こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

乱歩地獄

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2005/11/05
製作国: 日本
配給: アルバトロス・フィルム

    乱歩地獄 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      江戸川乱歩原作の「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」を4人の監督が映像化したオムニバス映画。

      「火星の運河」竹内スグル監督
      どの作品も映像美にこだわっているが、この作品は特に。「映像」だけで勝負している。原作は難解で乱歩が体調不良の時に書いたモノらしい。

      「鏡地獄」薩川昭夫監督
      鏡を使った奇抜なカット、実力派の俳優陣、謎解き要素など4作品の中で一番面白い。横溝正史っぽい雰囲気。

      「芋虫」佐藤寿保監督
      二十面相?の存在で原作のヤバ~い感じが少しマイルドになった・・・のかな。

      「蟲」カネコアツシ監督
      全作品に出演している浅野忠信が、一番いい味を出していた作品。ラストの強烈なオチは印象に残る。
      >> 続きを読む

      2018/05/19 by 二階堂

      「乱歩地獄」のレビュー

    • 2.0

       どんなに世の中が変わっても熱狂的乱歩好きの変態は必ず一定数いる。
      だから、乱歩は未来永劫、日本人の精神に宿り続けると思う。
       でもそれはごく一部の変態の話で、そうでもない人にとってこの映画はまさに「地獄」!江戸川乱歩に万人受けを期待しない方がいいと思います。
       とりあえず、映画ごとにキャラ設定が変わり・・
      もはや「お前が怪人20面相だろう!!」っていいたくなる明智先生は、何なんでしょうか・・

      2015/07/24 by たけみ

      「乱歩地獄」のレビュー

    • 乱歩の本を少し読んだだけですが・・・たしかに万人ウケする話ではないですよね。。

      2015/07/25 by ただひこ

    • 「エログロ基本で若干の少年愛」すべての変態性を集めて結晶化させたような作家ですからね。逆を言えば、日本中の変態をカバーできる万能的作家ですよね! >> 続きを読む

      2015/08/10 by たけみ

    • 3.0

      江戸川乱歩の小説『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』を映像化したオムニバス映画。
      レビューを書いておいてなんですが、基本的に人にお勧めしづらい作品(笑)
      乱歩小説の特徴として、「エロ・グロでアブノーマルな世界観が好き」という人も多いと思いますが、(かく言う私も好きなのですが)この作品はおそらく乱歩ファンの間でも好き嫌いが分かれるんじゃないか・・・
      いろいろ改編・脚色されていることと、とにかく前衛的なアート感がすごい(笑)

      実相寺昭雄監督の「D坂の殺人事件」が好みであれば、同監督が担当した「鏡地獄」は一見の価値ありかと。かなり原作から改編されていて驚いたが、絢爛豪華な退廃感が「ザ・乱歩ワールド」という感じでした。
      個人的には、実相寺監督と乱歩作品は相性がよいよなあと思ってます。

      アブノーマルさは想定の範囲内だったのですが(笑)、グロさはすさまじいのでお気を付けを。
      >> 続きを読む

      2015/06/04 by ao-ao

      「乱歩地獄」のレビュー

    • そうですよねぇ、こういう感想になっちゃいますよね。私も同感です。
      実相寺監督が一番よかった!成宮君でしたっけ?彼はこの世界観に合うような気がします(笑) >> 続きを読む

      2015/06/04 by ungetum

    • 成宮君、良かったですよね~。原作ファンとしては、「ちょっとイケメンすぎないか?」と思っていたのですが、倒錯的な世界観にすごくあってましたよね。 >> 続きを読む

      2015/06/05 by ao-ao

    乱歩地獄
    ランポジゴク

    映画 「乱歩地獄」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画