こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アメリカン・ラプソディ

An American Rhapsody
ジャンル: 外国映画 , ドラマ
製作国: アメリカ
配給: フルメディア

    アメリカン・ラプソディ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 切ない

      ティーンエイジャーのスカーレット・ヨハンソンが見どころ。

      劇場未公開作ながらなかなか良いドラマだと思います。
      後半、スカーレット・ヨハンソンの不良少女白書的なところが地味ながらなかなか良かった。
      そう。地味だったんですよね。きっとコレ。


      (~allcinema)
      エヴァ・ガルドス監督の実体験を元に作られた真実のドラマ。
      政治的圧力から逃れハンガリーからアメリカへ渡った家族と、国に残された幼い少女の成長と絆を描く。

      共産圏のハンガリーから"鉄のカーテン"を抜け出し、自由を求めアメリカに亡命したピーター(トニー・ゴールドウィン)とその妻マルジット(ナスターシャ・キンスキー)。
      亡命に掛かる費用はあまりにも高く、生き延びる為、すぐに迎えに来る事を約束して仕方なく生まれたばかりの娘スーザン(スカーレット・ヨハンソン)は一旦置き去りにされる。
      しかし、長い年月の間、その約束は果たされることはなかった。
      そして、6年の歳月を経て、家族は悲願の再会を果たすが、スーザンにとって、幼いころに離れ離れになった両親の記憶はまったくなく、家族が家族らしい関係になるには、娘と両親の生きてきた環境は、あまりにも異なり、そしてあまりにも長かったのだ。
      貧困ではあるが、自然豊かなハンガリーで人格形成期である幼少時代を過ごしたスーザンにとって本当の両親と過ごす今のアメリカの環境と文化は、どうしても馴染めない。
      そして、成長したスーザンは、ハンガリーでスーザンを育ててくれた育ての親を想い、家族とは何か、本当の親子の意味はと悩む。
      やがて自分のアイデンティティーを求め、再び故郷ハンガリーの地へと向かう。
      >> 続きを読む

      2018/12/01 by motti

      「アメリカン・ラプソディ」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      監督の自伝的映画です。
      子への愛の物語と言えそうです。

      主人公の少女は悲運な生い立ちになってしまいました
      けれど、周囲の大人たちから本当に愛されて育てられて
      きたことがわかります。
      実の両親からはもちろん、里親からも祖母からも。
      この 愛に包まれている感が、温かな後味になっている
      のだと思います。

      この監督はアメリカとハンガリーどちらにも愛があるん
      だろうなと感じられます。そんな描き方も
      良い印象を残すにつながっていると思います。

      この少女のその後は?  もちろん、
      こういう素晴らしい映画を作る女性に成長しました。

      良い映画でした。
      もっと注目されて有名でも良さそうな気がします。
      >> 続きを読む

      2014/11/30 by ひで。

      「アメリカン・ラプソディ」のレビュー

    • スカヨハさん若い!ストーリーも良さそうですね(^_-)

      2014/12/01 by メッシイ

    • >メッシイさん
      高校生くらいかな? なかなか良かったですよv

      2014/12/01 by ひで。

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    アメリカン・ラプソディ
    アメリカンラプソディ

    映画 「アメリカン・ラプソディ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画