父親に歌を〈聴かせる〉演出は卑怯だ.ここで泣かない人はどうかしてる.細かい不満は全部これで吹っ飛んだ.そして終わりよければ全て良しの言葉通り,エンドロール眺めながら「良い作品だったなぁ」とつぶやく私がいるのであーる.
      にしても,弟君のゴムアレルギーには腹抱えた.あれもある意味卑怯だぞ!
      >> 続きを読む

      2017/06/04 by 叡福寺清子

      「エール!」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      まずフランス語って、習った事もないから当然だけど、何言ってるのか全く分からないなぁ。どうでもいいことだけど。
      地味でお金もかかっていなそうだけどなかなか良かった。主人公の彼女の歌唱力は相当なものだと思うけど、言葉が違うとその良さがあまり分からないのが残念。そういえば、日本語吹き替え版の歌はどんな感じだったのだろう。もう今更だけどかなり気になる。
      それとフランスは、性に対して大らかなお国柄なんだなぁ。彼女の家族だけかもしれないけど。

      2017/03/19 by 123

      「エール!」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公が発表会で歌ったときの髪型と服がたまらなく可愛かった!
      全体を通して、ファッションも音楽も好みで素敵だった。
      最後の曲が…鳥肌。
      ポーラの歌う姿に鳥肌がたった。
      私は中学生の時に合唱をやっていたのだけど、その時のことを思い出して、「歌いたい!!」って思わせられた。
      きもちいいだろうなあ。

      障害に関しては、思うところがたくさんあって…。
      家族に障害があると、子どもが健常だった場合、家族に縛られなくてはいけないのか?
      「子どもには子どもの人生がある。親に縛られることはない」私はそう考えるけど、でもきれいごとなんだろう。。
      実際は、自分の夢を諦めて家族と生きていく道を選択する人は多いと思う。これは障害者のせいなんかじゃなくて、障害者や障害者をもつ家族が生きづらい社会だからいけないんじゃないかなと思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/03 by pink-tink

      「エール!」のレビュー

    もっとみる

    エール!
    エール

    映画 「エール!」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画