こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バッテリー

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2007/03/10
製作国: 日本
配給: 東宝

    バッテリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし

      お寺の子もいい味だしてる。爽やか。微笑ましい。

      【鑑賞メーターより移行】

      2018/09/03 by いちころ

      「バッテリー」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      剛速球のスピード感がイイ!

      当時、ウチの子供もヘタレ野球部員だったのですが一緒に鑑賞。
      この中のキャラとしたら坊主のせがれでも寿司屋のせがれでもない役名のないキャラだろうw外野手だしw
      今度中学生なのでなんだか粛々と観てましたw

      ピッチャーとキャッチャー=バッテリーの友情モノを軸にした王道路線。
      ありがちな「ガラスの心臓」ネタ。
      何かを乗り越え強くなっていくという

      良かったところは、野球経験者から配役されたというだけあって、投球のスピード感に鳥肌が立ったこと。

      豪くんのように「笑顔で野球がんばれ」と息子にいいました。


      (~allcinema)
      児童文学出身の人気作家あさのあつこの代表作である同名ベストセラーを映画化。
      天才ゆえの孤独を抱えた中学生ピッチャーが、病弱の弟ばかりかまう家族との葛藤や一緒にバッテリーを組む同級生との友情を通して成長していく姿をさわやかに描く。
      主演はオーディションで見出された新人、林遣都。監督は「陰陽師 ~おんみょうじ~」「阿修羅城の瞳」の滝田洋二郎。

       中学校入学を目前に控え、家族で岡山県へと引っ越してきた天才ピッチャー、原田巧。
      彼は、自分の才能に絶対的な自信を持ち、それゆえに他者を寄せ付けない孤独な一面を持っていた。
      家族も病弱な弟を大切にするあまり、巧との間に微妙な距離を置いてしまう。そんな巧の前に、同級生の永倉豪が現れる。
      巧の才能に惚れ込んだ豪は、彼とバッテリーを組むことを熱望する。
      2人は野球部に入部するが、そこに待ち受けていたのは監督による部員への徹底した管理・支配だった。
      それでも監督との衝突もいとわず自分を貫く巧は、次第に豪との絆を深めていくが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/02 by motti

      「バッテリー」のレビュー

    • 3.0

      消化不良気味に場面が進んでいくのでちょっと残念だけど、ラストの方では伝わってくるものはきちんとあった。
      主人公よりもキャッチャーの子とか周りのキャストの方が良かったなぁ。けど練習試合相手のメガネくん、絶対中学生じゃないでしょ(笑)

      2016/09/19 by よっしー

      「バッテリー」のレビュー

    • 3.0

      まあ面白いのだが、やはり才能ある人が主人公なのはダメ

      2015/10/27 by kaiteru

      「バッテリー」のレビュー

    • 3.0

      TV鑑賞
      原作は読んだことなし、主人公の反発ぶりに少し無理があると思った。
      ちょっと違うかも知れないが、尾崎豊の雰囲気
      ストリーは良かったかな~

      2015/01/20 by torinokoe

      「バッテリー」のレビュー

    • 原作、途中まで読んで止まっていることを思い出しました…!
      どんな風に映像になっているのか気になります♪ >> 続きを読む

      2015/01/21 by coji

    もっとみる

    バッテリー
    バッテリー

    映画 「バッテリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画