こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アバター

ジャンル: ミステリー・サスペンス , 日本映画 , ホラー
公開: 2011/04/30
監督:
製作国: 日本
配給: 太秦

    アバター の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0

      アバターといってもジェームズ・キャメロンの方ではなく、携帯ゲームに自分を投影したキャラのことであり、どんどんとポイントを稼ぐことによって進化していく。
      その魅力に取りつかれた女子高生が暴走していく様を描く。

      山田悠介の小説は好きじゃないので映画の内容もまあ予定通りの出来(笑)
      女子高生が主役なのかモデル出身の人たちがやたらと出てきて、演技などはなから度外視している。

      その中でもやはり橋本愛だけは輝いている。
      どんな映画でも存在感を残すのは大したもの。
      映画の中身はつまらないが、見どころがそこぐらいしかないというのもきつい。
      >> 続きを読む

      2018/11/16 by オーウェン

      「アバター」のレビュー

    • 2.0

      キャメロンの映画ではなく日本映画の方のアバター。

      潮騒のメモリーズと仮面ライダーフォーゼの仲間達という感じ、能年玲奈はちょい役だけどね。

      それにしてもあまちゃんではフォーゼ自身が出ているしで日本って層が薄いのかそれとも芸能事務所の大人の事情なのかと色々とトホホとなる。

      内容は実に御粗末な感じで、ちっとも頭に入って来ない感じが結構苦痛、ちっともハラハラドキドキしないし、理屈が通っている感じも人間の業も今ひとつ描けていないのである。

      いじめ・ファシズム・流行・ヒエラルキー・自己実現といった感じで映画を作っていると思うけどどれも今ひとつ、そんな感じというだけで何も芯をくってない感じなのだ、それが今風という事なのかもしれないけれど、やはり人がペラい。

      ペラいから狂気も感じないのである。

      アバターと同化していく過程とかに何か欲しい所、アバター一つで人気モノそれで暴走ではあまりにも雑すぎると思うのである、徐々に自分を見失う出来事を積み重ねて欲しい所だ。

      見失った結果の援交という感じなのだが其処が軽すぎてシックリ来ないのよ。

      此が現代的風刺なのならば僕はその現実からズレているし、現実をみていない事になるのだけどね。
      >> 続きを読む

      2014/10/23 by 隼5郎

      「アバター」のレビュー

    • しっくりこない映画って不完全燃焼になってもやもやしますよね。。
      これもそんな感じっぽいですね。。 >> 続きを読む

      2014/10/24 by chao

    アバター
    アバター

    映画 「アバター」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画